• 模試2

    現役生は最後の模試が終わってからも伸びるとは娘の高校の進路指導の先生の言葉でした。 実際にそう思ったのは最後の模試の結果を見て、その模試の判定に近い結果で入試が終わった時でした。近い結果と言うのは同じB判の中で実際の進学できたところの方が、A判まで〇〇点となっていた差が大きかった方の大学だったからですが。A判は正規合格でしたし、ある程度、科目別に係数を使っている模試には精度があるのだと思いました。

  • 模試

    高3・既卒生向けの模試が始まりましたね。 娘は駿台模試を中心に受けていました。中3から受けていたこともありますが、間際になっても受験の申し込みができたという理由もあります。あまり多くを受験しても仕方がないかとも思っていましたので、学校の行事などとの兼ね合いをみてから申し込んでいました。 駿台模試をsoon die模試と言っていた人がいましたが、出題内容が厳しいという意味でしょうか。既卒生には当たり

  • 模試への取り組み(高校生になった頃)

    現在高3の方はこれから数多くの模試を受けられると思いますが、高1の方はどのように模試を受けていらっしゃるでしょうか。 娘は中3のに後半に駿台模試の高1のものを、高1の時に高2の模試を受けていました。そこで計ることができるのは主には英語の力だと思います。先日お話した通り、娘の中学はほとんど先取りをしていませんでしたので、中3のころの数学は偏差値40を割り込む程度 国語は現国でそこそこ点を取り、漢文は

  • 昨年6月の息子の模試偏差値~皆さん、まだまだ勝負はこれから!

    受験生の皆さんのブログを拝見していると、なかなか模試の偏差値が伸びないと感じておられる人が多いようです。 お気持ちはよくわかります。 しかし、勝負はこれからです。 今はじっと耐え、コツコツ、コツコツと勉強を積み重ねて下さい。 皆さんを勇気づけることができるかわかりませんが、息子の昨年の今頃の模試の成績を開示します。 5月に受けたかなと思っていたのですが、3年生では6月から受け始めたようです。 第1