• 満ちもせず欠けもせず

    君の前にどんな未知が広がって 不安に感じているのだろうか 知るよしもなく 君の心の平穏を祈る 君は何処でどのようにあっても君 それを忘れないで欲しい 状況も境遇も地位も職業も 君ではないんだよ 私が今までみてきた そして これからもみている君とは…… あゝ 今宵の月は満ち満ちている そして明日から又欠けゆく 君の 私の 状況 境遇 肉体 のように 時の作用を受けるものは 全て移ろい始まり終り 再び