• 四十九日

    4月29日、四十九日の法要を向かえた。 5月に入ると3ヶ月をまたぐからと早めた。 早かった。 四十九日で、あの世へ旅立つと聞いていたが、 お坊さん曰く、百ヵ日まで家にいてるとのこと。 本当だったら嬉しいけどね。 でも、そういうことにしておこう。 少しは気持ちも救われる。 お経を唱えてる間、また病院でのことや最期を向かえたときのことや 思い出して泣けてきた。 本当に未だ信じられない。 でも少しづつ微

  • 4月17日。三十五日

    先月の今日、17日、父は逝ってしまった。 お昼から時計を見ては思い出す。 この時間に病院から電話があって、この時間には、病院ついて、そして。。。 早い。 1ヶ月って、あっと言う間。 1週間ほどしか経ってない感じ。 そして今日、お昼からお坊さんが来られ三十五日の法要だった。 法要が終わり、今日という日は、閻魔様に極楽か地獄行きかを言われる日だと話された。 そして14日間、さらに修行をして、最終四十九