• サービス提供者(主治医含む)には、謙虚に

    ぼくの主なサービス提供者 主治医のかた デイケアのかた トータルサポーターのかた 就労移行支援事業所のかた ハローワークの専門相談窓口のかた 相談支援専門員のかた 支援課のかた 就労継続支援A型事業所のかた

  • 相談支援専門員と支援課担当に報告

    A型就労継続支援で働くには また、障害福祉サービスを受けることになる あらためて、個別支援計画を立て 支援課の手続きが必要だ おふたりとも、悪い流れではないといっていた おふたりのお世話になるかは、体験しだいだとおもう 余談だが、親しくさせていただいていた支援課課長補佐のかたが、連絡のつかないところに異動したとのこと とても、残念なことだ

  • 結局、相談支援専門員は正論しか言わなかった

    きのうは、就労移行支援事業所 午後、相談支援専門員のかたのモニタリングがあった モニタリングの最後にデイケアについて相談した デイケアに対する気持ちは、スマホのメモにまとめていた それを、相談支援専門員のかたに見ていただいた まず、すぐに環境を変えるのはよくない、徐々にと、おっしゃった つぎに、嫌だからやらないはよくない 会社にはいってからは、通用しない わがままではないが、無理を通すのはよくない

  • 「就労移行支援」データ入力はレベルの違いを感じ動揺、ピッキングは2コマ通しも安定

    きょうは、就労移行支援事業所 2コマ目に、データ入力を行った 左隣りの若い男性利用者のかたも 同じく、データ入力を行っていた 彼の入力スピード、電卓さばきは すごかった あっけにとられてしまい レベルの違いを感じ動揺してしまった しかし、ひとと比べてもしょうがない そう言い聞かせて作業を行った 記録は伸びず、現状維持 午後は、ピッキングを行った はじめての、2コマ通し レベルを上げているが 無難に

  • 「診察」デイケア3月いっぱいで終了させていただきたいと、青年主治医に談判

    きょうは、診察 ぼくの持論は「診察は報連相」 報告 1.1週間の通所実績もでき、フラッシュバックは治った 2.胃のムカつきもなくなった 3.睡眠について 平均10時間、朝スッキリ起きられない 試しに、フルニトラゼパムを1mgにすることになった 相談 1.「デイケア」記事に出来ない出来事について アドバイスをいただく 2.デイケアを3月いっぱいで終了させていただきたい 当初、センター長のかたとは、デ

  • 「就労移行支援」デイケア通所の件、担当に談判、相談支援専門員に一任された

    きょうは、就労移行支援事業所 朝、苦戦したが行けてほっとしている 朝礼後に、担当のかたにお時間をいただいた きのうの診察後に診察についてなどを電話で報告していたので、診察や体調については簡単だった 今回のことは、どう評価されるのかとたずねると 体力の問題だと捉えていると ぼくは、談判した 疲れの要因は、デイケアと就労移行支援事業所との変則的な通所ではないか センター長のかたや相談支援専門員のかたは

  • 相談支援専門員「サービス等利用計画案」「週間計画表」作成、支援課手続き終了

    きょう、地元の障害者生活支援センターにいってきた 相談支援専門員のかたのヒアリングにより、「サービス等利用計画案」と「週間計画表」が作成された 「サービス等利用計画案」 (利用しゃの生活に対する意向) 通所日数を週3から週5にしたいことが当面の目標 人と関わりながら一緒に仕事をすることをしたい 希望する職種は、配送やメール便等の仕分け等だか、事務系でも人と関わりながら出来る仕事があれば考えたい (

  • 「就労移行支援事業所」早合点、契約は支援課の手続きをしてから

    就労移行支援事業所、契約は、支援課の手続きがおわってからだといわれた まだ、正式にスタートが切れない 来週は、火曜日に行くことに 今週の金曜日に障害者生活支援センターを訪問 相談支援専門員のかたと「サービス等計画案」を作成 そのあしで、支援課にサービス利用の申請のため出向く 親しくさせていただいている、支援課の課長補佐のかたに無理を言って 手続きを4日で終わらせていただき (通常、最短でも10日)

  • 中堅就労移行支援事業所の期待できるスタンス

    せんじつ、就労移行支援事業所の再体験とセンター長のかたの面談があった マナー講座のとき わかい男性スタッフのかたが きっぱりとおっしゃった 就労移行支援事業所はスタッフと話をする場所ではありません 雑談や自分の話しを聞いてほしいはNGです 話しを聞いてほしければ 障害者生活支援センターにしてください (つまり、お世話になっている、相談支援専門員のかたのことだ、ぼくには、ハローワークのトータルサポー

  • いよいよだよ!ここまで来たことを讃えましょう「ここまでの流れ」

    12月24日(土) 主治医のかたに もういいかげんデイケアに通いたくないと相談したところ 無理やり通ってもらおうとはおもっていない 就労移行支援事業所に通いたい気持ちを止める権利はない 自己責任ということで許可する 先方には 就労移行支援事業所にステップアップしたい気持ちを尊重し 再発のリスクを承知したうえで許可すると伝えるようにと 12月27日(火) 就労移行支援事業所センター長のかたに電話 主

  • デイケア卒業できるのか⁉︎この所見てありなのか⁉︎就労移行支援事業所センター長のかたにどうおもわれるか?複雑な気持ちです、まずは、相談支援専門員のかたに相談です

    所見 まだ病状は不安定ではあるが 就労移行支援にステップアップしたい気持ちを尊重し 再発のリスクを承知したうえで許可する とのこと 自己責任だ クリスマスイブの診察で 報連相 もう デイケア行きたくない いいかげんにしてほしい と言ったら 主治医のかたは 無理矢理 通ってもらう とはおもってるいない とも しかし この所見 どう考えてもおかしい しかし 考えてもしかたない この問題を解決するには

  • 就労移行支援サービスの利用方法

    障害者総合支援法によるサービスのなかで、訓練等給付があります。 訓練等給付には「自立訓練」「就労移行支援」「就労継続支援(A型・B型)」「共同生活援助(グループホーム)」があります。 就労移行支援サービスの利用方法 1.相談      「支援課」また指定特定相談支援事業者「相談支援専門員」に相談し           ます。          サービスが必要な場合は「支援課」に申請します。 2.申

  • 相談支援専門員

    障害者生活支援センターでは地域で生活する障害のあるかたとその家族などに対する住まいや日常生活など暮らしに関する相談支援のほか、差別や虐待など権利侵害の通報や相談 も受け付けています。 また、障害のあるかたの自立と社会参加を促進するためや、教育や就労に関する相談や情報の提供、障害のあるかた一人ひとりに応じたサービスの利用援助などを行っています。 ぼくの区は全障害をひとつのセンターでうけています。 た