• 【木曽御嶽本教・御嶽大神】東大阪市上四条町

    木曽御嶽本教 【御嶽大神】東大阪市四条 この神社の由緒等は不明です。木曽御嶽本教については、「千三百年の昔より、御嶽信仰(御嶽山大権現)は、霊峰御嶽山を根本とする両部神道の修験にありました。登山参拝には百日間の*精進潔斎(ショウジンケッサイ)の制度があり、常人では大変困難なことであったため、多くはその里宮に参拝するのみでした。天明二年、覚明(カクメイ)行者が苦行の末、この制度を打破されたことにより

  • 【大岩大神・榎木大神・春高大神】東大阪市上四条

    【大岩大神・榎木大神・春高大神】 大阪府東大阪市上四条に「極楽寺」があります。この寺の横の山沿いに【大岩大神・榎木大神・春高大神】と彫られた石が鎮座しています。また、小さい社、石に彫られた不動明王、禊をすると思われる場所があります。この場所の回りにはさらに多くの神様の名前が彫られた石があります。ここは神社なのか神社跡なのか由緒等も不明ですが、小さな社には新しいお供え物がありましたので人がお参りされ

  • 【田植宮】(たうえみや)大阪府八尾市服部川

    【田植宮】(たうえみや)は旧東高野街道沿い(旧170号線)沿いの八尾市服部川に鎮座しています。フェンスで囲まれており戸もついています。鳥居があり灯篭も2体あります。下に置かれていり石には「田植宮」と書かれています。隣は特別養護老人ホームです。由緒等は不明です。管理されているようで綺麗に掃除されれています。この【田植宮】の横の坂道を上がっていくと近鉄信貴山口駅に徒歩15分程度で着きます。  住所:大

  • 【尊政神社 】(そんせいじんじゃ)東大阪市高井田

    東大阪市高井田本通に鎮座する【尊政神社 】(そんせいじんじゃ)です。数年前まではこのような神社はなかったと思います。鳥居もお社も何もかも新しく、庭木も整えられ末社も二社あり、とても豪華な神社です。この辺りの神社仏閣で最も綺麗と思います。由緒などの案内板はないようです。普通に中に入って参拝しましたが、もしかすると隣の「大阪製鋲株式会社」さんの企業内神社かもしれません。「そんせい」と書きましたが、「た

  • 【藤吉大明神】(ふじよしだいみょうじん)東大阪市

     この神社を見つけるのは苦労しました。以前あった場所から移転していたためです。 由来等の詳しい事は全く分かりませんが、大阪府東大阪市柏田本町の柏田児童公園内に鎮座しています。横には地車の大きな倉庫があります。この【藤吉大明神】は、以前、柏田児童公園近くの民家の前にあったと思います。こちらの公園へ移されたのだと思います。 鳥居だけが真新しいです。 場所:大阪府東大阪市柏田本町の柏田児童公園内。 アク

  • 【子守神社跡】(こもりじんじゃあと)東大阪市

    東大阪市太平寺の児童公園内に【子守神社跡】があります。この子守神社は1913年(大正2年)に「都留弥神社」に合祀され、跡地には「子守神社宮趾」と刻まれた石碑と1対の燈籠と1対の狛犬があります。この神社についての由緒等は不明ですが、赤い鳥居に「楠長大神」と「松永大神」となっていますので、祭神と思われます。また、この同じ公園内に地蔵尊と思われる小さな社があります。  住所:東大阪市太平寺2丁目 児童公

  • 【愛宕神社】( あたごじんじゃ)東大阪市

    【愛宕神社】( あたごじんじゃ)東大阪市  この神社は、住宅街のなかの数坪ほどの狭い境内です。由緒等の詳細は不明です。中に鳥居がもう1つあり、小さい神社ながら手舎、狛犬、灯篭がそろっています。中の鳥居の斜め前に「火除之神」と掘られた石柱があります。発起人の刻まれた石柱と土地奉納者の刻まれた石柱の裏には、ともに昭和三十七年十月吉日建立とあります。ただ、「火除之神」と刻まれた石柱の裏には昭和十六年三月

