• 書籍:「大阪 御朱印を求めて歩く 札所めぐりルートガイド」

    この本も図書館で借りてきました。社寺仏閣巡りが好きで今は関西を中心に神社をメインに廻ってますが、この手の本に載っている地図がざっくりとして、実際歩いて廻ったりするとき、なかなか行きつけなかったり迷ったりします。社寺仏閣があるところは一般的にその寺や神社だけでなく近くにも同じように社寺仏閣があります。すると、地図に小さい寺や神社も含めてすべて載っていないと、間違ってしまうのです。確かに、その迷ったり

  • 雑誌:「大阪人増刊 古地図で歴史をあるく」

    古地図に特に興味ありませんが、社寺仏閣が好きなのでこの雑誌(2012年5月号)を図書館で借りました。この雑誌の中に、「銀眼寺」と「赤稲荷神社」が載っていたので付属されている大阪の古地図を持って出かけました。しかしながら、「銀眼寺」と「赤稲荷神社」へこの古地図を使ってスムーズには着くことができませんでした。この古地図は「おまけ」みなたいなものです。結局、近くまで行って回りの人に場所を訪ねてこのお寺と

  • 書籍:「凹凸を楽しむ 大阪「高低差」地形散歩」

    この本も図書館で借りました。日頃よく訪れる大阪城や神社などが載っていて理解が深まります。大阪城を北端とする上町台地以外は、周辺全て海抜ゼロメートル地帯の低地が広がっており、河内湾のあった大阪は縄文時代には大部分が海の底。「砂州の上にできた大阪」の意味が分かります。

  • 書籍:「猫返し神社」

    この本も図書館で借りました。猫好きにはたまらない本だと思います。猫は飼っていませんが、この本を読んで立川市の「阿豆佐味天神社 立川水天宮」に行ってみたくなりました。

  • 【石切不動明王】(いしきりふどうみょうおう)東大阪市

    【石切不動明王】(いしきりふどうみょうおう)東大阪市 石切神社の上之社(かみのしゃ)へ向かう石切神社の参道の途中にあります。 水掛け地蔵を祀ったもので水を掛けて願をかけます。この場所で病気平癒や家内安全のご祈祷、先祖の供養などもしていただけます。 場所:大阪府東大阪市東石切長町2丁目1-6

  • 【千手寺三福神】(せんじゅうさんぷくじん)東大阪市

    【千手寺三福神】東大阪市 大阪府東大阪市東石切町にある「真言宗大本山 千手寺(せんじゅうじ)」 (別称 上之坊・光堂 真言宗大本山 千手寺 河内西国第十番霊場)の入り口右側に、【千手寺三福神】が祀られています。(毘沙門天、大黒天、弁財天) 所在地: 大阪府東大阪市東石切町3丁目3−16

  • 【八大龍王総本山 龍光寺】(りゅうこうじ)東大阪市③

    【八大龍王総本山 龍光寺】(りゅうこうじ)東大阪市 正式名称は、「生駒白水山 釈王宗総本山 龍光寺」。御 本 尊は、「八大龍王尊 」(生駒の八大さん)御 開 祖は、「弘法大師 (空海)」 由来について; 標高642M、生駒山山頂に今を去る一千百有余年、弘法大師勅を奉じ高野山開創の砌り、河内の国額田郷(東大阪市 石切)に於て心身潔斉し、はるか東方を見るに八大龍王の霊感を受け山頂を尋ねるに、清水の流出

  • 【八大龍王総本山 龍光寺】(りゅうこうじ)東大阪市 ①

    【八大龍王総本山 龍光寺】(りゅうこうじ)東大阪市 正式名称は、「生駒白水山 釈王宗総本山 龍光寺」。御 本 尊は、「八大龍王尊 」(生駒の八大さん)御 開 祖は、「弘法大師 (空海)」 由来について; 標高642M、生駒山山頂に今を去る一千百有余年、弘法大師勅を奉じ高野山開創の砌り、河内の国額田郷(東大阪市 石切)に於て心身潔斉し、はるか東方を見るに八大龍王の霊感を受け山頂を尋ねるに、清水の流出

  • 【興法寺】(こうほうじ)東大阪市

    【興法寺】(こうほうじ)は、役行者が開基し、弘法大師空海が諸堂を整備したと伝説される寺院です。 伝説では、千手寺を開いて神並村(こうなみむら)にあった役行者は、生駒山の東に吉祥を表す雲がたなびくのを見て、氷室滝(ひむろのたき)という滝にちかづいてみると、そこに氷室権現という神があらわれて、「大聖歓喜天(だいしょうかんぎてん)」いわゆる「聖天(しょうてん)」像を授けられたといいます。平安初期は弘仁六

  • 【水神明王】(すいじんみょうおう)/「弘法大師氷室瀧」東大阪市

    【水神明王】(すいじんみょうおう)東大阪市 廃墟になっています。立入禁止のテープが張られています。祠、鳥居は朽ちており、建物には誰も住んでないようです。また、 石柱に「弘法大師氷室瀧」とあり、建物の奥に瀧が流れているようです。 場所:大阪府東大阪市上石切町2丁目 (鷲尾山興法寺より100mほど手前)

