• 2017/2/27 ユーロ円 環境認識

    ■週足 現在の下降波が上昇の親波の第3波起点(黄色〇)でひっかかっているように見えます。 ここを下抜けば大きく下落することが考えられます。 ■日足 黄色〇の節目をつけた大きな波が2階建てで成り立っていると考えると、現在の1階の玄関にいると言えるのかもしれません。 この下降波も第1波のほぼ200%達成していて、週足の第3波起点にいると考えると、上方向の狙いも考えられます。 日足レベルのざっくりのイメ

  • 2017/2/27 ユーロドル 環境認識

    ■週足 直近の親波の第3波起点とネックラインだけラインを引きました。 親波の第3波起点の下にもぐってネックラインまで下落したところです。 ■日足 黄色〇が第3波の起点です。 左から下降の親波、調整波、直近の推進波の第3波。 調整波、直近の推進波ともに第1波の長さの2倍を達成しているので、一応の目標達成といえるかもしれません。 日足レベルのざっくりのイメージとしては、週足の第3波を上抜ければ押し目買

  • 2017/2/27ドル円 環境認識

    ■指標発表 ■金融市場休日 3月20日(月) 日本:春分の日 ■その他 ■週足 下降トレンドから緑▽のラス戻りをブレイクしてラス戻りの水準まで落ちてきました。 週足の20SMAにちょうどタッチしたところなので、このSMAやラス戻りの水準で支えられWボトムの形が出てくるようだと、そろそろ切り返してくるのかなとも考えられます。 一方ラス戻りの水準を下抜けると、大きく下げていく動きになるのかもしれません

  • 2017/2/24 ユーロ円 環境認識

    ■4時間足 赤丸が戻り売りのポイントだったと思いますが、思ったより下に伸びていません。 一番下の青のラインは週足レベルでのラス押しと考えると、明けの明星のパターンによってこれ以上下はないという風にも感じています。 下方向に動きづらいなら上ということで、トレンドラインの外にも出ているので、チャートパターンを作ったり、上昇トレンド発生後の押し目買いが狙えるのかなと考えています。 ■目線 W1↑ D1↓

  • 2017/2/24 ユーロドル 環境認識

    ■4時間足 右の緑丸のラス戻りを上抜けし、押しを取って右側の赤丸を上抜けたので上昇トレンド転換しました。 ただ、この伸びしろも左の赤丸の下降トレンド転換したポイントで抑えられる可能性があります。 左の赤丸の水準到達や、トレンドライン抜けのタイミングで、Wトップなどのチャートパターン、あるいは下降トレンド発生後の戻り売りが狙える可能性があるのかなと考えています。 本日は金曜日なので、その形を作るとこ

  • 2017/2/24ドル円 環境認識

    ■指標発表 ■金融市場休日 3月20日(月) 日本:春分の日 ■その他 ■4時間足 緑丸がラス押しあるいはラス戻り、黄色丸が第3波の起点、赤丸がトレンド転換点とみています。 赤丸を抜けたところからのブレイクや押し戻りを待つ場面なのかなと考えています。 目線 W1↓ D1→ H4→ ■シナリオ ①上の赤丸のブレイクで買い ②①の押し目買い ③下の赤丸のブレイクで売り ④③の戻り売り

  • 2017/2/23 ユーロ円 環境認識

    ■4時間足 すでに下げ始めていますが、下降ダウ転換したポイントに戻りを取って再度下降していくのかなと推測されます。 一番下の青のラインは週足レベルでのラス押しと考えられ、上昇波の半値でもあります。ここは強いラインとみていて、下げても一旦このラインで止まるだろうと考えています。 ■目線 W1↑ D1↓ H4↓ ■シナリオ ・下降ダウ転換ポイントからの戻り売り。

  • 2017/2/23 ユーロドル 環境認識

    ■4時間足 一番下のピンクのラインが日足レベルの上昇波のネックライン&第3波起点なので相当強いラインとみています。 トレンドラインを引くとその外に出て、ラインを試しにきているようにも見えます。 4時間足レベルで緑丸のラス戻りを上抜け確定なら、上方向も気にしていきたいと思います。 まずは様子を見たいと思います。 ■目線 W1↓ D1↓ H4↓ ■シナリオ ・様子見

  • 2017/2/23ドル円 環境認識

    ■指標発表 ■金融市場休日 3月20日(月) 日本:春分の日 ■その他 ■4時間足 緑丸がラス押しあるいはラス戻り、黄色丸が第3波の起点です。 現在、ラス戻りを上抜けたりラス押しを下抜けたりではっきりしない状況です。 目線としてはトレンドレスと見ていて、黄矢印のブレイクや緑矢印の押し戻りを待つ場面なのかなと考えています。 目線 W1↓ D1→ H4→ ■シナリオ ①上昇ダウ成立時のブレイクで買い

  • 2017/2/22 ユーロ円 環境認識

    ■4時間足 Wトップのネックラインを抜けて戻りを取りにきていると考えると、切り上げライン抜け、ネックライン水準、4時間足20EMA(紫)とのかい離を見ながら売りが狙えるかもしれません。(青矢印のシナリオ) もう一つは、日足レベルでの第1波終点ブレイクからの戻り売りです。(緑矢印のシナリオ) 気になるのは、週足では20SMAや38.1%の水準に来ていて、押し目ポイントともいえる水準に来ており、ドル円

