• 国語 ごんぎつね 言語活動

    国語 ごんぎつね 言語活動 登場人物日記 文学作品の学習をする時に、登場人物になって日記を書かせます。 子どもがどう読み取り、どんな考えを持っているのかを知ることができます。 ごんぎつねや大造じいさんとがんなどの物語を学習する時に取り入れてみると面白いので、実践してみてください。 例えば、ごんぎつね では、ごんか兵十になったつもりでその日のことを書くのです。 場面を選ばせるといいです。 例 ごんの

  • 急いで書く事にする

    脇道に話がそれてしまった。