• ミノタウロスの皿

    ボロッボロですね、この本 それもそうです、この本私拾いましたwww それも小学生の頃www そんな本をいまだに持っている、恐ろしいwww と、入手経路はともかくとして、これはなかなか傑作ぞろいの短編漫画集です 人類と牛の立場が逆転した世界を描いた表題作はもとより タイムトラベルものの「おやじロック」や「自分会議」 人口増加で愛という概念が希薄になる恐怖を描いた「間引き」 などなど そう、当時は「ド

  • まんぞく まんぞく

    池波正太郎氏の晩年の小説 新聞小説ならではのいい加減さはあるが、氏の作品としてはアイディア優先的な要素がありある意味貴重かw 凌辱されかかり、家来を殺された娘が女剣士として復讐する 少女漫画にあるような流れの中でそこは池波作品、人の心の機知を巧みに描き、最後まで飽きさせない作りで仕上がっております これ、今すぐドラマ化したら面白い 主人公は誰がいいですかね? 結構誰でもそれなりにはまると思います

  • 地を這う魚

    「失踪日記」の吾妻ひでお氏がデビュー前のアシスタント時代をつづった漫画 トキワ荘物語がよくメディアでも紹介されてはいますが、こちらはB級な感覚で楽しめますw 吾妻氏以外の漫画家や編集者が動物の姿で描かれており、謎の魚が空を飛び交うなど、控えめながらも吾妻ワールドは健在 全員が北海道出身なため、ゴキブリを見たことがなく、大騒ぎするエピソードや、渋柿を全員で食べるところなど爆笑もの 金を隠していた人物

  • 黄色い部屋の謎

    もうミステリーの古典中の古典 密室の謎、人間消失の謎、この二つがキーですね とくに人間消失のトリックは漫画「金田一少年の事件簿」の栄えある第一話で流用されています 作者のガストン・ルルー 聞いたこともないと思っている方、しかし、少なからず一作品のタイトルは聞いたことがあるはずです そう 劇団四季でもやった「オペラ座の怪人」の原作者でもあるのです オペラ座の怪人(The Phantom of the

  • 戸隠伝説

    半村氏の伝奇作品は時としてものすごい切り口から襲い掛かってくることがあります この小説などまさにそう 試しに最初と最後だけを読んでみる(そんな人いないよw) すると、なぜこの始まり方から、こういう終わり方になるのか わけがわからなくなるでしょうねw そして半村さんのもう一つのすごいことは 歴史の中でも謎とされていることをものすごい解釈で作りこんでしまうところ それも異様なまでに説得力を持って 恐る

  • ダーティペアの大冒険

    この作品が小説発だということを知らない人も多いのでは? 高千穂遙氏の出世作です 今で言うラノベのように思われがちですが、古典である「宇宙船ヴィーグル号の冒険」のオマージュなどがあり、立派なスぺオペとして成り立っています 表紙イラストはガンダムで大ブレイク前の安彦良和氏 中イラストもふんだんにあり楽しめます 最近の文庫本はこういう中イラストも少なくなってきましたね 少し寂しい ダーティペア 劇場予告

  • さよならダイノサウルス

    ソウヤーは外れの少ない貴重な作家です いろいろ傑作がある中でこれ、1500万年前へタイムマシンで赴き、恐竜絶滅の謎をつきとめるというもの そもそも、恐竜絶滅説はいろいろささやかれています やれ、隕石の襲来だの、氷河期だの しかし、はっきりわかってはおりません そりゃあそうだ、誰も見た人がいないのだもの そもそも、こんなでかい爬虫類本当にいたんですかね ひょっとして、大昔、すでに人間がいて、巨大な爬

  • ペンギン・ハイウェイ

    若者よ! おっさんだってモリミー読むしセカオワ聴いたりするのだ! ドラゲナイ! 第31回SF大賞受賞作 小学4年生が主人公と言うのが新味なところでしょうか うちの息子がまさにこの年です この小説のアオヤマ君も賢いけど、今の小4はこんな感じなのですかね おっぱいに興味があるのは健全でいいですがw この作者はパワレルワールドを得意としていますね 「四畳半神話大系」などまさしくそうだし ただ、実はユーモ

  • 料理人

    何か面白い本があったら教えて そう問いかけられたとき、必ずお薦めするのがこの一冊 とにかく、するする読め、そして面白い ジャンルは何かと問われると難しいものの、この不思議な世界観は宮崎アニメを文章にしたかのようなw これ初めて読んだとき、主役の料理人、コンラッドは故松田優作氏のイメージでした 松田氏がキコキコ自転車をこぎながら登場する様を思い描くと、何故今まで一度も映像化されていないのか不思議なく

  • チャイナ橙の謎

    エラリー・クイーンも今も読み継がれているミステリー作家の一人ですね 悲劇4部作、そしてこの国名シリーズ、続々と新訳で再販されているはず この表紙イラストも真鍋博氏 中国切手をメインに据えた素晴らしいイラストです さて、中身の話 この作品は、このシリーズには珍しく密室殺人の話 そして、そのトリックは突っ込みどころ満載の機械仕掛け形式のトリックwww 正直、それは、そうはならないのではないか、突っ込み

