• 久し振りの日記です。

    昨年度末、二月~三月は職の面、精神面で追い詰められていました。 詳細は省きますが、 何とか同職種で別会社に期間限定で勤めが決まり一カ月。 人生何が起こるかわからない、とつくづく実感しています。 良いことも、そうではないことも。 そしてそうではないこと、が、良いことへの布石になっていたり。 ストレスと疲労で、身体に異常が出るのはきっと私だけではなく、 そう思いつつ、相変わらず洗髪すれば髪が十数本束で

  • 私の幸せとは。 注※弱音有、暗いです。

    ふと考えました。 仕事の心配がない暮らし の一言に尽きます。 これはつまり、経済的な安心と 仕事に関しても、 身体の故障個所を悪化させないという点が大事です。 子どもの頃から 女の子らしいお洒落には、 容姿や経済的事情から縁が遠く、 そのまま40歳になってしましいました。 諦めもありますが、それでも 同世代で素敵な女性を見かけると、 我が身の服装だけではなく、 内面のみすぼらしさに胸が痛みます。

  • ここ数日もやもやと。※注※暗いです。

    金曜に妙な電話があり、 10分もせず折り返し返すも今日まで繋がらず、 思わせぶりな留守電内容に気分は急降下。 本日やっと連絡がとれかと思えば、 漸くひと段落ついた、と思っていた事について、 まだまだ終わりは見えないとの返事。 どっと疲れて。 更に折角整理した時に、失せた物は見つからず、 (※私の場合、下手に整理=移動させることで  置き場所がわからなくなるケースが多々あります) 諸事情あって、冒頭

  • 少し暗い(かもしれない)自分語りです。

    【注】  ※以下はあくまで、私個人の話です。   書き方も、内容も、稚拙で     40歳を過ぎた人間の文章ではないのですが、   こういう書き方が一番誤解が少ないのではないかと、   悩み悩み綴っています。 ---------------------------------------------------------------------------- 幼少より私は、周囲から 「役に立つ人