• 日大アメフト報道に映る日本社会の影

    日本大学アメフト部の反則行為が、組織ぐるみの計画的なものか疑念が渦巻いている。渦中の当該学生が、異例の記者会見を日本記者クラブでおこなった。痛々しい印象だ。 ただ、このマスコミ報道で傷害罪・共謀共同正犯の構成要件とかの基準が不用意に使われることに違和感を感じる。 教育の最高学府たる大学当局。さらには、関東学生連盟や日本アメフト協会などの自浄能力はさほど問われず、最終手段である刑事司法が前面に出る話

  • 「見える学力」従来型と「見えない学力」21世紀型

    当塾の指導理念は、終始この問題と対峙してきた。 座学講義(従来型)に対して 体験演習(21世紀型) 暗記中心(従来型)に対して 仮説志向(21世紀型) 直ぐ聞く(従来型)に対して 気づき重視(21世紀型) 算数も国語も類推が可能になるまで、作戦を立て仮説検証を繰り返す習慣化が重要。これによってイメージや感覚が向上する。 論理的「忖度」は大切だ。ただし「自力で調べて検証すること」も忘れてはならない。

  • プログラミングが大学入試科目に 一周半遅れの日本

    高大接続改革の一環として「大学入試共通テスト」が準備されている。その科目に「プログラミング」「情報処理」が検討されている。IOT革命の中核をなす情報処理技術。ビッグデータを支配するものが世界を支配する。 高等学校でもやっと2022年度から「情報Ⅰ」として共通必修化が計画された。試験そのものもCBT方式でパソコンを使うわけで、「読み、書き、そろばん」同等となる。 データサイエンティストと呼ばれる技術

  • 世界中が仁義なき戦い 「業界の壁が壊れる」

    最近の日経新聞をめくると、どのページにも異分野の企業が激しく激突する近未来が描かれている。 小売り業の覇者「ウォルマート」はIT通販の「アマゾン」とインドにおいてまで激しい激突を繰り広げる。米国金融界は、規制緩和に怯える。ITの巨人「Google」や「アマゾン」が金融界に乗り込むと、預金量だけでも米国銀行トップ3になる。莫大な顧客の個人情報や消費動向を把握した彼らは、資産管理や保険やあらゆるサービ

  • 気候変動と日本社会 長所が生かせてない

    一日の気温の変化が凄まじい。自律神経が変調しそうだ。高いにしろ低いにしろ記録づくめだ。日本の四季が壊れていく。 先日、NHKスペシャルで脱炭素社会を取り上げていた。化石燃料のエネルギー効率改善で世界市場に挑んだ経産省と我が国産業界の孤立が浮き彫りにされていた。「環境後進国」「エネルギー後進国」が日本のレッテルとなっている。 欧米系ファンドや金融界は、二酸化炭素排出規制に舵を切った企業や国への投資に

  • 学びの多様化 全寮制高等専門学校

    日本三名山の白山の麓に、全寮制の高専ができた。1~2年は全寮制で、3年次は全員ニュージーランドへの留学が決められている。 理数科目は、全て英語で進められる。世界に通用する人材の育成が目標だ。 しかし、初年度は定員を割ったそうだ。認知度の不足が主要因とか。 欧米の同様の学校は、芸術やスポーツ教育にも力を入れており、寮生のメンタル管理のノウハウにも優れている。英国のイートン校をモデルとした海陽学園にも

  • 最後は瀬戸内海に帰りたい

    子どものころ、夏は北木島だった。楠キャンプ場。浜と松の美しい景観だった。足の届かない所へ出ると、下には海藻の林があった。海藻は魚の産卵や稚魚の成育場であり、二酸化炭素の消費地でもある。「ブルーカーボン」と呼ぶらしい。 私たちの身の回りでは、冬はより寒く夏はより暑くなる。どんどん落差が拡大する。一方、北極海の海は暖かくなり、氷が解け深海への還流が出来なくなっている。酸素をふくんだ豊かな海水は、深海へ

  • あの日本人は 何処へ 後藤新平を思う

    昨今ニュースでは、日本行政府の倫理が問われている。官僚の中の官僚 旧大蔵省が自殺者まで出す混乱を露呈した。こんな時、後藤新平を思う。 台湾総督府民政長官、満鉄初代総裁、そして関東大震災の折の帝都復興計画立案者としてアジアの近代化に貢献した日本人だ。 台湾での殖産興業や首都東京の青写真を描いた構想力。日清露三国の協調を夢想した理念。全てにおいて逸材であった。私の丁度100歳年上の日本人である。 10

