• 秋を先取(撮)り

    劇的・・・ 昨日の仙台育英の逆転サヨナラ。 こんなこともあんですね~ 興奮しました。 一息して、 いつもながらの田舎の一軒家のこと 朝夕、 初秋の風が吹き抜けています。 みなさんは、行楽の計画中でしょうか? こちらでは、もうすぐ黄金の絨毯に。 つい先日まで✿が咲いていたのですが、 台風以降は好天に恵まれ、 間もなく収穫期を迎えようとしています。 でも、のんびり構えていると大変。 すかさず雀さん。

  • 黒紫色の宝石? (ブルーベリー)

    小さい、黒紫色の粒。 ブルーベリーです。 紫色の、というより黒っぽい紫色。 すっかり熟しています。 美味しそうです。 魔法の筆さん云わく、「宝石みたい。」っと。 なるほど~ キラキラしてる。 混植のハーブの働きで、 虫害の粒がほとんど見当たりませんね。 甘酸っぱ~いです~ やっぱいブルーベリーだね。 魔法の筆さんの”宝石”へのリンクです。 いうもご訪問、ありがとうございます。

  • お盆休みゎね〜

    こんにちは お盆休みに入りましてね〜 予定していたので旦那さんの実家へ 今回は久しぶりの車でね チョコまんも一緒ですの(ᵔᴥᵔ) では、車中の様子ぉば( ̄∇ ̄) まだ道のりゎ長いよ〜 生まれも育ちも大阪 田舎 無かった うちでしたが… 旦那さんの実家 山形は酒田市 初めて田舎があるって良いなぁ〜〜って 感じたものです(*´ω`*) あれから何度 帰っただろう 感謝です(*´ω`*)

  • 守られている、小さな紫色の✿

    先日の豆の種類当てクイズ、 いかがでしたか? 今回は、最終ランナーの黒大豆の✿です。 勇壮な姿の葉柄のなかで、 ひっそりと小さな紫色の✿が。 奥の方、✿が見ますか? しっかり守られているようでしょう。 株の傍に、たくさんの✿を見つけました。 かん水すると、まるで天体望遠鏡のドームのように、 大きく葉柄を広げます。 黒大豆って雨が好きなんですね~ ホースでかん水すると、 こんなふうにポッカリ葉柄を広

  • 自然の””涼しさ””を求めて

    コンナところに・・・・ 裏山のヒノキ林の直ぐ側に、 新しく掘った穴がありました。 大きさは、 大人がうずくまって入れるくらいの楕円の筒状。 イノシシの寝ぐらです。 暑いときにはこの穴で、体を冷やしていたのでしょう。 冷たくて気持ち良かっただろうな。 付近にも古い穴があります。 上の写真の穴は右下です。 私たちは、こちら。 青ニラと柚子の香りで、 冷た~い素麺です。 台風5号による被害がなく、 ホッ

  • 暑いときにごめんね

    極暑でみなさんお疲れでしょう。 でも田舎の一軒家では 天の恵みに変えようと、がむしゃらです。 だから、暑い話題でごめんなさい。 先日もアップしましたが、 またまた灼熱処理の第二弾。 今度は、前回のビニールを再利用して キャベツ畑に移設です。  いつもながら牛ふん堆肥、ソバガラ、 炭酸苦土石灰、化成肥料をスキ込んで、 しっかり灌水しました。 勿論、灼熱処理が終わった場所には、 秋キュウリの作付けの準

  • 花火がチョコッと

    もうすぐ花火大会ですね。 こちらの田舎では、 ゴソゴソ林の中から、 ちょこっと白い✿ ボ~ン 咲いた跡が、なんとも質素です。 実はこれ、人参の✿です。 葉は雑草に隠れて見えません。 今の時期に咲いているのは、 ちと早いです。 風変わりな今年の気候の申し子ですね。 いつもご訪問、ありがとうございます。

  • <クイズ?>この豆さんの✿、なんという豆なの?

    みなさ~ん  こんにちは 魔法の筆さんとのリンクで豆シリーズを お届けしてまいりましたが、 ここで一息、 今までアップしたものですが、 さて、なんという豆でしょうか? 答えは次の中から探してくださいね。 ・黒大豆(くろだいず) ・夏小豆(なつあずき) ・ささげ ・エンドウ ・ソラマメ ・さやいんげん ※画像がないものが一つ含まれています。 ①煮ても、”あん”にもOK、完熟してお菓子にも ➁お赤飯に

  • あん、ぜんざいの源はこの✿・・・

    春からエンドウ、 ソラマメ、 いんげん豆、 ささげと続いてきました。 魔法の筆さんは絶妙の筆使いで、 女性ならではの感覚で描き上げられましたね。 一筆ごとに込められた 息遣いに感動します。 さあ、次は何でしょう? 皆さんがおなじみの おしるこやあんの原料になる小豆です。 今回は粒が小さいけど、極上のあんができる 夏小豆です。 黄色の✿は軸近くで、 群がるように、 しかも一斉に咲きます。 ジャ~ン。

  • ここだよ~と、ミツバチに呼びかけ

    大空に向かって、 まるでバンザイ”❢” ”❢” この小さなあ青色の✿は ささげです。 大粒の秋小豆とよく見間違えされます。 お祝い事に欠かせない赤飯の中に登場します。 一斉に咲かないので、収穫も 朝露が残っている間に、 熟したものから一さやずつ手作業でつみ取ります。 だから、小豆のように機械化できないです。 でも、つぶれにくいですね。 手がかかるから愛着が湧くのです。 ほら、鞘ができてる。 さあ、

