• 漢字検定勉強方法 続き3

    では、わからないところがチェック出来たところで、具体的な勉強内容へと移行していきましょう。漢字が苦手と総じて口をそろえて言える方々に共通することは恐らく”漢字が読めても書けない”ではないでしょうか?もしくは”漢字のイメージが思いつかない”だと思うのです。実はですね、漢字のイメージがわかれば意外と簡単に漢字検定二級の壁は越えられるのですね。たとえば漢字検定二級の漢字の例をあげます。麺、韓、顎、綻 読

  • 漢字検定勉強方法 続き2

    さて、漢字検定の勉強法ですが、パラパラっとテキストを開いてみましょう。そこで最初にやってほしいことは1、既知の問題をチェックしてください。そしてわからない問題にチェックを入れてください。2、答えを見て何となくでいいので理解しましょう。3、最後のページまでさらさらっと終わらせてください。・・・どうでしょうか?先ずはここまでです。ではまた次回にアディオス!

  • 漢字検定勉強方法

    日本漢字能力検定協会が主催する日本漢字能力検定(通称:漢検)幼稚園児から老年者まで幅広く受けられる民間検定試験です。一時期は年間約200万人が受験した人気資格ですね。中学生は高校受験に、高校生は大学受験に有利とされ、社会人でも2級以上を取得すると良いとされています。履歴書には2級以上から書くことを推奨します。管理人は漢字検定二級を所持しています。具体的な勉強方法として、主に参考書を只管(ひたすら)