• 残り香

    微かな香りしか感じられないんだ いつだって 香りに気づいた時には もうそこには香りしかない 鼻孔を刺激する微香は識別できても もうそこには正体はない いつだって いつだって 私を待っているのは その残り香だけ