• 佐助稲荷 ~鎌倉散歩~

    鎌倉に住んでいるので、普段から時間が有る時に色々な寺社仏閣を散歩がてらぶらぶら覗いている。 鎌倉には数えきれない程たくさんの神社やお寺が存在するが、 その中でも最もおすすめスポットが「佐助稲荷神社」だ。 鎌倉駅から銭新井弁財天へ向かう途中の山奥にひっそりと紅い鳥居の続く神社がある。 鳥居の林を抜けると、見渡す限り狐だらけ! 今ではもう伐採してしまったらしいが、以前はお化けアジサイがはびこっていたた

  • 【大江神社】(おおえじんじゃ)大阪市天王寺区

    【大江神社】(おおえじんじゃ)とは大阪府大阪市天王寺区にある神社。四天王寺の鎮守である四天王寺七宮のひとつ。祭神は豊受大神、素盞嗚尊、欽明天皇、大己貴命、少彦名命。神社境内には狛虎というものがあります。狛虎の由来は不詳ですが、300年以上前の作と考えられていま。その昔、狛虎の奥に毘沙門天を祀る堂があり、虎は毘沙門天を護るとされています。狛虎は元々は阿吽で1対をなしていましたが、吽形の方が明治初期に

  • 宝満山(ほうまんざん)登ってきました。その1

     6月17日土曜日。午前5時起床。6時自宅出発。登山者駐車場に7時過ぎ到着。 くろよん初の山登りに挑戦する山は宝満山。標高は829.6m。 福岡県筑紫野市と太宰府市にまたがる山です。 お天気は晴れ。朝の8時前なのにすでに暑いくらい。 一緒に登山してくれる先輩と合流し、早速の出発となりました。 「竈門神社(かまど)」 こんなとこもありました。 お参りして くろよんが下山した頃には、たくさんの参拝客が

  • 歩いて帰る。

    6月。ウォーキングイベントもあまり無いので 会社から自宅まで歩いて帰ってみることにしてみました。 田舎→街→田舎のルートです。 約2キロの直線道路。 車だとあっと言う間なのに。歩くとなると・・・。 すっかり麦刈りも終わってます。もうすぐ田植え。 日もだいぶかたむき、この時間くらいから涼しくなってきます。 電車の写真撮ってる人結構見かける踏切。くろよんもマネしてみた。 うーん。もいっかい。反対側から

  • 【神劔神社】( みつるぎじんじゃ)東大阪市小若江

    【神劔神社】( みつるぎじんじゃ)東大阪市小若江  この【神劔神社】( みつるぎじんじゃ)は近鉄長瀬駅から近い東側に鎮座しています。次の弥刀駅の東側にも呼び名が同じ「御釼神社」( みつるぎじんじゃ)があるので混同していまいます。もうとっくに東大阪市内の神社巡りは完了したと思っていましたが、今頃になって新しく見つけてしまいました。この神社は神社庁に記載されてないようです。由緒等は不明です。境内には、

  • 【権太夫明神・八城大明神・吉春大明神】大阪市中央区

    【権太夫明神・八城大明神・吉春大明神】大阪市中央区 ここを発見するのはかなり困難です。もちろんグーグルマップには掲載されておりません。マニア向けです。まず鳥居を見つけるのが難しいです。この鳥居の横並びには目印として「カフェ Studio FATE」があります。また、路地の入口の向かいには、「クーデリーカフェ」がありますが、いずれにしてもこの路地を見つけても実際に入って行かないと、ちらっと覗くだけで

  • 【玉勝大明神・榎大明神】( たまかつだいみょうじん・えのきだいみょうじん)大阪市中央区

    【玉勝大明神・榎大明神】( たまかつだいみょうじん・えのきだいみょうじん)大阪市中央区 この【玉勝大明神・榎大明神】( たまかつだいみょうじん・えのきだいみょうじん)を 見つけるのは困難です。グーグルでも検索できません。大阪市中央区谷町7丁目6-6に工芸関係の株式会社があります。その横の細い路地奥に赤い鳥居と小さな社が見えます。注意しないとこの細い路地自体を通り過ぎてしまいます。この路地はコの字型

