• 闇と光。。

    あれから数日が経過した。 相変わらず彼女は浮かない顔をしている。 話しかけても上の空。 ただ、ぼんやり遠くを見つめている。 そんな状態が続いたある日。 「なぁ、友達に会いに行ってきな。」 「少しは気分転換になるやろし。。。」 「うん。いいの?」 「あぁ、良いよ。」 「そんな顔して毎日を過ごすのは、サキ自身が一番辛いやろ?」 「うん。ありがと。じゃあ行ってくるね!」 そうして、彼女は友達に会いに行っ