• <津波と防災:三陸津波始末>

    先ほど<山下文男著:古今書院>を読みましたので一部を紹介します。 寺田寅彦博士の言で「天災は忘れたころにやって来る」という警句は有名です。 最近では「災害は忘れないうちに来る」などという人がかなりいるそうです。 災害直後のインタビューなどを聞いていると<70年生きてきて始めてだった><こんなことはお爺さんからも聞いた事がなかった」等のコメントが度々聞かれる。 我々は、ほんの少し前の災害の実相を簡単

  • <京論壇・きょうろんだん>

    久しぶりに興味深い書籍を読みました。 タイトルは次世代が語る日中の本音 <京論壇>とは日本の東大生と中国の北京大生が1週間ずつに日本と中国を訪問し、日中に山積みする「歴史認識」「安全保障」「経済」「環境」などの課題について議論するフォーラム。 2005年に運営実行委員会が発足し、2006年夏に第1回を開催。 2008年9月に第3回を開催。 人数は参加者および運営スタッフ合わせた毎年50名を超える。

  • <ボケ防止>

    誰でも年齢に関係なく痴呆症>に成るそうです。  予備軍(若干ピンボケ気味)の私は対策として読書?をしています。  週に1〜2日図書館に通い<数社の新聞・週間誌>を、拾い読みし帰りに<新刊本10冊>借りてきます。  ジャンルを問わず<政治経済・医療看護・宗教・スポーツ芸能他>の濫読です。 1日2冊平均のペースで、本年はお正月より約500冊(売価総額¥100万円位)を、超えました。  典型的な<速読・

1 ... 58 59 60 61 62