• 弓太郎、加藤外相暗殺を決意する

    1900年代に入ると、 日本と清の関係は好転 日露戦争では、 清は中立の立場を取りながら 裏ではロシアの情報を 日本に流していました。 このような蜜月の日清関係で 日本政府の頭痛の種は、 清を打倒して新政府を 樹立しようとする 革命派の孫文の一派でした。 清からも執拗に孫文引き渡しを迫られた 政府は、第一次西園寺内閣の 外務大臣、加藤高明が 孫文の国外退去を画策します。 清に引き渡すわけではありま