  • しっかり、つかまって❢

    ジューン、ドロップだったかな? 柿の実がたくさん見えますね。 実がつきすぎたときには、 梅雨時に柿自身が調整します。 ジューン、ドロップとはこのことです。 少しお手伝いしないといけないかな。 これから大きくなろうとする幼果。 しっかりしがみついていて、 アンバランスなところも可愛いですね。 魔王の筆さんの柿も楽しみですね。 いつもご訪問、ありがとうございます。

  • この気持ち

    毎日が雑草との競争 今日も雨の降るなか、耕うんして雑草のすき込み作業です。 ヒザ上まで伸びた雑草も有機質肥料として 働いてほしいな。 周囲の農家の多くは除草剤オンリー。 畑の土の色を見ればどちらが良いか 一目瞭然です。 ところで、当地の今年の天気は 4月18日から6月17日まで☂マークは5日だけ。 二ヶ月で5日しか☂マークがない。 灌水はお・お・お仕事でした。 でも、 これ見て下さい。 高温で少雨

  • ぬ~~ん(*´ω`*)

    いつもご観覧ありがとうございます! 僕の住んでいるところは田舎なんです。 最近、明け方に目が覚めることが多く、 うろ覚えなんですが明け方にもヒグラシが鳴くんですね(#^^#) 大体は夕方に聞くものだと思っていましたが、なんだか不思議です。 夏限定の鳴き声なんでしっかり聞いときたいです(*^▽^*)

  • ミントの納豆作ってみよう

    久々の田舎です。 雨が降りそうだったけど、何とかもってくれた~ ミントがすごいことになってた! ミントで納豆ができると聞いたので、やってみよう。 そして、6月に植えて帰ったバジルは雑草の中でちゃんと大きくなってた。 これでジェノバソースを作る! ブルーベリーを2本植えてきた。来年はそれでジャムができますように。 三時間くらいしかできなかったけど、疲れた~ 今日の体重 75.4キロ

  • みずみずし~★★★い

    歴史の変わる一瞬。 都議会議員選挙でとても新鮮さを感じます。 さてさて、 ガラッと模様は変わって、 野菜がおいしいシーズン。 今回はレタスさんです。 新鮮で かっこいいスタイルで紹介しましょう。 ちょっと一輪車に乗ってもらいました。 根こそぎ抜いたら、根が少しだけ。。 葉も根もデリケートなのですね。 なにか、 大切な思いをを抱えているみたいです。 食卓では切らずに、くるくるッと そして、シャキッと

  • ほら❢ 隠れてるよ

    さて、何だろう? そう、今旬の野菜。 ピーマンです。 葉の陰に隠れています。 恥ずかしいのか? それとも、 日焼けがキライなのかな? 小さな✿ですね。 こんなところに、隠れてる。 出ておいで 生で頂いても、サクッっと さて、 魔法の筆さんとの今回の第二号リンク お出まし~ いつもご訪問、ありがとうございます。

  • カラスさん、今年は私達がお先に

    ビワが甘~い。 ブログのみなさんにはこちらをどうぞ。 も遅いかなとおもいつつ、 粒間引きと袋掛けしたビワが ★★★三星の美味しさです。 みずみずしく、今日も20個位食べたかな? あらら、 翌朝はいつもより早起きに・・・ 半月前はこんな感じでした。 さて、今回から魔法の筆さんとの三連リンクです。 おなじみのものでも、色々な顔が見られそうですね。 いつもご訪問ありがとうございます。。

  • もうすぐ終了!

    早いものであと2日。1カ月の娘の体験入学も終了です。 昨日の夕方電話をすると娘のクラスのお友達が宿題をするためにうちへ遊びに来ていました。 金曜日は、最後の日なので、クラスの女子がみんな遊びに来てくれるそうです。 毎年来ているとはいえ、学年が変わるとお友達が変わったりするので心配でしたが、みんな仲良くしてくれてありがたいです。 この地域は、小さな集落なので、子どもの数が少なく小学校は、一学年1クラ

  • 心弾む日、秘密のところにひっそりと

    待ちに待った✿ カキランが咲きました。 なるほど、柿のような色合いです。 私も初めての出会いです。 小さ花ですが、花弁が神秘的です。 草丈は40センチくらいかな これは4日前、開花始めです。 こちらは山芝。この葉と見間違いそうです。 近くにはこんな白い花がちらほら咲いています。 ここは、裏山の木漏れ日を受けるところ。 ほんとに、ほんとに ひっそりと咲いています。 秋になると近くには またまた楽しみ

  • しっかり手がかかります

     家庭で園芸を楽しまれるみなさん、 色々いじることって気持ちがいいですね。 今日はブドウの粒間引きのご紹介です。 「レモネードさん、見てくれてる?」 放置しておくと、 房はとんでもなく大きく、また長く とんでもないことになるので、 ギュットと引き締めましょう。 ということで、花が咲く前から花穂を切りつめますね。 それだけではダメ。 粒が多すぎ。 「じゃあ、いくつにするの?」 と聞かれて、 さあ、困

1 2 3 4 5 ... 10