• 生存確認2

    こんにちは。よしいです。 気が付けばもう2月が終わるんですね。 自分から行動すると言ったにもかかわらず、結局何も行動してきませんでした。 やはり昔から口だけのダメ人間よしい。そう簡単に人は変わらないんですね。 昔に比べると、最近学校に行くことに対する抵抗がゆるくなったような気がします。 人としての居場所が見つかったからということではなく、やっと空気として定着したような感じがしたからです。 周りが僕

  • l'urbanisme これからの都市整備のあり方

    今日はTV5から。 都市づくり環境に及ぼす影響について。 コンクリートで次々と固められた都市、大地はいったいどうなっていくの? 大地が呼吸しなくなったとき、水の流れを飲み込むことができなくなったとき、 生物の循環はどうなるのでしょうか? 救う手だてはあるのでしょうか? 緑地はどう整備すれば効果的なのか? 番組の最後に、研究者による解決策solutionらしきものが語られます。

  • Michaud est raciste! でもそれ本当に discrimination?

    フランスの法律と制度、その基礎を学びに一週間の予定でフランスに来ています。 講師はM2の学生、フランスではBac5。バカロレアの後4年分の単位を取得しています。 public - privé,   civil - penal - administration,   loi - moral,   などの対比を明確にしたあと、 la constitution各国憲法(国民の分身)が条約よりも優先するこ

  • 認知症介護最前線 Humanitude

    認知症介護で今注目のユマニチュード。 介護する方も、される方もしあわせになるユマニチュード。 フランス生まれ!!! 詳細はこちらに詳しく紹介されています。

  • le gaspillage ツイッター、有効活用!!

    これを読んでちょっと変だと思われた方は多いのではないでしょうか? 昨年、ツイッターでいろいろとコメントされていた文章です。 文章だけ読むととても愛❤のあるお手紙です。 子ども食堂から子供たちにむけた励ましの、あるいはお誘いのお手紙に見えます。 さて、署名を見ると内閣総理大臣となっています。 日本の文化的伝統として、自他の区別があいまいというものがあります。 主語を言わずに文章をつくると、一般的な見

  • 我々は蟻である

    名前はまだない。君にも名はない。死ぬまで誰も名付てはくれないだろう。 なぜなら私も君も「蟻」だからだ。我々にはアイデンティティなど必要ないのだから。 巣を出て、仲間の作った道を辿り、餌を見つけて帰ること。それが役目だ。 サボる仲間もいるが、私には関係はない。体の動く限り仕事をすること、それが私の生きる意味だ。

  • ベーシック

    本能が働けば、人が増え、人の数だけ世界創造される。 理性が働けば、人類は滅び、地球に平和が訪れる。 人は動物に近いのか?それとも機械に等しいのか? 男と女 天と地といつも悩み迷うから楽しいんじゃないのかい? 当たり前のことを当たり前にする。君の常識ってなんだ? 足元を見つめて次の一歩を踏み出そう。

  • コメントを試みる! Commentaire sur Tokyo emblème de..

    前回、Regards sur la ville を訳したものを載せました。 今日は日本の事情を説明しつつそれに対してコメントを試みようと思います。 戦後復興の各都市の事情はウィキペディアを参照しました。 戦後復興は国の助成を得て、各都市の自治に任されましたが、東京都は関東大震災の時にすでに助成を得ていたため配分は抑えられました。 ご存じのとおり、東京都知事は直接選挙によるためか自分色を強く押しだす

  • さぼってました

    4日間ブログ自粛してました。 若干色々あっての… 最近の俺の心境こんな感じ 多分今の歳って人生でいったら 1番楽しい時期なはずなのに 毎日毎日仕事の事や時間や将来の事に追われて 全然気が休まらない… 自分で自分の首締めてるような事ばかりだから 嘆いてても仕方ないんだけどね… ただこの悩む気持ちさえもなくなったら 本当に人間として終わりだと思うから なんとかしないとね… この前はさいだがインフル復活

  • Regards sur la ville 東京を眺める

    前回、前半の概略を載せてからしばらく経ちました。 今日は最後まで読んで日本語にしてみました。 今後手を入れてわかりやすい文章にしていきたいと思います。 こなれない文章ですが、一応大意は伝わるかと思います。 あくまでもある見方をすると・・という例として興味深い記事だと思います。 今年の夏、あるドキュメンタリーで、戦後、日本にも壮大な都市計画が考案されていたという記録があると、その図面が紹介されていま

