• 2017/1/17 ユーロ円 環境認識

    ■4時間足 親波から引き直しました。 現在、親波のネックラインにいるのでここを4時間足の確定で下抜ければ、戻り売りができるのかなと考えています。 一方、週足ラス戻り(青のライン)を上抜けた場合、押し目買いができると考えています。 ドル円と比べると随分分かりやすいと感じます。 ■目線 MN1↓ W1↓ D1↑ H4↓ ■シナリオ ①ネックライン下抜け後の戻り売り ②週足ラス戻り上抜け後の押し目買い

  • 2017/1/17 ユーロドル 環境認識

    ■4時間足 上から3つ目のピンクの水平線は、日足の親波のラス戻りで且つ61.8%戻しの水準です。 トレンドラインを抜けこの水準を試しにいきましたが、上に抜け切れず下げてしまったところです。 ラス戻りを上抜けるなら、小さい押し目から買いができそうです。 一方、トレンドラインの下に潜ってくるようだと、親波のネックラインまで狙っていけるのかもしれません。 ネックラインまで下げてきたら、押し目買いができる

  • 2017/1/17 ドル円 環境認識

    ■指標発表 ■金融市場休日 23日(月) NZ:Wellington Anniversary Day 26日(木) 豪州:Australia Day Holiday 30日(月) NZ:Auckland Anniversary Day ■その他 ■4時間足 直近の安値を下抜けると日足レベルで上昇トレンドが崩れて下降トレンド転換になり、下げが加速するのかなと考えています。 一方、上側の紫太線がWボト

  • 2017/1/16 ユーロ円 環境認識

    ■日足 長い上昇トレンドが出ていて、ちょっと小休止というところでしょうか? 上側の青ライン(週足のラス戻り)を再度目指して力を蓄えているとも言えるかもしれません。 ■4時間足 トレンドラインの外に出るときにちょうどネックラインを上抜けて押しが入ったところです。 ここから第3波が出るものと考えられます。 ■目線 MN1↓ W1↓ D1↑ H4↑ ■シナリオ ・短期足で切り下げライン抜けからの買い

  • 2017/1/16 ユーロドル 環境認識

    ■日足 日足では上昇トレンド(第3波)が発生していますがラス戻りを抜いていないので、まだ下降トレンドは崩れていないとみています。 ラス戻りを突破すれば、その一つ上のネックラインまでは目指すのかなと考えています。 (第1波の大きさからして、もう少し上は目指せるのかもしれませんが) ■4時間足 現在上昇フラッグを形成しているところだと考えられます。 このフラッグ(ラス押し水準)抜け後の押し目買いを狙い

  • 2017/1/16 ドル円 環境認識

    ■指標発表 ■金融市場休日 16日(月) 米国:Martin L. King Day 23日(月) NZ:Wellington Anniversary Day 26日(木) 豪州:Australia Day Holiday 30日(月) NZ:Auckland Anniversary Day ■その他 ■日足 Wトップのネックラインを下抜け戻りが入り、ラス押しを下抜けました。 日足はトレンドレス状

  • 2017/1/13 ユーロ円 環境認識

    ■4時間足 トレンドラインの外に出て、親波のネックラインを上抜けようとしています。 4時間足で上抜けが確定すれば、押し目買いが狙える場面と考えています。 一方、下方向のケアとしては矢印で示していませんが、親波の安値を下抜けたら戻り売りですが、ウォルフターゲットラインもあるので、それも抜けてからかなと考えています。 ■目線 MN1↓ W1↓ D1↑ H4→ ■シナリオ ・ネックライン上抜け後、短期足

  • 2017/1/13 ユーロドル 環境認識

    ■4時間足 上から2つ目の紫がラス戻りのラインになります。 ここを実体で抜け切れず下げていきました。 現在、レンジの上付近にいて押し目が狙えるような気がしますが、ラス戻りを実体で抜いていない以上、ここからの買いはしにくいのかなと考えています。 1時間足で見ると分かりやすいのですが、むしろWトップを付けて、戻りを取りに来ているような動きです。 ラス戻りを抜け切れず、ウェッジのライン付近にいて、Wトッ

  • 2017/1/13 ドル円 環境認識

    ■指標発表 ■金融市場休日 16日(月) 米国:Martin L. King Day 23日(月) NZ:Wellington Anniversary Day 26日(木) 豪州:Australia Day Holiday 30日(月) NZ:Auckland Anniversary Day ■その他 本日13日の金曜日、雇用統計の日でないがイエレンさんの発言あり。 ジブリの法則発動で相場が荒れる