  • おしゃーーーー!!!( ゚Д゚)

    いつもご観覧ありがとうございます! 昨日の動画投稿から、最短で今日も投稿できました!! 始まって以来の最短投稿です(;^ω^) 多分、これが最初で最後かも(*´ω`*) でも、何とか頑張りました! 今回はちょっとした小旅行の報告動画です。 良い所に行きましたんでちょっと聞いてみてくださいm(__)m 神社が好きなので島根に行ってみる!

  • 【比枝神社】(ひえだじんじゃ)大東市灰塚

    【比枝神社】(ひえだじんじゃ)大東市灰塚 大阪府大東市灰塚3丁目の住宅地の奥に【比枝神社】(ひえだじんじゃ)は鎮座してます。この神社を見つけるのは困難です。鳥居はなく小さ目の社で、木がよく茂っていて前には自治会の掲示板と電柱が見つけ難くしています。ただ、散髪屋さんのネオンポールが立っていますのでこれが目印となります。この神社のちょと裏に「水神宮、白上天龍、白上辨財天」があります。 この神社には案内

  • 【竹永稲荷】(たけながいなり)東大阪市

    【竹永稲荷】(たけながいなり)東大阪市 東 大阪 市 南 鴻池 町の「永稲荷公園」の一角に【竹永稲荷】(たけながいなり)が鎮座しています。境内に入ってすぐ右横には「竹永稲荷」の新しい標石があります。また、境内には、石碑、基壇、古墳のような石組みがあります。由緒書の板がないのでこの神社についての詳細等は不明です。   住所:大阪府東大阪市南鴻池町2 丁目 12 (撮影:2017/6/2) 【竹永稲荷

  • 【常高大明神】(じょうこうだいみょうじん)東大阪市

    【常高大明神】(じょうこうだいみょうじん)東大阪市 コンクリート壁に囲まれており見つけるのは困難です。赤い鳥居には「常高大明神」の板書がかかっていますが、(じょうこうだいみょうじん)と読むのが正しいのかわかりません。お稲荷さんが祀られています。由緒なども不明です。 場所:大阪府東大阪市足代北1丁目5 (撮影:2017/5/29)

  • 【御劔神社】(みつるぎじんじゃ)八尾市刑部

    【御劔神社】(みつるぎじんじゃ)八尾市刑部 ◆御劔神社のしるべ 此の地、古くは河内国若江郷刑部郷と言い訓を聞けば刑部(おさかべ)は、備中国賀夜郷、伊勢国三重郡等の刑部郷の例により於佐加部と読むべしと伝えられその遺構であると言われている。第十九代允恭天皇の忍坂大中女命の御名代として定められた民部であり、御名代部として奉仕した後にこのオサカベの民部が刑部(ウタエ)の職に奉仕したので、記紀では刑部とされ

  • 【八尾神社】(やおじんじゃ)大阪府八尾市

    【八尾神社】(やおじんじゃ)大阪府八尾市 『延喜式神名帳』河内国若江郡の「栗栖(くるす)神社」に比定され(式内社)、社格は旧村社。旧若江郡西郷、木戸両村(現八尾市本町5丁目の北側、本町6,7丁目、東本町3丁目あたり)の氏神。近世には「牛頭天王社」と称していたが、明治維新後に『延喜式』に従って「栗栖神社」に改称し、1908年4月15日に更に現社名に改称しました。 祭神は、宇麻志麻治命(うましまぢのみ

  • 【八尾天満宮】(やおてんまんぐう)大阪府八尾市

    【八尾天満宮】(やおてんまんぐう) 大阪府八尾寺内町の鎮守。「八尾の天神さん」といわれます。祭神は天穂日命と菅原道真で、慶長年間に片桐且元が創建したといわれています。 中門は寺内町の木戸門を移建したものと伝えられ、また境内には寺内町開発者森本行誓の六代の孫房吉寄進の灯篭があります。近年は恵比須神をまつり、一月八日は例年「八日戎」として賑わいます。   所在地:大阪府八尾市本町4丁目2-45 アクセ