  • 法:こんなに違うフランス・ジャポン la violence

    北から南まで、東から西まで、ことばも習慣もことなるフランスでは、 on se pose des questions これでいい? これは人道的なこと?  こんな場合はどうする? など常に疑問をもち、話し合い、 ときに争う中で答えをだしてきたのだそうです。ストあり、テロあり そんな主張の自由さが時に収拾の難しさにもつながるのかもしれません。 日本は均質文化 unité cultuele と言われてい

  • バザーリア法(続き) Basaglia 180, l'art.6-10

    さて、バザーリア法の要旨は、精神科治療は原則本人の要請に寄ることと定めたことです。民間病院での強制治療および入院を禁止し、病床を減らし、多段階の監督を必要とすることを定めました。苦しみや疾患を持ちつつも地域社会の中で自立して生き続けられるようなサポートこそが、治療であるとしたのでした。 先日はイタリアの精神保健に関するバザーリア法を第5条まで載せました。 今日はのこりの第6条から第10条。 ここで

  • 尊厳をもって暮らす ハウジングファースト Un chez-soi d'abbord

    大切なのは 「尊厳をもって」「暮らす場所」 1 avec la dignité  2 Un chez-soi ホームレスや難民の健康に携わり、全ての人が社会の中で普通に暮らすことをめざす世界の医療団。Médecins du mondeによるハウジングファーストの講演会と座談会があり、6日の大阪講演を聴いてきました。日仏同時通訳付き。 Un chez-soi d'abbord  - Pourquoi

  • Avoir une discussion  議論のしかた

    意見をたたかわせるとき、何から始めたらいいのでしょうか? あるパターンを教わりました。 たとえば、日本の国技であるすもうは国際的なスポーツとなりうるか? Ⅰ 議論の流れでフランスでは使われないパターン ①   Oui, ...... parce que .... ②   Non, ..... parce que .... Ⅱ   では、どのように切り出せばいいのでしょうか? ① 自分の結論に結びつ

  • ユモリスト M. Coluche  

    今気になっている人、コリュシュ。 フランスのユモリスト。 イタリア系フランス人とある。 国は問わないけどメンタリティに興味がわく。 今度の日曜はそんな活動をしている人たちの話しを聴きに行ってきます。 世界の医療団と共に活動しているホームレス救援隊。 住む場所さがし。 そんな活動の生みの親みたいなコリュシュって、どんなひとだったのだろう? 次回はこれを読んでご紹介してみたいとおもいます。 Coluc

  • イタリアの精神保健に関する法律 Basaglia 180

    自由と人権にうるさい国、フランスでは2011年にJLD(Juge des libertés et de la détention) という制度が設けられました。フーコーの『精神医療の権力』を経たフランス人から見ると現在の日本の精神科病院の制度は、あたかも私設刑務所を許す仕組みのようで、信じられないといいます。 西洋の文化をたくさん取り入れて吸収し発展したきた日本ですが、その根底にある人権という考え

  • パリのノーカーデー journe sans voiture

    パリでは2015年9月27日、パリ市長アン・ヒダルゴにより初めてノーカーデーが設けられた。今年はさらに拡充して実施された。パリ市内からはすべての車が閉め出され、許されたのは公共交通機関、タクシー、緊急の車など。それも20キロに時速制限。 代わりに行き来するのは、歩行者、自転車、ローラースケート。 完全に車がシャットアウトされた路上では、様々な行事が行われた。 パリにはこの他にも nuit blan

  • 過去の責任問題に対して、追及するような事になっているみたいなんだ

    やっぱり、女の人は怖いよね? それが旧社会? 男性社会。過去あったシステムからの変革を意味するのかもしれない? 良く解らないのだけれど? でも、自分は、こんな事は、知っているんだ。 女性は、怖いという事をね?

  • le droit de l'homme 目からうろこの人権論

    le droit d'etre judgé devant le tribunal et de reparer ses fautes aussi pour les handicappes mentaux 今日は人権の観点から、最近話題になった医療観察制度について講演があったので聴いてきました。目からうろこの考え方がちりばめられていてみなさんにも愉しいと思います。 というわけで微妙な話になりますが少し

  • marchander:Je suis fauchée, すかんぴん まけて!

    今日はよくある会話2題 1   今ちょっとすかんぴんだからさ。   ちょっと中華食べにいかない?と誘われて、最近物要りで。。と断る言い回し。 -  On se fait un petit chinois ce soir? Ah, J'aimerais bien, mais en ce moment, J'ai des petits problèmes financiers. J'ai pas le

1 2 3 4