• 本紹介!(第一回)

    ひとつ前の記事に書いたように、本紹介です。 第一回は特にお気に入りの 『ブルータワー』石田衣良 です。 石田さんには珍しいSF物です。 現実世界では末期の脳腫瘍患者の男性。時々襲ってくる猛烈な頭痛のあとに二百年後へタイムスリップします。 その世界では殺人ウイルスが蔓延していて、外に人は住めず、いくつかの塔をたててそのなかで生活しています。上にいくほど生活水準が高いです。 タイムスリップに気づいた男

  • 言葉は百億の価値がある

    どうも、お疲れ様です。 二月は忙しいのでなかなかこちらにも書けず。 さて、いつも思うことですが、最近特に思うのが言葉の価値です。 言葉は誰もが発するのに美しい言葉、楽しい言葉、相手を喜ばせる言葉は なかなか発せられないものです。 その多くは自尊心や教養のなさなどが影響はするものの 大部分は 話し方を知らない ことに起因しています。 どう話していいのかわからないのです。 これは当然です。学校では教わ

  • 好意の伝え方を間違えてはいけないよ

    今日はまあ日記です。 毎回テーマを扱うとなかなかアップできなくなるので息抜きに。 最初は雑記です。 おかげさまで毎日仕事に明け暮れております。 最近は私個人への仕事が多いので、久々にイラストレーターやってる感が強いです。 二年前だったか一時期忙しい時期があって、それ以来の久々の忙しさです。 まあ、忙しいのは好きですね。没頭できますし。 まだ他に回せる余力があるので、ずいぶんと成長したもんだとは思い

  • 嫌な仕事を楽しくやる方法

    ちょっと忙しくて描く暇なくて申し訳ありません! 他にも書きたいことはありますが、前回予告しておいたので 嫌な仕事を楽しくやる方法(心構え)を書きたいと思います。 誰だってやりたいことがありますよね。 夢があって理想があって、だからこそ今の仕事に就いているはずです。 私もそうです。 やりたいことがあって、伝えたいことがあってなりました。 だからこそ続けられるということもあります。 ただ、ほぼ全員に当

  • 幸せに生きる方法。人は自分の世界に生きている。

    ううむ、メインPCのHDDが一つ異音が出ていますね。 OSのほうは昨年取り替えたので、おそらくもう一つのほうでしょう。 OSではないのでデータとして使っていますから摩耗は少ないでしょうが、 さすがに丸9年なので取り替えることにしました。 本当はノートPCのほうを改造したいのですが・・・なかなか資金が。 と、雑談はこれくらいにして今日のお話です。 さて、私たちは常に幸せを欲していますね。 その幸せと

  • すべてに宿る神意

    私は最近になってようやく すべてのものに神意が宿っている、ということを悟りました。 これは神の意図というべきでしょうか。 最近はそれを強く感じています。 起こることはすべて意味がある、ということはよく言われますね。 人が環境を支配する力を得ると、最初に感じるのがこれです。 どんなに不幸な目にあってもそれを受け入れる強さを得ることができます。 たとえば、朝起きて目が見えることに感動するためには、 一

  • 初夢

    皆さんは初夢を見ましたか? 私もいきなり見ました。 それはもう感動的でしたね。 私は子供たち(十代半ば~後半の子たち)を指導していました。 何気なくその中の一人に何か表現をさせてみたのですが、 これがもうすごくて感動して涙を流してしまいました。 夢なんで少し表現しづらいのですが、絵が流れるように表示されまして、 その才能に惚れこんでしまいました。 そして、その子のためにチャンスを与えようと色々と裏

  • 自分の好きなものだけを受け入れよう

    他人に批判されて落ち込んだり、書籍の他人の評価が低いから自分もそうしたり、 誰でもそういうことはあると思うのですが、 それって馬鹿らしいと思いません? 私は人生を好きに生きてきました。 もともと自分勝手で他人の言うことなんてほとんど聞かない人間ですから、 自分の好きなことをとことんやることには長けています。 それでもクリエイターとして始めると、他人の評価が気になったりしました。 お金=生死に直結す

  • 他人を許すこと。それが自己を癒す道

    ニュースなどを見ますと、人の欠点ばかりを取り上げた特集が多いです。 ワイドショーとかではそうですよね。 今回も友達のメールで知ったのですが、芸人さんが逮捕されたりしました。 こぞって哀れな人々はそのことばかりに意識を向け、あまつさえ責めます。 しかし、それがどれだけ愚かなことかは神を知る者には明白でしょう。 自分の欠点を知り、謙虚に向かい合っている人は、 他人の欠点もできる限り許そうとします。 と

  • ようやく完成したミッションステートメント

    ミッションステートメントというものがあります。 まあ、七つの習慣とかに詳しく書いてありまして、 自分の中の憲法というやつですね。 一番大切なものを決めれば人生のあらゆる局面でも 自分を見失わないという素晴らしいものです。 完訳 7つの習慣 人格主義の回復 著者:スティーブン・R・コヴィー 出版社:キングベアー出版 発売日:2014-05-23 カテゴリー:Kindle本 7つの習慣ティーンズ【リニ

  • 相手に謝らせたら自分の負けである

    人間というものは、怒りや嫉妬などに囚われると相手に攻撃的になります。 よくお店とかでも「謝れ!」とか言う人がいますね。 ニュースでは土下座させた客がうんたら~とか聞いたことがあります。 しかし、これはWIN-WINの関係ではありませんし、 何より人間は平等な存在です。 どんな理由があっても相手に謝らせることは自分の負けになります。 そもそもその段階で自分が優位に立つように仕向けているからです。 カ

  • ラム肉7話アップ

    忙しいので簡略。 まあ、読んでください。 あまり面白くないかな、今回。 異世界でラム肉やってます(小説家になろうサイト) というか、もはやそんなことを気にする余裕がないです。 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇ ☆☆ぷるっと企画のお勧め書籍&ソフト&道具☆☆ こちらでクリックして買ってくださると援助になりますので、

  • 自分の意思を大切にする・責任を持つ

    ちょっとあまり時間がないので核心だけ。 破壊的な行動を慎むためには、やはり因果律を理解すると一番です。 自分が発した言葉は自分に返って来る。 つまりは、自分の意思(言葉)に責任を持つということですね。 かつての私もよくやっていましたが、 言っておきながらびびってしまう。 攻撃的な行動を取った人間は、 その仕返しに怯えなくてはならないのです。 なんだかアメリカやキリスト教の現状に似ていなくもないです

  • 自爆を避けるために温和な手段を選択する

    破壊的な行動は身を滅ぼすことは何度も言っておりますね。 それを防ぐためには、順序を守ることが必要です。 何事もまずは温和な手段を講じましょう。 だいたいは短絡的な行動をして自爆して台無しにします。 まず自爆しなければ最悪の事態は防げますし、 誤解も解けて円滑な取引ができるようになります。 そのために温和な手段を講じるのです。 たとえば頼んだ荷物が届かない場合など(これも前回に通じますが) 思い込み