• 弓太郎、中国人留学生を受け入れる

    謝花達と共に奔走した 自由民権運動に 挫折した弓太郎は 再び下宿屋の親父に戻ります。 ある日、そこを尋ねたのが、 大アジア主義者で民権運動の 闘士でもあった、頭山満です。 頭山は弓太郎が 下宿屋を営んでいる事を知り 「中国人の留学生を 受け入れてくれないか?」 と頼みにきたのです。 当時の日本には、 明治維新を学ぶとして 1万人という中国人が 渡ってきていました。 しかし、いきなり1万人もの中国人

  • 弓太郎、県知事を殺害しようとして謝花昇に止められる

    明治31年、台湾で警察官として 先住民討伐に参加し 負傷した新垣弓太郎は 一度沖縄に帰り、再び上京して 東京で下宿屋を開きます。 そこにやってきたのが沖縄で、 奈良原県知事と対立していた 沖縄県人の謝花昇(1865~1908)です。 謝花は沖縄の自由民権運動の提唱者で 沖縄県民にも参政権を与えよという 運動していました。 二人は沖縄出身という事で 意気投合ここで弓太郎は 初めて自由民権運動 という

  • 薩摩をびっくりさせた琉球の馬術の名人

    琉球が薩摩に敗れた後の事です。 八重山に仲黒馬という名馬がいるというので 薩摩藩主、島津家久は琉球に 馬を護送するように命令しました。 しかし、この仲黒馬、気性が荒く 誰にも乗りこなせません。 ただ、1人、武芸者の野国親雲上宗保だけは、 この仲黒馬を乗りこなせたので、 護送官は宗保に薩摩まで来てくれるように依頼します。 薩摩では、名うての調教師が待っていましたが、 この仲黒馬、無限のスタミナで 何