• 善き人のためのソナタ

    2006年独 おすすめ度☆☆☆☆☆ 「私のための本だ」 シュタージのエリートの主人公。最初は頭堅すぎる官僚にしか見えないけど「ラズロ」の人間模様をきっかけに印象も変わってくる、「善き人」を考えさせてくれる名作。 歴史背景として、こないだやってたブリッジ・オブ・スパイの後の東西冷戦下のベルリン。東から冷戦を見るのも珍しいように感じる。国家保安省(シュタージ)の手口とか痛いほど分かるし、権力闘争も少し