• 雨水に想う

     本日は、二十四節気の雨水です。  雨水とは、立春から約15日目の頃で気温も少しづつ上がって、降る雪が雨に変わるとともに、山に積もっている積雪も融けて水に変わる候を意味します。  古来、この時期になると寒さに苦しむ季節も終わりを告げ、農作業を始める目安とされています。  昨年の五言絶句に引き続き、今年は前の記事「茉莉花」のアニメ―ションからヒントを得て、雨水に因む七言絶句を一首賦してみました。  

  • 茉莉花

     「茉莉花(まつりか)」とは、およそ300年近く前の清朝乾隆年間から伝わる代表的な童謡の一つです。  ジャスミンの花を歌ったこの曲は、 江戸時代に日本にも伝わっていますが、2008年の北京オリンピックでメダル授与式のテーマ曲として使われたことでも知られています。  作詩作曲者は不明で、歌詞も何種類かあるようですが、本日は、その中で最も世間に流布されているものをご紹介し、最後に動画を添付して、関係者

  • 望春風

     「望春風」は、1933年(昭和8年)に発表された台彎創作歌謡の一つで、現在は台彎民謡の代表曲となっています。  片思いの乙女の心情を臨場感たっぷりに切々と歌い上げた歌詞と、その親しみやすいメロディは、84年を経た今でも全世界に在住する台湾人の心を捉えて離しません。  詩題は、「春風を待ち望む」という意味ですが、ここで「春風」というのは春風そのものを意味するとともに、自分の家の戸を叩く風になぞらえ

  • 立春雑感

     本日、2月4日は二十四節気の「立春」です。  「春立ちぬ」とはいえ、決して暖かくはなく、まだ冬だと考える方も少なくないでしょう。  このように季節感がズレている原因は、西洋と東洋とで、春の区分が異なることにあります。  西洋のSpringは、既に暖かくなっている春分から夏至まで(3月20日頃~6月21日頃)とされています。  これに対し、東洋においては、古来、春分を春の中心として、その前後各1.

  • 伊賀山人回顧録(定年退官:55歳の誕生日)

     平成18年(2006年)2月8日、京都で55歳の誕生日を迎えた伊賀山人は永年にわたる国防の務めを全うして定年退官となった。  同日付で、兵隊の階級で言うと大佐に特別昇任した。  大佐の定年は1歳上の56歳ではあるが、定年退官日の昇任では1日遅かった。  某大入校以来37年、伊賀山人は人に倍する任務を完遂して無事退役した。  しかし、戦前のように軍人恩給で悠々自適の生活ができるわけではない。  こ

  • 春暁を律詩に変えて...

    美少女 二次元不覚液晶 処処聞電子的歌 夜来愛音楽笑声 現実遠方知多少 《書き下し文》 二次元 液晶を覚えず 処処 電子的歌を聞く 夜来 愛音楽笑の声 現実 遠ざかること知る多少 電子的歌➞ボカロ曲 愛音楽➞ラブライブ ←これわかった?? 笑➞矢澤にこ ←こんなの絶対わかんないと思うʬʬʬ 《現代語訳》 二次元を見ていると液晶の存在を忘れてしまう あちらこちらからボーカロイドの声が聞こえてくる 昨

  • 伊賀山人回顧録(富士編その1:49歳)

     平成12年(2000年)、伊賀山人49歳は、静岡県駿東郡小山町須走にある某学校に着任した。  ここでの職務は、火器・車両・弾薬・化学・航空機材などの補給整備管理である。  ここでも、2年間勤務することになった。  【須走官舎から望む富士山 H12.3月】  須走は、富士山の裾野、海抜800mに位置する高原である。  そのため、宝永山が大きく見えるし、蟻の行列のように富士山に登る人々の数も数えられ

  • 伊賀山人回顧録(再び仙台編その2:48歳)

     平成11年(1999年)、伊賀山人48歳の仙台での生活は、2年目に入った。  病状に改善は見られないものの、身体の方が慣れたのか、黄疸が出ることもなく小康状態であった。  この当時、これといって効果のある薬などはなく、グリチロンやウルソといった甘草由来の漢方薬のようなものを服用していたが、何年経っても炎症は治まらず気休めにもならなかった。  【事務所にて H11.3.29】  この職場では、課業

  • 謹賀新年

     謹んで新年のお慶びを申し上げます  皆様方の本年益々のご多幸をお祈り申し上げます  引き続き弊記事ご笑覧の程、宜しくお願い申し上げます    皇紀2677年元旦                  伊賀山人敬白   元日寄故人  夜半鐘聲除夕徂  瑞雲淑気滿屠蘇  千門萬戶曈曈旦  旭日入閨照一隅

  • 年末御挨拶

     本年は、弊ブログにお付き合いを頂き有難うございました。  明年も何卒宜しくお願い申し上げます。  読者各位には、どうぞ良い年をお迎えください。   平成28年大晦日                     伊賀山人敬白     山人除夜作  伊賀寒燈獨不眠  寸心何事轉悽然  波濤萬里思病客   霜鬢明朝又一年      【訓読体】    山人(さんじん)除夜の作   伊賀の寒燈(かんとう)獨(

  • 懺悔文(さんげもん)

