• 池井戸潤『下町ロケット』を読んで!

     池井戸潤さんの本を 一度読んでみたいと思っていて ようやく読むことができました。いや~ 実に熱い内容で時間を忘れ 480ページを ほとんど一気に読んでしまいました。  常に前向きに 物事を考え 現実と夢の両方を 手に入れようと 常に前向きに 物事を考え 立ち向かっていく主人公に 勇気づけられる物語は 私にとっても 感動巨編でした。  元ロケットエンジン研究者 佃航平が、失敗の責任を取って研究所を