• 「眠れない夜のエンジェル13」ユノ×チャンミン

    ~~このお話は、真夜中に起きているあなたに贈る、真夜中のお話。 こんばんは、みなさん。 僕の名前はシム・チャンミン。 僕は、『眠れない人の悩みを聞くエンジェル』です。 今日も良い夜になりましたね。 僕は今から、東京都は港区で、子孫であるチャンミンのパートナーのユノ氏と、チャンミンの代わりに仕事をすることになったのです! ユノ氏が居酒屋の前で突っ立っています。 「ユノ氏、そこにいたら迷惑になりますの

  • 「眠れない夜のエンジェル12」ユノ×チャンミン

    ~~このお話は、真夜中に起きているあなたに贈る、真夜中のお話。 こんばんは、みなさん。 僕の名前はシム・チャンミン。 僕は、『眠れない人の悩みを聞くエンジェル』です。 今日も良い夜になりましたね。 僕は今、東京都は港区で子孫であるチャンミンの代わりに仕事をすることになったと思ったらユノ氏に遭遇したところなのです! 「な、え、あ……ちゃ、ちゃ、ちゃっ!」 タキシード姿のユノ氏が目を丸くして、ちゃちゃ

  • 「眠れない夜のエンジェル11」ユノ×チャンミン

    ~~このお話は、真夜中に起きているあなたに贈る、真夜中のお話。 こんばんは、みなさん。 僕の名前はシム・チャンミン。 僕は、『眠れない人の悩みを聞くエンジェル』です。 今日も良い夜になりましたね。 僕は今、東京都は港区で子孫であるチャンミンを探しているところなのです! この前のマンションかと思ったら違いました。 どうやら、この狭い路地裏から声が聞こえたようです。 あ!いました! なぜか道端に不自然

  • 「眠れない夜のエンジェル10」ユノ×チャンミン

    ~~このお話は、真夜中に起きているあなたに贈る、真夜中のお話。 こんばんは、みなさん。 僕の名前はシム・チャンミン。 僕は、『眠れない人の悩みを聞くエンジェル』です。 今日も良い夜になりましたね。 僕は今、南極大陸で、大陸の調査員ウィリアム・トッティ(27)の眠れない悩みを伺っているところなのです! 「ほんと、こんなに寒いと思わなかったんです」 ウィリアムは、視線をテーブルの上に落として、深刻な顔

  • 「眠れない夜のエンジェル9」ユノ×チャンミン

    ~~このお話は、真夜中に起きているあなたに贈る、真夜中のお話。 こんばんは、みなさん。 僕の名前はシム・チャンミン。 僕は、『眠れない人の悩みを聞くエンジェル』です。 今日も良い夜になりましたね。 僕は今、カリフォルニア州はロサンゼルスで、子孫であるチャンミンのナビを務めてはいるものの、なかなかミッションがインポッシブルなのです!ちなみに後部座席では、二人の男が苦しんでいるところなのです! 「ご先

  • 「眠れない夜のエンジェル8」ユノ×チャンミン

    ~~このお話は、真夜中に起きているあなたに贈る、真夜中のお話。 こんばんは、みなさん。 僕の名前はシム・チャンミン。 僕は、『眠れない人の悩みを聞くエンジェル』です。 今日も良い夜になりましたね。 僕は今、カリフォルニア州はロサンゼルスで、子孫であるチャンミンの車のナビを務めながら、真夜中のハイウェイをぶっとばしているところなのです!ちなみに後部座席では、二人の男が苦しんでいるところなのです! 「

  • 「眠れない夜のエンジェル7」ユノ×チャンミン

    ~~このお話は、真夜中に起きているあなたに贈る、真夜中のお話。 こんばんは、みなさん。 僕の名前はシム・チャンミン。 僕は、『眠れない人の悩みを聞くエンジェル』です。 今日も良い夜になりましたね。 僕は今、カリフォルニア州はロサンゼルスで、僕の子孫であるチャンミンを探しているところなのです。 「ご先祖様ーー!!」 いましたっ!白いバンの横で手を振っています。 「二週間ぶりくらいですね。お元気でした

  • 「眠れない夜のエンジェル6」ユノ×チャンミン

    ~~このお話は、真夜中に起きているあなたに贈る、真夜中のお話。 こんばんは、みなさん。 僕の名前はシム・チャンミン。 僕は、『眠れない人の悩みを聞くエンジェル』です。 今日も良い夜になりましたね。 僕は今、ポルトガルはリスボンで、カルロス・ジョアン二(57)の眠れない悩みを伺っているところなのです。 「俺は何度も言ってやったさ。あのりんごは雨に弱いぞって、でも仲間は俺の忠告を無視して始めちまった。

  • 「眠れない夜のエンジェル5」ユノ×チャンミン

    ~~このお話は、真夜中に起きているあなたに贈る、真夜中のお話。 こんばんは、みなさん。 僕の名前はシム・チャンミン。 僕は、『眠れない人の悩みを聞くエンジェル』です。 今日も良い夜になりましたね。 僕は今、東京都は港区で、僕の子孫であるかもしれないチャンミンの部屋の台所にお邪魔しているのら。 「それで、僕は言ったんです!もう寝た方がいいんじゃないですか?お体に障りますよって、でも天下統一がすっごい

  • 「眠れない夜のエンジェル4」ユノ×チャンミン

    ~~このお話は、真夜中に起きているあなたに贈る、真夜中のお話。 こんばんは、みなさん。 僕の名前はシム・チャンミン。 僕は、『眠れない人の悩みを聞くエンジェル』です。 今日も良い夜になりましたね。 僕は今、東京都は港区で、僕の子孫であるかもしれないチャンミンから、『眠れない悩み』を見せつけられているところなのです。 「チャンミン」 「はい」 チャンミンは顎に手を置いて、この口を開けて寝ている男を見

  • 「眠れない夜のエンジェル3」ユノ×チャンミン

    ~~このお話は、真夜中に起きているあなたに贈る、真夜中のお話。 こんばんは、みなさん。 僕の名前はシム・チャンミン。 僕は、『眠れない人の悩みを聞くエンジェル』です。 今日も良い夜になりましたね。 僕は今、自分の子孫であるかもしれない、もう一人のシム・チャンミンの「眠れない悩み」をまさに聞いているところなのです! 「恋を……してて」 もう一人のチャンミンが、ぽつぽつと語りだしてくれました。 「それ

  • 「眠れない夜のエンジェル2」ユノ×チャンミン

    ~~このお話は、真夜中に起きているあなたに贈る、真夜中のお話。 こんばんは、みなさん。 僕の名前はシム・チャンミン。 僕は、『眠れない人の悩みを聞くエンジェル』です。 今日も良い夜になりましたね。 僕は、今、東京都は港区にやってきています。 このマンションにどうやら眠れない人がいるみたいなのです。 思った通り、電気のついたこの部屋に、その人はいました。 コンコン!コンコン! 僕が窓硝子をノックする

  • 「眠れない夜のエンジェル1」ユノ×チャンミン

    このお話の続きは次回から深夜にだけ公開致します。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ~~このお話は、真夜中に起きているあなたに贈る、真夜中のお話。 星も見えない月明かりもない、 真黒な夜空の中を、白い羽をぱさぱさと動かして飛び回る、 一人の天使がいました。 こんばんは、みなさん。 僕の名前はシム・チャンミン。 僕は、『眠れない人の悩みを聞くエンジェル』で