• 眠れない夜を超えて

    「鳴らない携帯」 本当は気持ちを伝えたいのに素直になれず、 いつも君のことを思い出しては、涙が止まらない。 新聞配達のバイクの音が 静けさの中を駆け抜ける。 唇も肌の温もりも、全てが愛しく思えて 言えなかったあの時に戻れるなら、 あのバラードを君に届けたい。

  • 眠れないのでブログ始めました

    本当はこんな時間まで起きていてはいけないんですが……たまにありますよね。睡眠導入剤がまったく効かないこと。 そういうときって、お布団のなかをひたすら転々悶々して、そうしてそのまま1時間くらい過ぎてしまったら、もう開き直って眠る以外の作業を始めます。 作業をしながら、寝入りばな、完全に意識が落ちるまでの数分間に、目を閉じてゆるゆると考えるにふさわしい話題を探します。明日の夕ご飯の献立とか、ポットに入