• ぐるぐる回る思考の癖

    前の猫が亡くなる少し前に、定期的に与えていた薬を獣医さんから買うか、ネットで安く買うか考えたことがありました。確か、獣医さんに処方していただく際の値段と比べると、ネットで購入すると半額くらい。ただ、詳しくは忘れたのだけれども何らかの理由でまとめ買いが必要でした。それがネックで決心がつかず、そのまま獣医さんから購入し、最後となった1瓶は確か半分ほど投与して、猫は亡くなりました。 あのときネットでまと

  • 時間について

    こんにちは、あんです。 この頃思っている事、「時間」について、シェアします。 色々と考えるのは、面白い。独り言です。 向日葵とカモミール二種のブーケ。 この世は、二元性の世界。 陰と陽。 プラスとマイナス。 生と死。 男性性と女性性。 昼と夜。 暑さと寒さ。 今だって、電車に乗ってサンフランへ向かっているけれど、半日後には同じルートで家へ帰る。(あ、これは二元性じゃない?w) そんな中で、時間だけ

  • 感謝・良い事を10個数える

    こんにちは、あんです。 クイック記事です。書きたい!と思ったので。 行動を起こす、どこかへ行く、誰かに会う、そういう時に、その対象について感謝できることや良い事を10個数えると、スムーズに物事が進みます。 私がこれを、よく人と会う時に行います。 お友達に会う: そのお友達の好きなところを10個数える。(もちろんもっと出てきます。きっと出てくれば出てくるほど良いと思う。) そのお友達とのミーティング

  • かけがえのない自分

    こんにちは、あんです。 スーパーマーケットのお花のセクションに勤め始めて、気づきがたくさん。 お花のセクションの裏が小部屋のようになっていて、そこでブーケを作ったりするんですが、そこには水周りもあり、各種ゴミ箱もありw、正面玄関の真横なので、従業員がちょこちょこと出入りします。 私がそこにいるので、入ってくる人たちと短く会話するのですが、特に2月になって感じていたのが、この言葉。 疲れた〜 I a

  • また引越し

    こんにちは、あんとリリィです。 引越しは嫌いでも箱は好きなリリィw また引越しです。 この3年ほど、大きな断捨離もし、ミニマルな生活を楽しむようになって、身の回りのものをかなり少なくしました。 ですので、今回の引越しは、自分としては余裕のつもり。 でもだんだん引越しの時期が近づくと、ストレスが発生してくる。 この10日間ほど、仕事も忙しい時期であったし、引越しなどに絡んで決めなければいけないことが

  • ちょっと「停まる」ということ

    こんにちは、あんです。 ずっと早番の6時出勤でしたが、昨日から遅番に変わりました。出勤は午後2時。10時の閉店まで店を守り、翌日に備えて後片付けなどをしてから帰ります。しばらくはこの遅番を任される様子です。 仕事の内容が早番と遅番では少し違いますが、それにしても、このお仕事は、とっても楽しい。 ものすごい高さに積み上げた段ボールの箱を、お客様の間を縫うようにして曲芸をするようにカートで運んだり、も

  • 良い気分になる

    こんにちは、あんです。 先週金曜日、冬至の日の夕焼け。雲の色がとても美しかった。 エイブラハムの録音を、家事をする際のBGM替わりに聴いています。洗い物をしていたりして、せっかくビビッとくるフレーズがあるのにすぐに書き留めたりすることができず、ちょっと残念な気がしていました。 そこで、これと思ったものは録音の題名を覚えていて、後で聞き返すのですが、そうするとあのビビッときたフレーズにたどり着くこと

  • 今日のリリィ

    昨日、サマータイムから標準時間に戻りました。 朝6時半は、こんなに明るい。 空気が澄んで、景色がくっきり。リリィもすぐに出窓に上がって、しばらく外を見ていました。 リリィはこの後、ベッドに戻っていきました。 朝9時のリリィ。手をプルプルと動かしながら寝ている。どんな夢を見ているのか? 眺めていたら眠気に誘われ、つい横でうとうと。ハッと気がついたら10時過ぎ! 慌ててリリィを起こしてお薬とお水。 そ

  • 自分の内側へ入る

    こんにちは、あんです。 11月1日の朝、いつもならすぐに音楽などをかけるのに、「今朝は静かに過ごそう」と思いました。 久しぶりに、何も音楽をかけず、静かに床を掃き、コーヒーを淹れる。 薄暗い中で小さな電灯をつけ、思いついてコーヒーの写真を撮ったり、パンプキンの写真を撮ったり。のろのろのろのろ。 こういう時間がとても好きなのを、思い出しました。 もちろん猫の写真も撮る。 じっくりと自分のために時間を

  • 自分の中に愛を育てる

    こんにちは、あんです。 今日はまた、呼吸について書きたいと思います。 『自分の心のコップを満たす呼吸』 自分の心のコップを満たしていないと、自分以外の人の心を助けてあげられない。だから、まず、自分のコップを満たす。 先日、久しぶりにYoutubeビデオと共に家ヨガをやった際に、思いがけずそのことについて語られていて、とても心に響きました。ぜひシェアしたいと思いました。 以下、私の言葉での要約です。