  • 【住吉神社】(すみよしじんじゃ)大東市

    大東市の浜町に【住吉神社】(すみよしじんじゃ)が鎮座しています。住道駅北口の川に向かい寝屋川と恩智川合流地点の内側にあり、現在は死角になって気付きにくい所にあります。住吉神社  ~「住道」地名の由来~ 舟運送が盛んであった頃、寝屋川と恩智川が合流するこの地は、角堂浜と呼ばれ、 大阪と北河内大和の荷物が一手に集まり、野崎まいりや生駒宝山寺への社寺参詣にも舟が利用されたので、 大いに賑わっていた。 舟

  • 猿田神社

    千葉県銚子市猿田町1677-1(JR総武本線猿田駅から徒歩4分) 猿田神社にお参りしてきました。 猿田神社は、社伝によると第11代垂仁天皇25年に創建されたと伝えられていますので、計算すると紀元前4年となります。鎌倉時代には、源頼朝をはじめ足利氏、千葉氏などが宝物を寄進し、江戸時代には幕府から三十石の神領とされ、主に武家の信仰が厚かったようです。また、方位除けの神社としても有名です。 社伝では、平

  • 【白兎神社】(はくとじんじゃ)と【砂丘】鳥取市

    【白兎神社】(はくとじんじゃ)は、鳥取県鳥取市に所在する神社。旧社格は村社。白兔神を主祭神とし、保食神を配祀する。白兔神は日本神話に登場する因幡の白兎のことであり、その説話の内容から皮膚病に霊験のある神として、また、大国主と八上姫神との婚姻を取り持ったことから特定の人との縁結びの神としてかなわぬ恋をかなえ、特定の人との親交をより深めると信仰される。さらに、遠国の人もこの兎に願えば早く国に帰れるとい

  • 【倉敷美観地区】(くらしきびかんちく)②/ 大原美術館

    【大原美術館】 本館・分館・工芸・東洋館からなります。本館には西欧の近代絵画と彫刻を合わせ約140点を常時陳列しています。主な作品はエル・グレコの「受胎告知」、ゴーギャンの「かぐわしき大地」などです。分館は近代日本の洋画と、日本の現代絵画、彫刻の常設館となっています。工芸館にはバーナード・リーチなど4大陶芸家の作品が1階と2階に2つずつの個室を設けて陳列されています。強烈な個性と独特のタッチによっ

  • 【阿智神社】(あちじんじゃ)倉敷市本町

    【阿智神社】(あちじんじゃ)は、倉敷の総鎮守。倉敷市中心部、倉敷美観地区の北にある鶴形山と呼ばれる小高い山の上に鎮座しています。古代、「亀島」「鶴形島」などと呼ばれていた現在地に住み着いた阿知使主の一族が作った庭園が元となったといわれています。 かつて岡山平野は吉備の穴海と呼ばれる海域で、当時は窪屋郡阿智郷であった現在の倉敷市鶴形山周辺は交通の要衝であったといわれ、そのため海上交通の守護神である宗

  • 四国で最大の前方後円墳頂上に鎮座する【妙見神社】

    四国地方で最大の前方後円墳、「富田茶臼山古墳」の 頂上に鎮座する【妙見神社】(みょうけんじんじゃ)です。階段の参道を登ると簡素な祠があります。 富田茶臼山(とみたちゃうすやま)古墳は、四国最大の前方後円墳で、道の駅「みろく」のすぐそばにあります。古墳の上にあった木は伐採されており、前方後円墳の形が分かりやすくなっています。古墳の東に公園があり、そこに駐車スペースがあります。 富田茶臼山古墳の特徴は