  • 2017/2/22 ユーロドル 環境認識

    ■4時間足 戻り売りを狙いたいところです。 戻りのポイントを2つ考えました。 4時足でのラス押し(紫線)と、週足レベルの第3波起点(青線)の水準です。 切り上げラインを引いて抜けの水準との絡みでエントリー判断できればよいのかなと考えています。 ■目線 W1↓ D1↓ H4↓ ■シナリオ ①戻り売り(候補2つ) ②日足第3波ブレイク売り ③②の戻り売り

  • 2017/2/22ドル円 環境認識

    ■指標発表 ■金融市場休日 3月20日(月) 日本:春分の日 ■その他 ■4時間足 どうやら上方向を目指しているようです。 4時間足レベルでの上昇ダウが成立する水準からのブレイクと押し目買いが考えられます。 赤のラインのような動きは様子見と考えていましたが、上昇フラッグのような形になりました。 目線 W1↓ D1→ H4→ ■シナリオ 上方向だけですが、 ①上昇ダウ成立時のブレイクで買い ②①の押

  • 2017/2/21 ユーロ円 環境認識

    ■4時間足 日足のラス戻りと、4時間足のラス押しの攻防が続いているように思われます。 シナリオは基本的には、ラス押しかラス戻り抜けの上昇か下降のダウ成立時のブレイクと、押し戻りを考えています。 ピンク矢印は、下方向を狙う場合にWトップのネックライン抜けからの戻り売りを描いています。 ■目線 W1↑ D1↓ H4→ ■シナリオ ①上昇ダウ成立時のブレイク買い ②①の押し目買い ③下降ダウ成立時のブレ

  • 2017/2/21 ユーロドル 環境認識

    ■4時間足 昨日よりチャートが見えるようになりました。 昨日と変わらない部分もありますが、分かりやすく色分けしました。 基本的にどこで節目を付けるのか分かりませんが、赤のラインのような動きのところは様子見にしたいと思います。 黄色矢印の上方向は上昇ダウ成立時のブレイク、下方向は下降ダウ成立時のブレイクと、日足第3波ブレイクです。 緑矢印がブレイク後の押し戻りになります。 緑矢印を狙うほうが安全かも

  • 2017/2/21ドル円 環境認識

    ■指標発表 ■金融市場休日 3月20日(月) 日本:春分の日 ■その他 ■4時間足 親波のラス押しを下抜けたものの、その最安値を抜けていないので、トレンドレス(昨日の記事内容と認識が違っています。申し訳ありません)と解釈いたします。 すると、下方向はラス押しを抜きさった安値のブレイクで乗るのと、戻り売りが考えられ、上方向は現在の波のラス戻りをブレイクし、さらにその高値を抜いたところからブレイクで乗

  • 2017/2/20 ユーロ円 環境認識

    ■4時間足 次の節目まで到達したら戻り売りをするシナリオだけ考えました。 一番下の青のラインは週足レベルの上昇波の半値で、ラス押しかなと考えている水準なので、ここから反発する可能性があります。 ■目線 W1↑ D1↓ H4↓ ■シナリオ ・次の節目到達後の戻り売り

  • 2017/2/20 ユーロドル 環境認識

    ■4時間足 長考してしまったのですが、結局下図のシナリオしか考えることができなかったです。 日足レベルでトレンド転換する際の、ブレイクと押し戻りです。 現在の価格の位置からかなり離れているので、今週見送りかもしれません。 もう少し方向性が見えてきたら、シナリオを見直したいと思います。 ■目線 W1↓ D1↓ H4→ ■シナリオ ①上昇トレンド転換時のブレイクでの買い ②①の押し目買い ③下降トレン

  • 2017/2/20ドル円 環境認識

    ■指標発表 ■金融市場休日 2月20日(月) 米国:Presidents' Day 2月20日(月) カナダ:Family Day ■その他 ■4時間足 親波のラス押しを下抜けて下降ダウが成立したと判断すると、下降トレンド転換になり戻りをつけに来ていると考えられます。 目線 W1↓ D1→ H4↓ ■シナリオ ①下降トレンド転換したところからの戻り売り ②ラス戻り上抜け→上昇ダウ成立後の押し目買い

  • 2017/2/17 ユーロ円 環境認識

    ■4時間足 日足(下目線)vs 4時間足(上目線)の攻防が続いています。 足がそれぞれの20EMAに挟まれている状況です。 日足方向なら4時間足のラス押しを下抜けたところから戻り売り、4時間足方向なら黄色丸の水準を上抜けしたところから押し目買いかなと考えています。 ■目線 W1↓ D1↓ H4↑ ■シナリオ ①4時間足ラス押しを下抜け後の戻り売り ②黄色丸水準上抜け後の押し目買い

  • 2017/2/17 ユーロドル 環境認識

    ■4時間足 赤の矢印が昨日のシナリオのイメージですが、全然見当違いでした。 お恥ずかしい・・・ 現在どこで止まっているのかというと、下降の親波の半値付近です。 ドル円がちょうど日足第3波起点の重要なポイントにきていて、逆相関があると言われるユーロドルも重要なポイントに来ているということでしょうか? 現在の上昇波も第1波の1.618倍の長さで止まっており一応の目標達成と考えられます。 下方向のシナリ

1 2 3 4 5 ... 15