  • 【渋川神社】(しぶかわじんじゃ)② 大阪府八尾市

    【渋川神社】(しぶかわじんじゃ)は、大阪府八尾市植松町にある神社。 若江郡の式内社であり、旧社格は郷社。天忍穂耳尊、饒速日命、國狹槌尊、日高大神、菅原大神を祭神としている。創建の年月は不明。 かつて飛鳥時代に本地域を本拠地としていた物部守屋の渋河の家の跡ともいわれている。もとは旧大和川の東側の字川向にあったが、天文3年(1533年)の大洪水で境内全域を流失。 この時、浮島神社は数kmほど北の茨田郡

  • 【渋川神社】(しぶかわじんじゃ)① 大阪府八尾市

    【渋川神社】(しぶかわじんじゃ)は、大阪府八尾市植松町にある神社。 若江郡の式内社であり、旧社格は郷社。天忍穂耳尊、饒速日命、國狹槌尊、日高大神、菅原大神を祭神としている。創建の年月は不明。 かつて飛鳥時代に本地域を本拠地としていた物部守屋の渋河の家の跡ともいわれている。もとは旧大和川の東側の字川向にあったが、天文3年(1533年)の大洪水で境内全域を流失。 この時、浮島神社は数kmほど北の茨田郡

  • 【白山神社】(はくさんじんじゃ)大阪府八尾市

     【白山神社】(はくさんじんじゃ)大阪府八尾市  【白山神社】の由緒等の詳しい事は不明ですが、本殿前に層塔の三層分が残されており、これは昭和五十年(1975)に偶然発見されたもので、石段下の踏み石と使用されていたそうですが、焼け跡がある事から戦国時代の戦火にあったと推定されるとの事です。 この地は河内六寺の一つである「家原寺」があった場所と言われているそうで、白山神社はその鎮守社だったそうです。

  • 【御剱神社】(みつるぎじんじゃ)八尾市老原

    【御剱神社】(みつるぎじんじゃ)八尾市老原 御祭神は、「素戔嗚尊」(すさのおのみこと)  由緒について;長瀬川上流左岸と了意川(現平野川)上流右岸に位置するこの地は早くから拓け、古くから農作に從うもの現れ、豊穣の神といわれた素戔嗚尊を祀り氏神として豊作をねがったのである。老原は、奈良朝期から存在していたと伝えられている。この神社の創祀は未詳であるが、当南老原定善寺が大永二年(一五二二年)の創建と記

  • 【杵築神社】 (きづきじんじゃ) 八尾市佐堂町

    【杵築神社】 (きづきじんじゃ) 八尾市佐堂町 由緒について:「御祭神;素戔嗚尊。弥生時代の佐堂遺跡内にある産土神で、通称「佐堂のお宮さん」で親しまれている。祭神は素戔嗚尊(すさのおのみこと)で出雲本社から分霊したものと伝えられる。本殿は一間社春日造で覆屋内に鎮座する江戸時代中期の敬つく様式である。境内には享保十八年(1733)宝歴五年(1755)の銘のある石燈篭もあり由緒深い神社である。神社の後

  • 【比枝神社】(ひえじんじゃ)八尾市

    【比枝神社】(ひえじんじゃ)八尾市 大阪府の八尾駅から東南へ約750m(直線)、八尾駅の南を東西に走る国道25号を東へ進み、相生町交差点を左折し北へ進むと右手奥の住宅街の中、玉垣に囲まれて鎮座しています。境内は間狭くこじんまりととまとまり、鳥居潜ると拝殿・本殿が西向きに鎮座しています。境内に旧・社号標の天照皇大神宮、石灯篭・金比羅大権現が建っています。大きな銀杏・榎数本あります。 住所:大阪府八尾

1 2 3 4 5 ... 39