• 劇場版 氷菓を見てきました。

    氷菓は大好きな作品で原作、アニメ、マンガ共に手を出しており、実写で劇場公開されると聞いたときは公開されていたトレーラーを見て取りあえずスルーする予定でした。 公開後の評価も悪かったでしたが、内容を見てみるとキャストに対する不満が殆どでストーリーに対する物は見当たらなかったので思い切って見てみる事に。 見てみた結果、お話は悪く無かったです。 原作からの改変や省かれたエピソードが有る物のそれらの改変も

  • 2016年 今年購入してよかったもの (一部変更)

    Amazonが年間ランキングを発表していたので、私も便乗してジャンル別に今年購入してよかったもの挙げてみようかと思います。 家電・パソコン関連 ☆GPD win、次点 Kindle fire GPD winは、今のところ他の代替機が存在しない機で、クラウドファンディング経由では4万円を切る価格でコストパフォーマンスもよく、文句なしで一番いい買い物でした。 キンドルはコストパフォーマンスが桁外れです

  • アイスキャンディー

     アイスキャンディーとアイスクリームはどこが違うのでしょうか?実は私もよく分からなかったんですが、日本語にすれば、どちらも氷菓子ですよね。棒がついていてペロリンキャンディーみたいになってるのをアイスキャンディーと言うらしいんです。みなさんはどちらのアイスが好きですか?私はどちらも大好きですよ。  アイスクリームに似たものでジェラートやシャーベットがありますが、違いはよく分かりません。ジェラートはイ

  • 氷菓 6巻

    氷菓 6巻を電子書籍化。米澤穂信原作の古典部シーズのコミック版。やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短にをモットーに省エネ人生を邁進中の主人公が、好奇心の塊の旧家のお嬢様に振り回され、小さな謎を解いてく人が死なないミステリー作品前巻で 愚者のエンドロール編が終了し、今巻から文化祭の クドリャフカの順番編に突入するのですが、その前に、以前コミック版 3巻に付属したOVA

  • 氷菓 5巻

    先月発売された人が死なない推理作品「氷菓」5巻を一通り読んだので電子書籍化。今回は4巻の脚本担当が倒れた為、中断したミステリーの自主作成映画のトリックを推理する話の完結編。毎度のことながら、若干後味の悪い終わり方をしています。原作小説も読んではいるのですが、最新作「ふたりの距離の概算」の文庫版が去年の発売ですので、次の作品はあと3~4年ほど後でしょうか。古典部シリーズは高校卒業まで続くそうですが、