  • 【白瀧白龍王】(しらたきはくりゅうおう)東大阪市

    【白瀧白龍王】(しらたきはくりゅうおう)東大阪市 辻子谷ハイキングコース途中で、白いポールがたくさん立っている場所があります。真っすぐ進めば通常のコースですが、右へ行くと【白瀧白龍王】(しらたきはくりゅうおう)があります。【白瀧白龍王】の前には滝場があります。ここは天気の日でも暗く誰も来ないので薄気味悪い場所です。白龍王をよく見ると頬に切傷があるようです。また、なぜか 奥に木があり、その木に「木花

  • 【三王大明神】(さんおうだいみょうじん)東大阪市

    辻子谷ハイキングコースの途中、興法寺に到着するまでに最も急な坂道があります。その道の左の山側に【三王大明神】(さんおうだいみょうじん)の標石が、お地蔵様の横に立っています。この標石の上の大きな岩が神様として信仰されているのではないかと思います。 ここからハイキングコースを少し歩くと【白瀧白龍王】(しらたきはくりゅうおう)があります。 場所:大阪府東大阪市上石切町2丁目 (鷲尾山興法寺より500mほ

  • 朝鮮寺 真言宗【一成寺】 東大阪市

    朝鮮寺 真言宗【一成寺】 東大阪市 由緒等詳細は不明です。 生駒の付近の多くの朝鮮寺は、生駒山を「霊山」というとらえかたをしている為、山全体が霊場とか修行場という信仰もあったと言われています。この【一成寺】の奥にも、禊をする場所があります。また、このお寺の山側に、「不動明王」が祀られています。 住所:大阪府東大阪市上石切町2丁目1520 アクセス:近鉄奈良線「石切」下車、徒歩約30分。 様々な石仏

  • 朝鮮寺【天水庵】(てんすいあん)東大阪市

    辻子谷ハイキングコース途中の左側に【天水庵】(てんすいあん)の看板が立っています。その矢印の方へ細い道を通って行きます。由緒等詳細は不明です。「不動明王」「薬師如来」「観音如来」「檀君天王」「天照大神」が祀られているようです。 近くに【辻子谷の水車】があります。 場所:東大阪市上石切町2丁目23 アクセス:近鉄石切駅下車、徒歩約20分。

  • 【大観音寺】(だいかんのんじ)東大阪市

    真言宗 石切高野山 【大観音寺】(だいかんのんじ)東大阪市 生駒山上遊園地に向かう「辻子谷ハイキングコース」は、道の両側にお地蔵さんが祀られています。【大観音寺】(だいかんのんじ)は、辻子谷ハイキングコース途中の左側にあります。由緒等詳細は不明です。入口に「石切水掛不動明名王」があり、奥には「宝珠身代地蔵尊」があります。 所在地:大阪府東大阪市上石切町2丁目20−27 アクセス:近鉄石切駅下車、徒

  • 【天龍寺】(てんりゅうじ)八尾市

    【天龍寺】(てんりゅうじ)八尾市 由緒等詳細は不明ですが、建物の色、標石の文字などから朝鮮寺の1つと思われます。入り口には、「天龍寺」と書かれた木製の灯篭がありますが、かなり劣化しています。入って直ぐ左側に、小さな赤い祠があり、小さな不動妙王が祀られています。さらに左へ行くと、2つの小さな鳥居だけがあります。1つは赤く塗られています。ここに何か祀られていたのかもしれません。とに奥に滝があり、その横

  • 【四軒町地蔵尊】八尾市

    大阪府八尾市志紀町南に【四軒町地蔵尊】があります。国道25号線の「八尾市志紀町南3丁目」交差点の東南角になります。御堂自体は大きくないですが、そこまでの参道は数メートルあります。由緒等詳細は不明です。 住所:大阪府八尾市志紀町南1丁目

  • 曹洞宗薬師寺の前にある【延命地蔵尊】

    曹洞宗薬師寺の前に【延命地蔵尊】があります。新しい木の祠に3体の石仏があります。中央は、「延命地蔵尊」で、両側に1体づつ新しい石仏が祀られています。由緒等詳細は不明です。 所在地: 大阪府 柏原市本郷2-5-13

  • 【身代わり地蔵尊】柏原市

    法善寺に「身代わり地蔵尊」があります。地蔵堂内には石仏1体と仏像が1体祀られています。由緒等詳しいことは不明です。 場所:近鉄線沿いで、法善寺駅と堅下駅のちょうど真ん中あたりの踏切の横にあります。

  • 【壺井寺】(つぼいでら)柏原市

    【壺井寺】(つぼいでら)は、大阪府柏原市法善寺にある融通念仏宗の仏教寺院。山号は「護法山」。平安時代にこの地に法善寺の地名の由来とされる「法禅寺」と呼ばれた寺院があったが、天授年間(1375年~1381年)の兵火により焼失し、その後当山が再建されたと伝わっている。 大念仏寺に伝わる文書「大念仏寺四十五代記録并末寺帳」によると、1617年(元和三年)に道念が創建したと記されている。当初は浄福寺と称し

1 2 3 4 5 ... 13