• 序話 3-2  百済都城の変遷

    3-2 百済都城の変遷 百済の都城変遷の歴史は、むしろ悲劇の歴史です。 (一)漢城時期 四世紀の百済の都は、漢江下流南岸にあり、漢城と呼ばれていました。 漢城時代の百済は、南側に拡大を続ける高句麗との死闘を繰り返していましたが、四七五年には首都漢城を落とされ蓋鹵王が戦死してしまいます。 (二)熊津時期 王都漢城を失った当時、新羅に滞在していて難を逃れた文周王は、都を錦江岸の熊津(忠清南道公州市)に