• 死の淵

    生と死の狭間にいる この場所を。 “死の淵” と言うなら。 私はまさに。 “死の淵”に。 立っていることになる。 この“死の淵”には。 ひとりでしか立つことは出来ない。 この“死の淵”には。 人の抱える悩みさえ。 『そんなこと』 思ってしまう自分がいる。 知らず知らずに。 『死なないならいいじゃない』 人の傷みさえ。 鈍感になっている自分がいる。 この場所は。 何が起こるか分からない場所。 不安定