• CT検査3

    癌宣告を受けて。 3回目のCT検査。 手術もなく。 抗がん剤も放射線もなく。 ランマークは半年やらず。 ホルモン療法と薬は。 夏からやっておらず。 全くの真っさら。 何もしていない状態。 この真っさら状態での。 初のCT検査。 唯一していることと言えば。 体を冷やさないってこと。 食べ物も気にしてないから。 体が欲するままに食べてる。 乳がんの天敵と言われる食品も。 やたら食べたくなるから。 欲望

  • 遠赤外線

    癌宣告を受けて。 真っ先に用意したもの。 それは。 遠赤外線の補整下着です。 遠赤外線。 体に良いのはみなさん。 ご存じかと思いますが。 やはりこれ。 効果はあると思いまして。 ご紹介させていただきます。 遠赤外線。 体を芯から温めます。 『冷えは万病のもと』 言いますからね。 血流を良くすることが。 最善であることは確かです。 ではなぜ。 体が冷えるのでしょうか。 体を冷やさない方法は。 食べ物

  • 癌になって

    癌宣告を受けたとき。 『来たか』と思いました。 予想外のステージ4と告げられ。 『来たな』と思いました。 でもその感情は。 決してマイナスのものではなくて。 『よし。スタートだ』という。 新たな人生を始める。 希望のようなものでした。 私。 変わってるんですね。 癌宣告を受けて。 そんな風に思う人なんて。 まずがいないと思います。 『変わった子』 『ヘンな子』 これは私の代名詞です。 物心ついたと

  • 検査結果2

    結論から先に。 変わりなし。 以上。 手術の話もどこへやら。 今まで通り。 注射と飲み薬の治療。 なんか。 いい位置にいるよな~って。 ずっと思ってたけど。 ホントにそう。 いい位置にいるよね私。 医学的見地は。 40代乳癌ステージ4。 手術もせず。 違和感を覚えて受診した。 健診からおよそ1年。 少なからず。 ガンは進行しているハズ。 転移があっても。 おかしくはない状況。 癌宣告を受けたときに

  • おっぱい

    159センチ。 48キロ。 これが私のベスト体重。 もともと。 必要以上に痩せてみられるから。 30を過ぎて。 痩せないように。 痩せないように。 というか。 何も気にせず。 食べたい物は。 食べたいだけたべてきた。 だって。 ベスト体重を下回ると。 貧乏くさく。 映っちゃうでしょう? 『健康運』を持たない私は。 『健康美』が憧れだから。 ホルモン療法を始めて。 おっぱいはしょぼくれた。 女性ホル

  • 雅ちゃん。 51歳。独身。 『婚活イベント3回主催する』 この“課題”が終わると。 雅ちゃんには。 ステキな男性が現れる。 そして結婚。 そして出産。 F氏もお墨付きのシナリオ。 なのに。 どうしたことか。 私の癌宣告と同時期から。 雅ちゃんには。 生理が来ない。 『子供できるの?』 雅ちゃんの不安材料。 そもそも。 医学的には。 すでに妊娠は。 不可能に近い年齢。 『ストレスじゃない?』 慰めて