• 鉄のラインバレル 23巻

    鉄のラインバレル 23巻を電子書籍化。表紙に人民の人民による人民のための…と言った人に似てますが別人です。今巻で数年行方不明だった主人公が帰還し、人類に敵対していた意志ある機械のヒトマキナから真実が語られ、一気にストーリーが進みました。物語の舞台は西暦 2023年だが、本当は2052年に人類が滅亡しヒトマキナが人類を作り直しもう一度やり直した世界で、本来の世紀は2712年。ヒトマキナは本来人間の敵

  • ULTRAMAN

    ULTRAMAN 4巻を電子書籍化。ウルトラマンをはじめ特撮系はそんなに興味はないので購入予定ではなかったのですが、好きなマンガの鉄のラインバレルと同じ作者の作品ということなので試しに1巻を買ってみたら想像以上に面白かったので、そのまま継続して購入しています。ウルトラマンのハヤタ隊員の息子が主人公で、ハヤタ隊員がウルトラマンに寄生された影響で高い身体能力が残ってしまい、息子にも身体能力が遺伝してい