• 帰りの道中

    こんばんは 今日も一日お疲れさまでした 独り旅、帰りの道中 復路も新幹線+フェリー またまた倹約です!(でも別ルート) 新幹線ひかり444号『小倉をでますと、次の停車駅は広島です』とアナウンスされてましたが ハルはここで降車 新大阪行きひかり444号バイバイ〜 そして足ばやにフェリーに乗り ↓↓↓↓↓のルート 途中、橋の下を通過してパシャリ! (ヘタです!風も強くてさらにブレブレ) 日中はハードス

  • 独り旅

    今週も一週間お疲れさまでした 今日は⁉︎昨日は‥ですよね^^; お仕事帰りから週末のはじまりです 今週末は急遽! お仕事+プライベート+家族の諸事情 プチ遠出します フェリーからの1枚 車で移動するわけでもないのにフェリー⁉︎ 倹約です(^。^) ↓↓↓↓↓こんなルート(笑) フェリーの甲板から1枚 とびしま海道⁉︎のはずですが‥真っ暗です(~_~;) (いつかは車で⁉︎通る予定‥) そして その

  • 今治

    有休使って、愛媛の今治に行ってきました。 今回の旅行で四国も残すところ、徳島のみ行ったことがない状態になりました。 今治を選択した理由としては「しまなみ海道」を渡ってみたかっただけとなります。 ただし、この日は香川経由で四国に上陸したため、「しまなみ海道」は通らずです。「しまなみ海道」は翌日のお楽しみということで、今日は「今治城」と今治の海岸から見た「しまなみ海道」のみで。

  • 高地性集落から二大勢力が存在した根拠を示す!!②

    高地性集落の分布変遷 各時代の分布変遷 ではどのような分布変遷を辿ったか見てみよう。 ①高地性集落第2次 瀬戸内、近畿、九州北部にまばらに出現する。   ②高地性集落第3次 東部瀬戸内、西部瀬戸内、近畿を中心に広がる。 ③高地性集落第4次 東部瀬戸内、近畿が中心。近畿の高地性集落が増加する。   ④高地性集落第5次 ・近畿の高地性集落が内陸に展開する ・西部瀬戸内で再び増加。しかしながらすぐに消滅

  • 来月、広島県の尾道と鞆の浦へ

    広島県尾道 せっかく日本に帰ってきているので、 日本の美しい街や港町、海、そして、細い路地や急な坂道を見たいんです。 瀬戸内海の美しい島々を見渡したいんです。 来月、尾道と鞆の浦(とものうら)へ行ってきます。 当然、大林宣彦監督の「尾道三部作」は 事前に見ておかなきゃいけないでしょうね! 「転校生」! 「時をかける少女」! 「さびしんぼう」! 原田知世や富田靖子は 一体どんなだったんだろう? 何十