  • 【湯神社】と【中嶋神社】/ 愛媛県松山市

    【湯神社】(ゆじんじゃ) 式内社で、旧社格は県社。神紋は「亀甲に花菱」。相殿に式内社の出雲崗神社(いずものおかじんじゃ)を祀る。別称として、「湯月大明神」・4柱の神を祀るため「四社大明神」・伊佐爾波神社の西にあるため「西宮」とも呼ばれる。社名は道後温泉によるもので、古くは道後温泉の起源地である鷺谷(現 松山市道後鷺谷町)に鎮座していた。 主祭神:大己貴命 (おおなむちのみこと) 、少彦名命 (すく

  • 【内子町】(うちこちょう)と【旭館】(あさひかん)/ 愛媛県

    愛媛県の【内子町】(うちこちょう)は1990年ころから白壁の「八日市・護国の町並み保存地区」を中心に、「内子座」の文楽・歌舞伎公演や里山の農産物など、小さな観光地として四国の観光コースになっています。町並保存地区には、稲荷神社があります。また、レトロな大正時代の【旭館】(あさひかん)があります。この館は、森文醸造(株)など地元有志が大正14年に作った活動写真館です。 「稲荷神社」 【旭館】(あさひ

  • 【伊佐爾波神社】(いさにわじんじゃ)愛媛県松山市

    【伊佐爾波神社】(いさにわじんじゃ) 式内社で、旧社格は県社。神紋は「左三つ巴」。別称として「湯月八幡」・「道後八幡」とも呼ばれる。松山市市街地の西部、「道後温泉」近くの道後山山腹に鎮座する。 国の重要文化財に指定されている社殿は、全国に3例しかない八幡造である。このほか、重要文化財の太刀(銘 国行)が伝えられている。社伝によれば、仲哀天皇と神功皇后が道後温泉に来湯した際の行宮跡に創建されたという

  • 福岡到着

    祖父宅からの帰省 朝イチ、お寺に行って 妹と土産店へ Kn君がウニ買ってきてと言うから ノーマルと加工品の3つを購入してきました(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑ 妹は、土産店の売店でハンバーガーを購入w 我が妹ながらよく食べるわーー💧 この後ソフトクリームも 食べてました・・・・( ̄д ̄)・・・・ 土産店の後は、神社へ(´∀`)ノ⌒◎┃賽銭箱┃ ↑↑↑おみくじも購入です。 干支で年齢わかるかなw この

  • 【白玉大明神】( しらたまだいみょうじん ) 大阪府八尾市

     【白玉大明神】( しらたまだいみょうじん ) 大阪府八尾市 この神社は、大阪府八尾市新家町の狭い路地の間にひっそと鎮座しています。近くを通ると赤い鳥居が一瞬見えるだけです。鳥居に額はなく、案内板などもありませんので由緒などは不明です。後で調べてみるとこの神社は【白玉大明神 】( しらたまだいみょうじん ) 」であることが分かりました。 住所:大阪府八尾市新家町2丁目 

  • たくさんの神様の【稲荷社】と【白光地主大神】/ 大阪市生野区

    大阪の生野区内の神社巡りをしてたときのことです。狭い道を歩いていて偶然にこの鳥居が目に入りました。この【稲荷社】の赤い鳥居の額には、 猿田彦大神・松吉大神・吉松大神・福松大神・お市大神・およし大神とぎっしりと神様の名前が並んでいます。そして、横の石の祠の方が【白光地主大神】です。 一度にたくさんのお参りをすることができます。由緒等は不明です。  場所:大阪市生野区桃谷付近  アクセス:JR大阪環状

  • 【山乃王大明神】(やまのかみだいみょうじん)東大阪市玉串元町

    大阪府東大阪市玉串元町に【山乃王大明神】(やまのかみだいみょうじん)が隠れるように鎮座してます。 この神社を見つけるのは苦労します。道から駐車場の前を奥へ10mほど進んだ所に木製の小さな鳥居と門があります。門は開いてました。鳥居には【山乃王大明神】と記されています。また、真新しい灯篭が2基建っています。その横の標石には「山之王稲荷大善神境内改修」となっています。ここには手水鉢も狛犬もいません。境内

1 ... 36 37 38 39 40 ... 46