• 短編・月明かりの下

     月明かりの下で、友達と喋ってるのが好きだった。  家の近所にある、小さな公園。ブランコとすべり台と砂場しかない。  私も愛菜(まな)も、ベンチには腰かけずに、なぜかいつも、ベンチの前にしゃがんでる。  理由は煙草を吸うから。  私達はまだ、というか、もう? どっちと言っていいのかわからないけど、高2だ。もうすぐ夏休みが終わる。  今日もママには、愛菜の家に行くと言って、家を出てきた。  このまま

  • 短編・あらすじ・月明かりの下

    普段、学校へ行かない高2の主人公。ある日、親友と夜の公園で煙草を吸いながら過ごしていた。そこへ彼氏がやってきて……。と、いうお話です。一話完結です。