• 夏日南亭懷辛大

     【夏日南亭懷辛大詩意圖】  「夏日南亭懷辛大(夏日、南亭に辛大を懷う)」は、盛唐の詩人孟浩然作の五言古詩です。  この詩は、全部で十句からなり、前半六句で南亭(南のあずまや、襄陽城南方の峴山にある峴首亭か?)から見る涼しげな風景を表し、後半四句で友人の辛大を懐かしむ情を詠じています。  この詩の淸淡閑雅な趣は、孟浩然の詩の真骨頂とも言えるものです。  猛暑の候、一服の清涼剤として、各位のご高覧に

  • TOMORROW

     「TOMORROW」(トゥモァロー)は、1995年(平成7年)5月10日に発売された、シンガーソングライター・岡本真夜(当時21歳)が作詞・作曲したデビューシングルです。  この曲は、1995年4月14日~6月30日にTBS系で放送されたテレビドラマ『セカンド・チャンス』の主題歌として作られたものですが、元々はその数年前に岡本が出身地の高知県で高校に通っていたころ、地元の友達を励ますために書いた

  • 気張いやんせ

     「気張いやんせ (きばいやんせ)」は、日本のミュージシャンである長渕剛が作詞・作曲して、1991年12月14日に発表した自身13枚目のオリジナルアルバム『JAPAN』(ジャパン)のB面3曲目に収録されている楽曲です。    『JAPAN』は、長渕が日本人そして日本そのものを描くにあたり、敢えて日本の外側というべきアメリカでレコーディングしたものです。  このアルバムでは、総ての楽曲をロスアンジェ

  • しあわせになろうよ

       「しあわせになろうよ」は、日本のシンガーソングライター長渕剛が作詞・作曲して、2003年5月1日に発表した楽曲です。  歌詞は短いもので「しあわせになろう」などの一見単純な詩語の羅列のように見えますが、時間、空間、光や音、更には色彩までをも歌い込んで情景を描写し、「しあわせ」の本質に迫るもので、漢詩のような奥行きと幅を感じさせる巧みな作品に仕上がっています。  しあわせになろうよ      

  • 鯔(出世魚:いな、ぼら)  柏木如亭

     柏木如亭の『詩本草』から「いな」を挙げます。   鯔(いな)  遊讃既に倦み、舟を買ひて備に回(かへ)る。時に十二月十五、天晴れ風静かにして、大小の諸島争ひて図画を献ず。  舟中復た一点の寒無し。乃(すなは)ち居停(きょてい)主人餽(おく)る所の鯔(いな)を焼いて晩食す。  その味奚(なん)ぞ止(ただ)に八珍(はつちん)のみんらんや。夜半(やはん)竟(つひ)に西大寺の下に泊す。  月光凄涼(せい

  • 桃花源

     「桃花源」(とうかげん)は、日本のシンガーソングライター・さだまさしが1977年7月25日にリリースしたアルバム『風見鶏』の中の1曲です。  この楽曲は、さだの弟の佐田繁理が台湾大学へ留学中に採譜してきた曲にさだが詩を付けて完成したものです。  『風見鶏』発表時には、作曲者不詳としていましたが、その後、作曲者が判明したため、1978年2月10日にシングルカットした時から、「劉家昌作曲(佐田繁理採

  • 案山子

     【島根県津和野の冬景色】  「案山子」(かかし)は、日本のシンガーソングライター・さだまさしが作詞・作曲して1977年11月25日に発表した楽曲で、さだの代表作の一つです。  詩の中には登場人物についての直接的な言及はありませんが、その内容は都会で一人暮らしをする「誰か」(弟か妹と解釈できる)を雪の中にぽつんと立つ案山子になぞらえ、故郷にいる兄(言葉遣いから姉ではない)が気遣うメッセージとなって

  • 我家在那裡(私の家はそこにある)

     「我家在那裡」は、1972年 の台湾映画、「晚秋」の主題歌として発表された楽曲です。  作詞、作曲、演唱共に劉家昌ですが、この人は非常に才能豊かな芸術家で、この映画では監督と主演も務めています。  この歌曲は、故郷の我が家のことを詠ったものですが、日本ではその詩を知る人は殆どいません。しかしながら、その曲だけは1977年さだまさしが翻案した詩を付けてカバーした「桃花源」で知られています。  今回

  • 七夕

           七夕                       伊賀山人作七絶平水韻五歌   煌煌織女渡天河   捧竹望星七夕過   惟使仔貓揭護符   以願萬人幸福多 【書下し文】   七夕(しちせき)  煌煌として織女は天河を渡る  竹を捧げ星を望みて七夕は過ぐ  惟だ仔貓をして護符を揭げしめ  以って萬人の幸福多きを願ふのみ 【和訳】   七夕(たなばた)   煌煌と光り輝きながら織女は天の

  • 亀児が詩を詠ずるを聞く  白楽天  柏木如亭

     白楽天の詩を柏木如亭が訳したものを挙げます。   聞亀児詠詩      亀児が詩を詠ずるを聞く    白楽天  憐渠已解弄詩草    憐れむ 渠(かれ)が已に詩草を弄することを解するを  揺膝支頤学二郎    膝を揺がし頤(あご)を支へて二郎を学ぶ  莫学二郎吟太苦    学ぶ莫れ 二郎が吟に太(はなは)だ苦しむを  年纔四十鬢如霜    年纔(わづ)かに四十 鬢(びん) 霜の如し  〈柏木如亭

