• 送り火迎え火・盆灯籠・玉菊灯籠

     迎え火  迎え火  江戸では身分の高い武家や筋目の高い町家では、魂迎えをするために、各々の檀那寺へ行きます。墓前に灯火をささげ礼拝をして、まるで生きた人を迎えるように、家紋のついた弓張提燈をともして道の上を照らし、魂迎えをしました。  一般の町家では、主人が着流し羽織姿で、家の者と一緒に玄関までお迎えをします。その際、門口では焙烙(ほうろく)の上に苧殻(おがら)をのせて焚きました。これを迎え火と

  • お祭り

    4日間にも渡る。 この地域のお祭りが。 ようやく終わりました。 300年以上も続く。 農民発祥のお祭りです。 だからこそ必ず。 雨のお恵みがあります。 それすらも。 お祭りの醍醐味です。 初日は夜の民謡流しから始まり。 残る3日間は。 昼間は子供たちの山車が。 各町内ごとに町を練り歩き。 夜になると。 大人たちの灯籠が深夜まで。 各町内ごとに町を練り歩きます。 朝から深夜まで。 笛や太鼓が鳴り響き