• 時計じかけのオレンジ

    S・キューブリックの映画で有名な本作 しかし、アンソニー・バージェスのこの畳み掛ける文章は、暴力的と批判された映画以上に破壊力抜群です はっきり言ってキューブリックはこの小説だけには負けたんじゃないかな 個人的にそんな気がします S・キングを怒らせた「シャイニング」なんかも、私はキューブリックの上手出し投げで原作に打ち勝ったと思っていますし この文庫89年の16判なので、例の1章が削除されています

  • ONE PIECE 78巻

    次でドレスローザ編もとうとう終了か ドフラミンゴの幹部たち、実にあっさりの噛ませ犬でしたw しかもディアマンテもピーカも悪魔の実を食べていない相手にやられるのだから(ゾロは別格としても)情けなやw しかしイトイトの実を実に強力に使いこなすねえ、ドフラミンゴは てっきり、革命軍のイナズマが駆けつけて、鳥籠なんてチョッキンして終わりかと思ったら、さすがにそれでは淡泊すぎるか すっかり忘れているが、サン

  • <原発・決めるのは誰か >

    岩波ブックレット(小冊子)72頁  原発を変えられない社会をどうやって変えるのか?   共同著者     吉岡 斉 (よしおか ひとし)・・九州大学教授 (科学技術) 寿楽 浩太 (じゅらく こうた)・・東京電機大学助教授 (科学技術) 宮台 真司 (みやだい しんじ)・・首都大学東京教授 (社会学) 杉田 敦 (すぎた あつし)・・法政大学教授 (政治学) 安倍内閣では <脱原発>を求める多数の

  • <フマジメになりましょう>

    書籍名~ <世界を平和 にするためのささやかな提案> 発行社~ 河出書房新社 <本を読んでフマジメになろう> 永江 朗(ながえ あきら)さん   フリーライター 平和のためにフマジメになりましょう。 こんなことをいうと <まわりに迷惑をかけるからダメ!>と怒る人もいるとおもいます。 <フマジメ>なやつによってかけられる迷惑なんてたかがしれています。 いたずらされたとか、ものを壊されとか、殴られたと

  • 円谷英二の映像世界

    今日はこれを紹介しようと狙っていたら、すでに円谷英二氏がツイッターのトレンドにあるというw さすがですね 特撮ファンは素晴らしい! 円谷英二氏はウルトラマンを代表する日本特撮において欠かせることが出来ないというかパイオニアなお方なのですが、誕生日が7月7日の七夕生まれなのです そして、この一冊はそのお仕事を網羅している貴重な一冊と言っていい本です 子供の頃目を輝かせて見ていた作品の裏側がこの本によ

  • <老年学とは??>

    書籍名~ シニア人材マネジメントの教科書 (老年学による新アプローチ) 著者~ 﨑山 みゆき(さきやま みゆき)さん・・(株)自分楽代表取締役、静岡大学大学院客員教授 監修~ 長田 久雄 (おさだ ひさお)さん・・桜美林大学大学院名誉教授 <老年学>は、年齢を重ねることによって、人にどのような変化が現れるのかを<心理~経済~教育等>あらゆる面からとらえるものです。 * シニア人材を活用するメリット

  • <14歳の世渡り術・NO2>

    書籍名~ <世界を平和 にするためのささやかな提案> 発行者~ 河出書房新社 <戦争神経と平和神経> 徳永 進さん~ ホスピスケア(野の花診療所)所長 手って、平和の時にも使われる、背をさすったり、髪を洗ったり、握手したり、稲や麦を育てたり、干したり・・ でもその同じ手が、うしや羊を殺し、人間を縛り、連行し、人間を切り、人間を撃ち、人間を殺すのにも使われる。 手は矛盾した行動を実行する。 人間の身

  • 燃えよ剣

    司馬氏の名作、新選組副長土方歳三が主人公の時代小説です 数年前、NHKのBS時代劇で「新選組血風録」の脚本を書かせていただいたのですが、続編をこの「燃えよ剣」でやるとプロデューサーの後藤氏が明言 これは気合を入れねば、と入念に読み直していたのですが その後、見事立ち消えとなりましたw 軽くそういうこと言わないでよ こっちだっていろいろ大変なんだから もうすでに死語となった激おこプンプン丸ですwww

  • 創世の島

    帯に「これぞ新世紀のサイエンス・フィクション」と書かれております しかし、内容はかなりオールデーです 言ってしまえば古典的 とどのつまり、嫌っていうほどSF小説を読み続けた人間としては新しさのかけらもない、いたって普通のSF小説です ただ、これからSFという文学に入門するなら、ある意味素晴らしい入門書となるやもしれません ティーンエイジャーならw 現代でSF小説で新しい切り口と言うのはなかなか難し

  • 卵をめぐる祖父の戦争

    これはジャンルを何にすべきか悩みました 実際、ハヤカワのポケットミステリで一番最初に出版されたのに、文庫ではミステリーではなくノベライズに分類されているしね 一応サスペンスに分類しましたが、まあ、広い意味でのサスペンスと思っていただければ、それでいいかと思います もう、とにかく設定が面白い! ナチスが包囲していたレニングラード、そこで主人公は軍の大佐の娘の結婚式のために卵1ダースを調達してくるよう

