• 模擬試験の受け方

    年間を通して模擬試験をどのように受験し利用するかは重要なポイントです。 既に今年度の模試スケジュールが出ています。 我が家の方針は、下記の通りでした。 ・高校窓口の模試は原則受ける。 ・それ以外は駿台模試をメインとする(これは好みの問題です)。 ・模試間隔として2週間はあけ、「受け過ぎ」を避ける。 ・センター模試、二次模試、私大模試、論文模試をバランスよく配置する。 ・諸般の状況を見て、場合によっ

  • 模擬試験受験の間隔

    この土日は自宅でゆっくりとしていました。 家内が関西に2泊3日で旅行に出かけていたものですから、私は一人で読書三昧でした。 今夕(日曜日)家内が帰ってきたものですから、最寄り駅まで迎えに行き、二人で食事をして帰ってきました。 私に一杯話をしたかったらしく、今一通り話をして眠りました。 トラブルもあったけれど、楽しい旅行だったようです。 さて、昨日からの続きです。 高3の春先から模擬試験がゆっくりし

  • 息子が受けた模擬試験~現役の場合

    浪人生の皆さんの場合、現役生の場合と異なり比較的時間がありますから、模擬試験をかなりの回数受けることができます。 特に宅浪生の場合は、模試を受けることによって調子を整えるといったことがありますから、そこそこの回数は受けるべきでしょうね。 現役生の場合は違います。 学校行事が色々とありますし、模試を受けている暇があるなら少しでも勉強して力を付けて行く必要があります。 現役生が模試を受けすぎると上滑り

  • 鍵を握る模擬試験のスケジューリング

    模擬試験を受けるスケジュール作りは、かなり重要な作業だと思います。 模擬試験では、 現在の自分の力を測ったり、 苦手分野を発見したり、 やって来た勉強方法が間違ってないかの確認をしたり、 と様々な目的がありますが、できれば、模擬試験を受けること自体を弾みにして調子に乗っていければなおよいと考えました。 高校から詳細な校内外の模試スケジュールが渡されました。 これをもとに息子に合ったスケジュールを組

  • 模試の成績

    「現役は右肩上がりで伸びる」「夏休みの勉強の成果は10月にならないと出ない」これは受験勉強をしていた時の息子の口癖です。しかし、9月ぐらいまでの模試の成績はひどかったですね。どんな大学を書こうと、最低かその一つ上の判定でした。本来であればその時点で志望校を変えるか、あるいは医学部進学を断念すべきだったんでしょうね。まあ、1年ぐらい浪人してもいいか、という気がボクにはありました。本人にはあまり言わな