• 書籍:「現代日本語 初級総合講座」

    この本も図書館で借りてきました。この本の位置づけはよくわかりません。日本語テキストのと表紙の上部に書かれてたので、おそらく、詳しい解説や重要なこと、覚えておくべき言葉など大事なことは、先生が解説するような仕組みになっているのかもしれません。日本語の会話文があって、単語の説明が少し載っていて学校の教科書のような感じです。それにしても、この本の内容から日本語の「初級」って、英語の初級に比べるとかなりレ

  • 書籍:「近鉄電車 」 / 「近鉄電車まつり2016」

    この本も図書館で借りました。「しまかぜ」「シンフォニー」くらいしか詳しいことはわかりませんが、赤い近鉄電車が緑の山中を走る写真は素晴らしいと思います。この本に載っている古い写真には、昭和〇〇年とか書かれてありますが、西暦にした方は子供から大人まで分かりやすくていいのでは?と思いました。 「近鉄電車まつり2016」に行ったことがあります。ご参考までに写真をアップします。

  • 書籍:「金岡新聞」

    この本も図書館で借りました。数年前に話題になったこ和歌山県に住む小学生の男の子(10歳)が、2年間コツコツ作って配り続けた手描きご近所新聞、「金岡新聞」を載せている本です。取り上げている内容、記事も当時、小学2年生とは思えないほど内容が良く、読む人の目線で書かれているのが文章からうかがえます。すべて手書きなので1つ1つの記事に心を込めて書かれているのが伝わってきます。

  • 書籍:「しかしか」

    この写真集も図書館で借りました。タイトルの通り、「しか」しか写っていません。人物など「しか」以外はまったく写ってません。徹底した「しか」の写真集です。何枚かは奈良の東大寺や若草山の店前だなあと分かるお馴染みの写真もあります。

  • 書籍:「くらべる東西」

    この本も図書館で借りました。内容は、普通一般の人が知ってるような東と西の違いをあまり載せないで、へえーって驚くような東西の違いが載っていて知識向上としては面白いですが、中には「ネコって本当に東と西で違うの?」と疑問を持ってしまうのもあります。。。それと、これは出版社の本作りのセンスの問題ですが、なぜ東が左側、西が右側に載せているのでしょうか?一目見て違いを感じさせる本だと思うなのにこの構成は変です

  • 書籍:「ビートルズへの旅」

    世界中のビートルズに所縁のある場所を撮り続けてきた福岡さんの写真集+解説の本です。ビートルズのファンにとって聖地のような場所の写真ばかりです。特にリヴァプールの写真は、ビートルズがこの地で演奏していた頃の佇まいを残していて感動しました。ただ、少し残念なのは、ザラザラの紙質なので、表面がツルツルの紙のようが写真はもっとよく写るのでは?と思いました。 (ご参考) この本とは直接関係ないですが、数年前に

  • 書籍:「ヘンな論文」

    この本も図書館で借りてきました。タイトルの通り変な論文を集めて解説した本です。著者は、芸人でありながら一橋大学で非常勤講師を務めたりもするサンキュータツオ氏。日本初の大学院博士課程芸人。現在は一橋大学で非常勤講師を務めている現役の大学非常勤講師。著者はライフワークとして「変な論文を読む」のが好きなんだそうです。ただ、「変な論文」といっても、オリジナルの著者は当然ながら「変」とは思っていないと思うの

  • 書籍:「忌野清志郎 デビュー40周年記念号」

    この本も図書館で借りました。本自体は2010年度版で少し古いです。この本は、忌野清志郎さんの生い立ちから活動まで詳しく解説されています。音楽家としてだけでなく芸術家としてのすごさも感じることができます。この本のには忌野清志郎さんの実物の「落書きノート」の写真がよく載っていますが、学生時代の授業中に書いたと思われます。その中で、授業科目に対しての単位数、その横には欠席した数の「正」の文字が書かれてあ

  • 書籍:「ローリング・ストーンズを聴け!」

    この本も図書館で借りてきました。もっとレアなアルバムも載っているかと思いましたが、お馴染みのアルバムの紹介です。この内容であればネットで簡単に知ることが出来る内容です。 #本レビュー #書籍レビュー #むらごん #ムラゴンブログ #muragonブログ #Sakamoto119

  • <天使と悪魔>

    書籍名~   < 情報便利屋の日記・・専門図書館への誘い>  著者~     村橋 勝子 さん~専門図書館協議会顧問  出版社~   樹村房 ITで予約した本です・・<便利屋?>小作業等を請け負う職人さんと解釈していたので・・開いてみたら大いなる勘違いでした。 はじめに・・から抜粋  <専門図書館>とは、国立・公立・大学・学校図書館以外の図書館で、特定分野の資料、情報を収集提供する図書館です。 Ⅱ

  • 書籍:「表現英文法GFE」

    この本も図書館で借りました。この本は、「表現英文法 増補改訂版」が発行されていますが、今回は初期版だと思います。タイトルが「表現英文法」なので、日本文を英訳するときに使えるかなと思って内容を確認しましたが、普通の英文法の参考書という感じです。載っている例文について、すべてではありませんが、演説とか新聞記事など長いのが多く良い参考になります。ただ、日本語のニュアンスを英語で正しく、さらに上手に具体的