  • 2017/1/12 ユーロ円 環境認識

    ■4時間足 ラインを引き直しました。 日足のラス戻りを突破して上にいきたいところが、週足の下降の親波のラス戻りに抑えられて、その間でレンジになってしまっています。 そのレンジの中で4時間足は下降トレンドを作っているところです。 この4時間足の下降波を崩していくとするなら長い下ヒゲを付けた足がポイントとなり、この高値抜けくらいから上が狙えるのかなと考えています。 その頃にはトレンドラインの外にも出て

  • 2017/1/12 ドル円 環境認識

    ■指標発表 ■金融市場休日 16日(月) 米国:Martin L. King Day 23日(月) NZ:Wellington Anniversary Day 26日(木) 豪州:Australia Day Holiday 30日(月) NZ:Auckland Anniversary Day ■その他 ■4時間足 またラインを若干いじっています。 トランプ次期米大統領の記者会見で上下に激しく動きま

  • 2017/1/11 カナダ円 環境認識

    ■4時間足 トレンドラインの上に潜ってくれば、Wボトムの形を作っているのでネックライン上抜け後の押し目が拾えそうです。 ■目線 MN1→ W1→ D1↑ H4↑ ■シナリオ ①Wボトムのネックライン上抜け後の押し目買い ②紫太線下抜け後の戻り売り ③ピンク太線下抜け後の戻り売り

  • 2017/1/11 ユーロポンド 環境認識

    ■4時間足 ようやく、押し目の有力候補と考えられる水準まで落ちてきました。 ■目線 MN1↑ W1↑ D1↑ H4↑ ■シナリオ ・紫太線からの押し目買い

  • 2017/1/11 ポンドドル 環境認識

    ■4時間足 ようやくフラッグ抜けの水準近くまで戻してきました。 売りが狙える場面に近づいてきたのかもしれません。 ■目線 MN1↓ W1↓ D1↓ H4↓ ■シナリオ ・下降フラッグを抜けたラインからの戻り売り

  • 2017/1/11 豪ドル米ドル 環境認識

    ■4時間足 下降の親波の61.8%戻しの水準で抑えられています。 ここを抜ければ上に伸びそうに思われます。 一方トレンドラインを下抜けてしまうと、直近安値か親波のラス戻りまで下げていくのかもしれません。 ■目線 MN1↓ W1↓ D1↓ H4↑ ■シナリオ ①下降の親波の61.8%戻しの水準上抜け後の押し目買い ②トレンドライン下抜け後の戻り売り

  • 2017/1/11 豪ドル円 環境認識

    ■4時間足 前回よりラインをいじくっています。 上に抜けていきそうな感じなのですが、切り下げライン、チャネルラインを引くと、ここから折り返しそうにも見えます。 上に上昇の大親波のネックラインがあり、下降の親波の61.8%のラインがあるのでむしろ下げやすい状況なのかもしれません。 昨日と見方が変わってしまっています。意外と難しいと感じています。 ■目線 MN1→ W1→ D1↑ H4↑ ■シナリオ

  • 2017/1/11 ポンド円 環境認識

    ■4時間足 紫太線を下抜けた時点で下降トレンド転換とみると、ここへ戻りを付けにくるか、その下のピンクのラインで反転して落ちていくのかなと考えています。 Wボトムのネックライン抜けをするかどうかで判断したいと思います。 ■目線 MN1↓ W1↑ D1↓ H4↓ ■シナリオ ①Wボトムのネックラインを上抜けた場合、押し目から限定的に買い ②トレンド転換水準で売り ③Wボトムネックラインを上抜けできなか

  • 2017/1/11 ユーロ円 環境認識

    ■4時間足 高値を超えることができず切り上げラインを少し抜けて押しが入ったところです。 売りが狙えるのかもしれません。 ■目線 MN1↑ W1↑ D1↑ H4→ ■シナリオ ①切り下げライン下抜け後の戻り売り ②親波安値下抜け後の戻り売り ③親波高値上抜け後の押し目買い

  • 2017/1/11 ユーロドル 環境認識

    ■4時間足 直近では2回上を試したものの抜け切れずで、トレンドラインの外に出てきました。 戻りを待って売りができるかもしれません。 一方再度直近高値を試して超えていけば、あまり大きくは狙えないものの押し目買いができそうかなと考えています。 ■目線 MN1↓ W1↓ D1↓ H4↓ ■シナリオ ①トレンドラインへの戻りからの売り ②直近高値上抜けの押し目買い

  • 2017/1/11 ドル円 環境認識

    ■指標発表 ■金融市場休日 16日(月) 米国:Martin L. King Day 23日(月) NZ:Wellington Anniversary Day 26日(木) 豪州:Australia Day Holiday 30日(月) NZ:Auckland Anniversary Day ■その他 ・12日(木) 午前1時 トランプ次期米大統領記者会見 ・ハード・ブレグジット懸念? ■4時間足

1 2 3 4 5 ... 11