  • 主人公

     『主人公』は、1978年(昭和53年)3月25日、シンガーソングライターさだまさしが発表したアルバム『私花集』(アンソロジィ)のB面第5曲、即ち最後の曲として発表された楽曲です。  この曲は、発表以来、テレビやラジオの企画で行われるファンの人気投票では、「関白宣言」などの数あるヒット曲を抑えて、常に第1位を続けている人気曲です。  さだ自身は、「『自分の人生は自分が主人公』というごく当たり前のこ

  • 白衣観音

     【白衣觀世音菩薩圖】  白衣観音(びゃくえかんのん、びゃくいかんのん)は、妙法蓮華経観世音菩薩普門品第二十五、別名「観音経」で区分されている「観音三十三応現身」に基づき、観音の区分や名称を日本独自にアレンジした「三十三観音」の一尊に数えられる観音菩薩で、大白衣観音、白衣観自在母、白処、白衣母、白衣明妃とも称されています。    特徴的な白衣は、僧が着る袈裟や法衣ではなく、在家の着る白い衣です。

  • 道化師のソネット:小丑之歌

     「道化師(どうけし)のソネット」は、シンガーソングライター・さだまさし(佐田 雅志)が1980年2月25日にリリースしたシングル曲です。  この曲は、1980年1月26日に劇場公開された映画『翔べイカロスの翼』の主題歌として製作されたものです。  映画『翔べイカロスの翼』は、ピエロとして子どもに夢を与えようと努力しながら、興行中に不慮の事故により28歳の若さで死亡してしまった青年の実話(草鹿宏著

  • 夏の思い出(夏天的回憶)

     【尾瀬(正面の雪の残っている山は、尾瀬ヶ原南西にある至仏山)】  一昔前、伊賀山人は群馬県に住んでいました。  当時、5月の連休が過ぎる頃には、毎年尾瀬(おぜ)に出かけました。  尾瀬は、群馬県・福島県・新潟県の3県にまたがる東西約6km、南北3km、標高1400m~1660mのなだらかな傾斜のある盆地状の高原で、中心となる尾瀬ヶ原は約1万年前に形成されたと考えられている湿原です。  尾瀬には、

  • We Are The World                 (ウィ・アー・ザ・ワールド:四海皆一家)

     「ウィ・アー・ザ・ワールド」(We Are The World)は、1985年3月28日にアメリカで発売された楽曲で、世界的に著名なアーティストが「USAフォー・アフリカ」という名称のプロジェクトを組んで完成させたものです。  この曲は、当時深刻化していたアフリカの飢餓救済のために作られたチャリティーソングで、作詞・作曲はマイケル・ジャクソンとライオネル・リッチーが共作で行い、プロデュースはクイ

  • 虎ノ門~赤坂   頼杏坪

     頼杏坪は頼山陽の叔父です。宝暦六年(1756)安芸国竹原に生まれました。  名は惟柔、字は千祺。若くして兄春水に従って大阪に住み、また江戸に出て、服部栗斎に学び、のちに兄春水とともに芸藩の儒官となりました。  杏坪は『春草堂詩鈔』全八巻をものしました。春水と次兄春風と杏坪を頼三兄弟と呼ぶのですが、杏坪が一番学者らしかったといいます。  於菟門外雨横濠     於菟(おと)門外 雨 濠に横(よこた

  • 晩に品川に帰る  大窪詩仏

     大窪詩仏の『卜居集』の中の「晩帰品川」を紹介します。    大窪詩仏  江戸品川高輪   晩帰品川      晩(くれ)に品川に帰る  烟霧高輪暮     烟霧(えんむ) 高輪の暮(くれ)   前途更渺茫     前途 更に渺茫(びょうぼう)たり  潮来呑欠岸     潮(うしお)来(きた)りて欠岸(けつがん)を呑み  月湧出危檣     月湧きて危檣(きしょう)を出づ  蓬戸無人守     蓬

  • Heal the world(世界を癒そう:治癒世界)

     『Heal the World(ヒール・ザ・ワールド)』は、アメリカの歌手マイケル・ジャクソンが1991年に発売した楽曲で、全世界で3200万枚を売り上げた大ヒットアルバム『デンジャラス』の7曲目に収録されています。  作詞・作曲共にマイケル・ジャクソン自身によるもので演奏時間は6分25秒です。  この曲は、1985年にライオネル・リッチーと共作した『ウィ・アー・ザ・ワールド』と同様に、歌詞は世

  • 俳句について考える

     俳句(はいく)とは、五・七・五(上五・中七・下五)の十七音から成る日本語の詩で、定型詩としては世界最短のものです。  僅かひらがな17文字の中に詩情を表現しようとすると、言外の意味を含める必要があります。  昔、神奈川県の横須賀市に住んでいたころ、アメリカ人の作った俳句を読んだことがあります。  「鎌倉に ツルがたくさん 居りました」  この句は、見たことをそのまま詠んでいますが、俳句としてはど

  • 瞳をとじて(輕閉雙眼)

     「瞳をとじて」(ひとみをとじて)は、2004年4月28日にシンガーソングライターの平井堅が発表した楽曲で、同年のオリコンシングルチャート年間1位を獲得しました。  平井堅は、伊賀山人事務所の隣町、三重県名張市桔梗が丘の出身です。  その風貌と長身から、よく外国人と間違われますが、インド人のような顔つきの父親に似ただけで、本人も両親も純粋な日本人です。    彼は、地元の三重県立上野高校を卒業後、

1 2 3 4 5 ... 6