  • <14歳の世渡り術・NO1>

    書籍名~ <世界を平和 にするためのささやかな提案> 発行所~ 河出書房新社 <自分の考えを素直に声に出して続けましょう> 黒柳 徹子さん~ 女優・ユニセフ親善大使 <平和>とは、一体どんな世の中のことでしょう。 私は<子どもたちが、明日のことを心配せずに暮らせること>だと思っています。 70年ほど前・第2次世界大戦中<戦争反対!>などと言えば、あっという間に警察につかまってしまう時代だったんです

  • 火星縦断

    以前、「火星の人」という作品を紹介しました しかし、この小説はもっとすごいです 「火星の人」が個人のサバイバルだとして、今回は複数の人間でのサバイバル さらにはこの小説の作者が NASAの火星探査計画最前線に立つ科学者なのです でもね、そういう人が書いた小説ってたいてい面白くないんですよ やたら科学薀蓄に溢れていて、話の進行が滑らかじゃなくてね しかーーーーーし、この小説は素晴らしく面白く書かれて

  • 100かいだてのいえ

    岩井俊雄氏の大ヒットした絵本です 2008年だから、私の子供が3歳になる年に購入 よく子供と一緒に読みましたね 絵本と言うのは面白いもので、大人がこれはいいと思っても子供があまり反応してくれなかったり、ええっこんなのがいいの?と疑いたくなる本を気に入って何度も読んでいたりw その点、これは大当たりでした。何度も読んでくれとせがまれる本でした この本、上から下へとめくっていき、いろんな動物たちの家が

  • ウルトラマンを創った男

    金城哲夫 おそらく、私が誰よりも早く覚えた脚本家の名前です ウルトラマンやウルトラセブンには他にも多くの脚本家が参加していますが、なぜか金城氏だけ、特別なインパクトがあります 何でだろうと、考えてみると、当時は同じ苗字でかねしろと読むプロ野球選手が何人か存在していたので、それをきんじょうと読むのがなんとなく心に刺さったのかもしれません この本は、タイトル通りウルトラマンを創った一人の脚本家、金城哲

  • <人とつながる居場所のつくり方・NO2>

    <退職後は手帳と心にすきま> どんな場所でも誰とでも、井戸端会議で人脈を広げることに余念のない女性とは違い、仕事一途に社会の第一線でばりばりを仕事をこなしてきた男性が、退職後地域で肩書きもなく <ゼロから新しい人間関係をつくる>ことは、大変な苦労があるかと思う。 <名刺交換をしないと落ち着かない>とか <手帳に書く予定がなくて心にすきまができたように感じる>等、と切実な声を聞いたこともある。 そん

  • <人がつながる居場所のつくり方・NO1>

    全国の自治体が視察に訪れる、<人づくり、町づくり>の成功例 公益財団法人・日野社会教育センターの45年間の記録 <センター>は、日野市と社会教育協会が協力し1969年に開設した、民間の社会教育機関です。 <学びたい気持ちの高まり>   人は大人になって社会に出ると。<学びたい>という欲求が高まるのかもしれない。         親に学費を出してもらい<行ってらっしゃい>と背中を押されて学ぶのと、大

  • 異星人の郷

    これはかなり大胆なSF小説です 14世紀のドイツで異星人とのファーストコンタクトがあったそうな それも地方の村で 映画にしたいくらいに面白いですね 設定だけ借りて日本版を作るのもいいかもしれません 鎌倉時代とかで、二人の息子を亡くした北条政子が傷心に浸っていると、すごい物音がして、UFOが目の前に墜落するとかw 室町にするのもありですね、足利義満が一休に難問出している最中にどっかーんと落ちてくると

  • 鞍馬天狗5山嶽党奇談

    ご存知鞍馬天狗! と、言いたいところですが、仕事の依頼が来るまで、映画も見たことがないし、小説も読んだことがありませんでした 大仏先生ごめんなさいw で、読んでみたところ面白い 鞍馬天狗は正義の味方かと思いきや、テロリストなのですねw 常に体制の逆をいく、長州や薩摩が国を担えばその敵となる 知らなかったw この刊一冊を丸々使って展開する山嶽党奇談 さすがにそのままを映像化するわけにもいかないのでか

  • 第六大陸

    人類にとって新たな大陸、月 そんな月のテラフォーミング計画を真面目にとらえた作品です 西暦2025年、日本のある企業が月面に結婚式場第六大陸建設計画を打ちたてます そこに至るまでの様々な苦難、そして問題、NASAからの横槍などが赤裸々につづられます この中で書かれていますが宇宙デブリ(ゴミ)は大問題ですね この小説内では上手くそれが処理されていましたが、軌道エレベーターを作るにしろ、宇宙に廃棄され

  • <雨のことば・・朝だち~夕立ち>

    <雨のことば辞典> 元NHKのお天気キャスターの<倉嶋 厚>さんの著書より 最初から終わりまで<雨・雨・降れ降れ・・>のオンパレード <朝立ち>  朝方降るにわか雨で<夕立ち>の対象語~夕立ちの方がにわか雨の確率は高いが朝降ることもある。   朝早く旅立つ事も<朝立ち>という。 私事で恐縮ですが?小生は、かなり前に<朝立ち>は卒業している。 <早天の慈雨~黄金の雨>  日照り続きの時に降る恵みの雨

1 ... 49 50 51 52 53 ... 60