• もう ぬげない

    もう ぬげない ブロンズ新社 本 あらすじ 「ぼく」は、お風呂に入るために1人で服を脱ごうとします。けれど、首のところが頭につかえて、どうしても、脱げない。いろいろ試行錯誤したけれど、脱げなかったモノで、このまま脱げなくてもいいんじゃないかと考え始めます。脱げなくても、きっと立派な人になれるとか、同じように脱げない子どもと友だちになったらこんな風に遊べるかもしれないとか。それもいいかも!なんて一時

  • 「うんこ!」

    今日の絵本 うんこ! 文溪堂 本 あらすじ  道ばたで置いてきぼりされてしまった犬の「うんこ」。道行くいろいろな動物たちとの会話がとても楽しい。「うんこ」のことを動物たちはみんな、「くっさーい」と、いらないもの、じゃまなもの扱いします。「うんこ」は「ふんっ」「くっそー!」と、落ち込むことなく、仕方なく頑張って前に進んでいきまが、最後に出会った人だけは、うんこの良さや長所を認め、うんこを喜んで連れて