  • 今日のリリィ

    昨日、秋が来ました。大慌てで冬支度。 昨日の朝のリリィです。午前中の温度は約10度。 前日の夜からの霧で、朝の空気に湿り気が混ざり、とてもいい気持ち。 こちらは今朝のリリィ。いつも平常心のリリィは、相変わらずお水をご所望。マイペースにゆっくりと飲むので、私の手はひたすら冷た〜くなっていきます。 今朝も引き続き、湿り気のある良い空気です。昨夜は雨まで降りました。もう何ヶ月ぶりかしら。 この地域の大気

  • 今日のリリィ(水彩画)

    1ヶ月前に取り掛かったリリィの絵。美味しい飴を丁寧に舐めるように、ゆっくりゆっくり進ませて、今日お髭を書き込み、少し手直しをして、完成としました。 お披露目です。うふふ。 あ、私まだ、全然初心者でーす😆 遠くの山火事からの煙で、窓を開けられません。部屋の中もうっすらと煙っぽい。軽い咳がこほんこほんと出ます。空気清浄機は近所では品切れ状態。 ふっと気をぬくと、ついネットで被害情報を見てしまいます。

  • 心を強く持つ

    こんにちは、あんです。 私の住んでいるサンフランシスコから、ゴールデンゲートブリッジを渡り、北へ車で1時間ほどの地域で、大規模な山火事が発生しました。日本でも報道されているので、ご存知の方もいらっしゃると思います。 日曜日の夜中に発生し、おそらくサンフランシスコのほとんどの住民が、煙の匂いで目を覚ましました。そのくらい風が吹いていて、従って火の回りがとても速かったようです。 ソノマ、ナパ、メンドシ

  • コーヒーの日

    こんにちは、あんです。 今朝、6時半に目覚めて最初に五感に飛び込んできたのは、お隣から漂ってくるコーヒーの香りでした。私のコーヒーとは違うけど、淹れたてのコーヒーの香りはやっぱり良いなあ。 お隣は私より少し年配の、可愛いワンちゃんがいる、いい感じのカップル。朝6時半のコーヒーは、きっとタイマーでセットしてあるんだなあ。きっと何もかも自動に違いない。そういうスタイリッシュなのもいい感じ。 9月29日

  • 8月の猫

    こんにちは、あんです。 この夏も穏やかに過ぎていきます。8月も終わりですね。 私の住む辺りは、夕方から決まって霧が出て涼しくなり、太陽が沈むとぐっと気温が下がります。ちなみに現在午後10時、摂氏約14度。さぶっ。 今日は少し猫の話を。 猫の絵: お盆を前に、死んだお姉ちゃん猫(テス)の絵を描くつもりで下書きまではしたものの、色を入れるにあたり参考にできるクリアな写真がありませんでした。そこで、まず

  • 紫陽花の絵を描いてみる

    こんにちは、あんです。 ゴールデンゲートパークで見つけた紫陽花です。くっきりした白が清々しく、がく(花のように見えるもの)の一枚一枚の形が可愛い。 こんな初々しい紫陽花もありました。 自己流で水彩画を描いています。 とても楽しいです。 実は、もう随分前から、紫陽花の絵を描こうと思っていました。 ブログにポストしていらっしゃる絵に触発されて、あああっ私も描こう!と思ってからもう数週間。(そのブログ記

  • 高い周波数を発する

    こんにちは、あんです。 瞑想中のリリィ。 先日、瞑想について会話をしていた際に、こんなことを聞きました。 『動物は、周波数でコミュニケーションをしている』 知ってはいましたが、現実の会話でその内容を聞くと、ああやっぱりなあと、改めて腑に落ちる感じを受けました。 何かに集中している うちにはオスの猫がいます。名前はリリィ。13歳。生まれて数ヶ月で私の家族になった黒猫です。 この猫が、とても繊細という

  • 映画を観る 〜 ダンケルク

    こんにちは、あんです。 映画「ダンケルク」を観ました。 注:映画の大筋は史実に基づいています。細かいエピソード的なことについてはここでは書きませんのでので、スポイラーにはならないと思いますが、「自分で観る前には何も知りたくない!」という方は、どうぞ下のリリィの写真まで飛んでくださいね。 状況を簡単に説明します。第二次世界大戦中、ドイツのフランス侵攻中に、フランスを助けていたイギリス兵士40万人が、

  • ハバードのチェンバロ

    こんにちは、あんです。 週末、我が天空の小さなワンルームアパートメントに、チェンバロがやって来ました。 製作は1982年。前オーナーが20年間所有していました。ハバードのキットで製作されたものですが、製作者は不明。ヨハンソンと名前が記載されており、そこから前オーナーが色々と探ったそうですが、結局製作者の特定はできなかったそうです。 前オーナーが近々ニューヨークへ引っ越すにあたって、彼女のチェンバロ

  • チッカーリングの門出

    こんにちは、あんです。 一度は冷蔵庫へしまったバジルを、水に挿してテーブルへ。良い香りが漂います。 昨日、長い間数々の引越しに耐えてきてくれたピアノを、手放しました。 米国で手に入れたチッカーリング製のアップライトのピアノです。 小さいものも含めて7回の引越しについてきてくれたピアノ。8回目の引越しは、このピアノの新しい持ち主への引越しとなりました。新しい持ち主は、5歳のマドモアゼル。 私はピアノ

1 2 3 4 5 ... 6