  • 書籍:「狭山事件 ― 石川一雄、四十一年目の真実」

    この本も図書館で借りました。今は同じ著者で、「狭山事件 50年目の心理分析」という本が出版されていますが、図書館においてなかったので、この2004年版を読みました。この本のタイトルと厚みから何か新事実のようなものが書かれているのかと思いましたが、こじつけのような論法もあったり、小説を読んでいるような感じがしました。 この狭山事件は単なる未解決事件ではなく、いつの間にかアンタッチャブルの問題、触れる

  • 書籍:「封印歌謡大全」⑤

    この本も図書館で借りました。「封印」とされた歌謡曲を歌詞も含めてまとめて載せている全集です。なぜ封印されたかについても解説しています。いくつかの曲は動画で聴けるので探してリンクしてみます。 (注)動画の方は、問題のある言葉を少し変えている場合もあります。 おもいやり/克美しげる 時には娼婦のように 黒沢年雄 STAR WARS 子門真人 Masato Shimon ~カンテナバンド~ きょうだい心

  • 書籍:「封印歌謡大全」④

    この本も図書館で借りました。「封印」とされた歌謡曲を歌詞も含めてまとめて載せている全集です。なぜ封印されたかについても解説しています。いくつかの曲は動画で聴けるので探してリンクしてみます。 (注)動画の方は、問題のある言葉を少し変えている場合もあります。 放送禁止歌/山平和彦 バイバイベイビー 野坂昭如 Animation jyonasan1957 赤軍兵士の詩/頭脳警察 あのねのね さよならの唄

  • 書籍:「封印歌謡大全」③

    この本も図書館で借りました。「封印」とされた歌謡曲を歌詞も含めてまとめて載せている全集です。なぜ封印されたかについても解説しています。いくつかの曲は動画で聴けるので探してリンクしてみます。 (注)動画の方は、問題のある言葉を少し変えている場合もあります。 テル・ミー オックス オン ステージ オーチンチン ハニー・ナイツ 悲しみは駆け足でやってくる アン真理子 1969年 浅丘ルリ子 愛の化石 手

  • 書籍:「封印歌謡大全」②

    この本も図書館で借りました。「封印」とされた歌謡曲を歌詞も含めてまとめて載せている全集です。なぜ封印されたかについても解説しています。いくつかの曲は動画で聴けるので探してリンクしてみます。 (注)動画の方は、問題のある言葉を少し変えている場合もあります。 久保幸江 トンコ節 (高音質ステレオ) 笠置シズ子 Shizuko Kasagi - 買物ブギー (1950) MVI 2195 波止場だよ、お

  • 書籍:「封印歌謡大全」①

    この本も図書館で借りました。「封印」とされた歌謡曲を歌詞も含めてまとめて載せている全集です。なぜ封印されたかについても解説しています。いくつかの曲は動画で聴けるので探してリンクしてみます。 (注)動画の方は、問題のある言葉を少し変えている場合もあります。 森昌子 籠の鳥 77/8 Masako Mori 侍 ニッポン(徳山 環) 佐々木俊一を唄う 《無情の夢》 のぞかれた花嫁(星 玲子・杉 狂兒)

  • 書籍:「ほんとうは僕殺したんじゃねえもの―野田事件・青山正の真実」

    この本は図書館で借りたのではなく、古本屋で買って読んだ本です。本自体はどこかに失くしてしまってありせん。この事件を知ったのは本が最初ではなく、かなり何年か前に、テレビ朝日のザ・スクープで放映されていた内容を動画で観て知りました。真理はともかく、知的障害者の方の自白の信憑性をどうとらえるか深くかんがえさせられたきっかけになりました。 (以下Wikipediaより引用です。) 【野田事件】(のだじけん

  • 書籍:「三鷹事件の真実にせまる」

    この本も図書館で借りました。戦後3大国鉄謀略事件の「下山事件」「三鷹事件」「松川事件」は、米軍占領下の国鉄大馘首と翌年に迫る朝鮮戦争を背景として引き起こされたといわれています。占領軍内のG2とGSとの対立をも起こしながら、日本列島の「反共列島化」は着々と推し進められます。その「三鷹事件」の真実にせまった内容です。自分は「三鷹事件」をかなり前に動画を観て知りました。昔は、この3大事件をテーマにした映

  • 書籍:「聖徳太子と斑鳩三寺 」

    この本も図書館で借りました。奈良の斑鳩三寺の写真がたくさん載っている歴史ガイドのような本かなと思いましたが、そうではなくこの本は聖徳太子と斑鳩三寺についてじっくり読む本です。的推古女帝を補佐して仏教の興隆に尽し、後世、太子信仰を生み出した聖徳太子。飛鳥・斑鳩・大阪・京都を訪ねてその実像が描かれています。 #本レビュー #書籍レビュー #むらごん #ムラゴンブログ #muragonブログ #Saka

1 2 3 4 5 ... 33