     懺悔文(さんげもん)とは、華厳経四十巻本の普賢行願品から採った偈文(げもん)であり、懺悔偈(さんげげ)とも呼ばれている韻文で、仏教各宗派の在家信徒が日常の読経に用いているものです。  この偈文は一見、漢詩の七言絶句のような体裁をとっていますが、平仄・押韻などは近体詩の形式にはなっていません。  ただし、各句内の語句の切れ目は、漢詩と同じく2字2字3字となっているので、読み下すのはさほど難しくはあ

  • 風船葛(フウセンカズラ)

     伊賀山人フラワーパークにも日々秋が深まってきました。  夏に涼をもたらした風船葛園も穏やかな秋の残照に照らされています。  【風船葛園】  風船葛の果実は、サクランボのように、その多くが二個寄り添って実ります。  【二個寄り添う風船葛】  風船葛の種は、直径5mmほどの黒くて小さな球状のものですが、その表面に白いハートの模様があるのが特徴です。  【風船葛の種子】 花言葉は、「一緒に飛びたい」

  • 「明日に架ける橋」の漢詩的考察

     【怒涛逆巻く激流に架かる橋】  漢詩の多くは、「起・承・転・結」で構成されています。  古来、この構成が最も多くの人の心に響くと言われており、他の詩歌や文章などでも起承転結になっているものが少なくありません。  今回は、洋楽の「明日に架ける橋」を一例として考察します。  「明日に架ける橋」は、サイモン&ガーファンクルが1970年に発表した楽曲で献身的友情を詠ったものです。  原題は、”Bridg

  • 朝日に映える秋櫻

     今朝の、「伊賀山人秋櫻大花園」の景観です。  秋櫻は、春の桜とは異なり一挙に満開にはならないようです。  20日前に咲いた花は既に散ってしまいましたが、今でも多くの花の中に蕾もあり、この状態が一箇月以上続くようです。   擬山中問答                     問余何意棲碧山,  笑而不答心自閑。  秋櫻流水杳然去,  別有天地非人間。  近からば手折りて採らむ旅人の心に残る秋櫻花

  • 山行(杜牧)

     【杜牧 山行詩一首 王志慧(上海)書】  朝夕、めっきり涼しくなり、ハイキングシーズンの到来となりました。  本日は、「山歩き」をテーマとした漢詩を一首ご紹介します。  詩題は「山行」、つまり「山歩き」という意味です。  作者は、晩唐の詩人杜牧です。  晩唐期の詩風は、唐王朝の衰退した世相を反映して、美辞麗句に偏った自己満足的かつ感傷的なものが多くなっています。  しかしながら、この杜牧は例外的

  • 秋分の日の秋桜

     【秋桜(コスモス)と紋白蝶(モンシロチョウ)】  伊賀山居のコスモスガーデンは、先日の台風襲来により、花の大半が倒れてしまいました。  しかし、台風一過の秋空の下、一度は倒れたコスモスも次々に立ち上がりつつあります。  今日は、陽春を思わせる気候にも恵まれ、既に立ち上がった秋桜(波斯菊)の花に誘われて紋白蝶(菜粉蝶)が遊びに来ました。  雨にも負けず風にも負けず、健気に咲き誇るコスモスの花言葉は

  • 中秋の名月

    【月と仙女と兔】  陰暦8月15夜の満月を「中秋の名月」と称して観賞する「お月見」の風習は、元々は、唐代に始まった習俗と言われています。  日本では、平安時代にその習俗が伝わり、先ず貴族社会の中から始まって、江戸時代になって徐々に民間へも広まり、現在では、全国津々浦々に、ススキの穂のほか月見団子やサトイモなど満月を連想させる丸いものを供えて、月を見る習慣が定着しています。  なお、日本では「中秋」

  • コスモスの花

     伊賀山人の花園に、今年初めてのコスモスが一輪咲きました。   大波斯菊詞   (コスモスの詞)  萬緑叢中紅一点 (一面の緑の中にただ一つ紅い花が咲いている)  動人秋色不須多 (人を感動させるためには秋の景色に多くのものは必要ない)  人生似旅過叢中 (人生は草叢の中を行く旅のようなものだ)  幸福必在苦難傍 (苦難のすぐ傍に幸福は必ずある)

  • 茉莉七仙女

     【茉莉七仙女の開花前の姿】  「茉莉七仙女(モーリーチーシェンニー)」とは、大陸福建省福安で作られていた工芸茶の一種で、ジャスミン緑茶の商品名です。  販売時には、上記画像のように茶葉を丸めた団子のような形をしています。  これを、耐熱グラスに入れて、熱湯を注ぐと、茉莉(ジャスミン)の花が七つ繋がって、ふんわりと立ちあがります。  グラスの中で、七つのジャスミンがふんわり咲いて、ふわふわ綺麗にゆ

  • 人生不可解

      【巌 頭 之 感】  明治36年(1903年)5月、一人の16歳の旧制一高生の死が、若者達をはじめ社会の人々に大きな衝撃を与えました。  彼の名は、藤村操。  日光華厳の滝に身を投げる直前に、巌頭の大きな水楢(ドングリ)の樹肌を削って墨書した文章が、上掲の写真の「巌頭之感」で、次のように書き残されていました。                   巌頭之感 悠々たる哉天壤、遼々たる哉古今、 五尺

1 2