• 牛、来たる

    ついに… 来てしまいました… 牛です。 ジャージーのメス孕み2頭、茶色いほうがココちゃん、白い方がねねちゃんです。 2匹とも母校の蒜山にある酪農大学校からきました。 ねねちゃんのほうがおばあちゃんで、もう8歳、人間でいうと40~50くらいの壮年期です。 ねねちゃんは大人しい性格で、よくココちゃんに餌を奪われています。 牛の世界では年功序列は通用しません。 力がすべてです。 でも優しいこなので、慣れ

  • 牧場の風と共に

    牧場を眺めながら 上蒜山 高原の風と共に サラリとすり抜ける感覚 放牧されている時の牛を眺め これまでの 自分の生活を回想するひととき モグモグ食べて モ~っと横になって ノソノソ歩いて またモグモグ・・・ 日頃から 退屈という感覚を持たない 私にとっては 至福の放牧時間 蒜山 つかぬ間の放牧時間 艶やかな牛たち 柵内でも 青空の下で解放される瞬間は 良いですね 次は山頂へ(^^)♪ …♪

  • ファミリーキャンプのお話

    かれこれ、ファミリーキャンプを始めてから13年目~ この間、一回だけ他のキャンプ場に行ったのですが、 それ以外はずっと同じ場所に行っています。 八ヶ岳が見える絶景の場所です。 目をつぶると、沢山の思い出が写し出される切ない場所でもあります。

  • 新冠(サラブレット銀座)

    北海道新冠(にいかっぷ)にあるサラブレット銀座 サラブレットが放牧されています。 ここは、多くの競馬ファンや重賞で活躍した多くのサラブレットも存在する場所。 そのサラブレットたちが大活躍しそのすばらしい血統を残す大切な場所。 たくさんの牧場が点在し、競走馬関連のモニュメントや施設・石碑があります。 競馬ファンだけではなく、多くの観光客が訪れています。 サラブレット銀座通りといいます。

  • 動物への感謝

    明日は月に一度の乗馬に行きます。沖縄本島の南城市にある「うみかぜホースファーム」です。いつもは牧場で並足や駆け足の練習から牧場の外周散歩に出かけ軽い馬の世話もします。 牧場には与那国馬の他に犬、猫、沖縄ヤギ、アヒル、ニワトリなど多数の動物が住んでいて、全ての動物がとてもフレンドリーです。動物好きには堪らない牧場なんですよ! 今回は牧場から飛び出して百名ビーチで与那国馬と夏限定の海馬遊びをします。与

  • 服部牧場

    天気の良い、ちょっと暑い休日。 服部牧場に行ってきた。 馬みて。 羊とふれあって。ちょっとヤギと羊の違いがわからなくなってきた。。。 なぜか柵の外にいる羊ともふれあって。どうやって出たの!? 写真は無いけど、他にも牛やロバなどもいるよ。 もちろんふれあいました♪ 最後にアイスクリーム工房でお決まりのソフトクリーム! 牧場のソフトクリームは特別美味しく感じますなぁ♪ 実際に美味しいんだけどね!

  • ホースカントリー

    帰郷のあとの帰路。 そのまま帰るのもアレなので、嫁が見つけたホースカントリーへ。 入り口には『金の馬像』が!! 写真で気付いたのですが、この金馬のってもOKでした。(怪我のないようにね) で、受付の方で吠えていた犬。 最初は、繋がれてなかったのでチョット戸惑いましたが、 どうやら受付の位置を教えてくれていたようで、近づいたら吠えるのをやめ受付に案内してくれました。 利口な犬です。 受付を済ませて、

  • 磯沼ミルクファーム

    娘を連れ家族で行ってきました。 牧場の存在は知っていましたが、初めてきた。 ここが正面の入り口っぽいけど、他にも数カ所入り口らしきものがありました。 案内図。この日は放牧場から入ったので裏口かな? ちい散歩来たのかな???そーいえば、鉄腕DASHの0円食堂も来てたなぁ。 放牧場側から入ったので、茶色い牛とか何頭かみましたが、 この模様が一番「うし」って感じがする。うっしっし。。。 やはり牛は可愛い

  • 87 CLOCKERS 5巻

    87 CLOCKERS 5巻 を電子書籍化。日本ではマイナーなオーバークロックがテーマのマンガ。前巻で主人公をオーバークロックの世界に引き込んだ女性 ハナが親族から半ば強制的に金持ちの二男と結婚させられそうになったので液体窒素を使った極冷のオーバークロックをしている牧場に逃げたところで終了。今巻では、上海で行われる3Dベンチマークの世界大会に出るために牧場主と共にベンチマークをとるところからスター