  • <メデイア業界のの先駆者>

    著書名 <メデイアのリアル> <著者> 吉田 正樹(よしだ・まさき)さん ワタナベエンターテインメント会長~SBIHD取締役 フジテレビで <オレたちひょうきん族~ 笑っていいとも!>を担当 <夢で逢えたら~ ウッチャンナンチャンのやるならやらねば!>他多数の人気番組を企画・制作・・退社後独立 吉田さんが昨年立教大学で特別講座(14回)を、した時に<ゲスト>で協力した<メデイア業界の知名人>との対

  • ポケットにライ麦を

    クリステイは2冊目 ポワロが登場する名作は「オリエント急行の殺人」「アクロイド殺し」「ナイルに死す」などがありますが、ミス・マープルが登場するミステリーでお薦めは何か、と問われると私は真っ先にこの作品を紹介します クリスティ特有のマザーグースの調べに沿って起こる連続殺人 とにかく、意外な犯人とミステリーの質が最も優れた作品でもあり、最後のミスマープルの心情を吐露した一文などは、爽快さを通り超えて背

  • 荒木村重

    戦国武将を中心に書かれた小説は数多くありますが、この人を中心に据えた作品はそうはない 荒木村重、織豊期の摂津国有岡城城主の武将です キリシタンでもあり茶の湯にも精通する文化人的なところもあったようです 一昨年前の大河ドラマを視聴された人にはこの人が行った大罪がおわかりでしょう 信長を裏切り、有岡城に籠城し、説得に来た黒田官兵衛を幽閉し、落城にいたつては一人だけ脱出し、そのせいで城内にいたものすべて

  • サトリ

    昨日はディーヴァ―の007を少し辛めに書きました やはり、他人が書いたものを引き継ぐというのは難しいものです しかし、この人はさらっとやってのける その人の名はドン・ウィンズロウ 前に「ストリート・キッズ」で紹介した作家です これはトレヴェニアンという作家が書いた「シブミ」という作品の純然とした続編として書かれたものであり、かつ、完全なるドン・ウィンズロウ作品として仕上がっている レアケースです。

  • サイコ

    中高年の方だと「サイコ」といえば、アルフレッド・ヒッチコック監督、アンソニー・パーキンス主演の映画を思い浮かべることでしょう でも、このロバート・ブロックの原作は手に取ったことがないはずです ブロックは以前「激突!」のときに書いたリチャード・マシスンと並ぶ、ホラージャンルの名手です しかし、どちらかというと短編のイメージが強い 更には、スピルバーグ監督らの手によって映画化された「トワイライトゾーン

  • ツィス

    ある日突然、一定のリズムである音が聞こえる 一人の女性がそう訴えるところから物語は始まります そして、その耳障りな音が聞こえる人々が拡大し一大パニックに タイムトラベル小説の金字塔と言われる「マイナス・ゼロ」の作者の第二長編です これは割と現代でも同じようなことが起きるのじゃないかと案じさせる怖さがありますね 集団心理というのは恐ろしいものですから こういうことで人間心理につけ込み、コントロールで

  • 007白紙委任状

    イアン・フレミングが書いたジェームズ・ボンドシリーズは実は5冊ぐらいしか読んではいません 映画は見ましたが、ショーン・コネリー、ロジャー・ムーアまでで、それ以降、別な男優さんが演じたボンドはおそらく見ていません。 おそらくと言うのは見るには見たが、あまり記憶に残らなかった感じがするので なんだろう、正直スパイ物のシリーズがあまり好きではないのかもしれません さて、リンカーン・ライムシリーズがベスト

  • <転覆船から逃げ出した船長>

    NO1  <露営の歌~勝ってくるぞと勇ましく・・> NO60 <海ゆかば~海ゆかば 水漬く屍・・>   <杉野はいずこ 杉野はいずや...  <杉野はいずこ 杉野はいずや> 1日の深夜~中国長江で乗客400人余りを乗せた客船が転覆した。 乗客の安全を確保する責任者の<船長及び乗務員>が、多数の乗客を見殺しにして逃げ出した。 現在は~当局に身柄を拘束されて取り調べを受けているようだ・・ 19時のニュ

  • 火星の人

    火星はよく小説や映画の題材で使われる星です まあ、金星はガスで出来ているし、他の星は遠いから仕方ないかw 火星の人と言っても火星人を描いた小説ではありません これは友人火星探査が行われている時代に、一人のクルーが砂嵐に巻き込まれ、仲間たちや船とはぐれてしまうというサバイバルもの なかなかよくできていて、映画化も決定しているようです アメリカが火星には熱心でテラフォーミング化を計画するとかどうとか

  • 閉じた本

    異色ミステリーです 事故で両眼を失った主人公 大作家である主人公は自伝を口述筆記の助手として一人の青年を雇います そこから始まるストーリーなのですが、何が異色かと言うと 会話と独白でしか、この本は語られていないのです ミステリーなので詳しく語れないのがもどかしいのですが この二人の会話の中で、緊張感が生まれていきます 何かがおかしい 一つ、また一つと湧きおこる不自然なこと 果たして助手として雇った

1 ... 49 50 51 52 53 ... 58