  • 企業の採用に異変 イノベーションの予兆

    大手金融機関は、デジタルと金融の融合による「フィンテック」に揺れている。人口減少やマイナス金利にとどまらず、異業種参入を可能にする電子取引の時代への対応に苦慮している。多くの店舗やATMは不要となる。大きな組織ほど次世代には重荷となる。 先ずは、事務や窓口業務の大幅な採用減だ。AIが取って代る。続いてSTEM人材の積極採用。ビックデータの解析など情報処理は中核の業務となる。向かう相手はGoogle

  • 人の移動 激しさを増す21世紀

    最近はアジアが人気だとか。欧米よりアジアの新興都市に若者は魅力を感じるらしい。たしかに、ヨーロッパは刺激とは縁遠い。しかも高齢化は日本並みだ。社会保障費は高騰するから、移住者に冷たくなる。 日本でも職の移動が激しさを増す。転職者の30%は10%以上年収が上がっているとか。スキルを上げてキャリアアップ。成長性の高い産業へと人は移動する。これで、日本の成長力が回復するなら喜ばしいことだ。 IT技能者と

  • ヒューマンロボット岡山中央教室 スコラこども塾

     この4月で、当塾ロボット教室は6年目を迎える。2013年1月7名の生徒と始めた時は、岡山県下唯一のhumanロボット教室であった。今でも、津山や和気や高梁などから多くの生徒が通ってくる。  この間、修了者も多数送り出してきた。講師も経験を重ね、ロボット・プログラミングで専任講師は6名に上る。時には転校などで不安定になった子や様々な生徒が集まってきたが、唯一ロボット製作が好きなことが共通していれば

  • 本を読まない大学生 激増

    大学生活協同組合が公表した調査では、全く読書をしない学生は53.1%で、毎年増加し、5年で18.6%増えたとか。 私は、中学校と高等学校では本を読まなかった。前者では部活三昧・後者は受験参考書となった。しかし、小学校と大学での読書は豊かだったと思う。 読解力は、論理的思考を醸成し、他者への働きかけを効率よく実現する。そして他者の言い分を理解し、自分の考えを的確に伝えることができる。リーダーの要件だ

  • 別れの日 惜別の思い

    3月になると最終授業が続く。小学校1~2年にロボット教室に入り、理科実験や速聴読を経てプログラミング教室に通った生徒は、6~7年通ったことになる。 この塾を始めた頃の小学1年生も、今や中学2年生だ。 児島や和気や井原や津山から、遠路送迎の労を取っていただいた保護者各位にも感謝の気持ちは尽きない。よく通ってきてもらえたものだ。 終えて皆を送り出す際にも、涙声を押し隠すこととなる。 初等期の科学への教

  • 「心の病、若手社員に急増」に思う

    最近10代から20代の精神疾患が急増していると、日本生産性本部の調査で指摘されている。全国221社が対象だ。責任が重くなる一方、権限は与えられていないのが主因とか。 他方で、大学生の過保護は進んでいる。責任のあるアルバイトは禁止され、補助的アルバイトしか受け付けない。学校側が保護者を意識した処置だとか。 私の学生時代、バイトは社会との接点。インターンシップの始まりで、多くの洗礼を受けた。「ドキドキ

  • 改めて初心に 「Scientific literacy」科学の教養

    アメリカが先行していたゲノム医療が日本でも本格化する。臓器別ではなく遺伝子の特性に依拠した治療薬の選定が始まる。中核拠点病院に岡山大学病院が選ばれた。旧帝大と慶応病院・国立がんセンターと並ぶ陣容が評価されたのだ。誇らしい。 一方、内閣府の革新技術プロジェクトで「チョコで若返り」研究に多額の資金を充てていたが、「チョコレートを食べた人だけのデータ」だったとか。厚生労働省の働き方改革のデータと一緒だ。

  • プログラミング教室 4年間の変化を報告

    先週の土曜日に、第八期プログラミング教室説明会を開催した。親子で参加いただき1時間の説明を熱心に聴講いただいた。 5年前、アメリカのIT経営者達が作ったキャンペーン動画を見つけた。毎回説明会の冒頭に流している。「100万人エンジニアが不足しているのに、なぜ学校でプログラミングを教えないのか」「未来を変える魔法のようなもの」「ロックスターになるにも、医者になるにも必要なこと」と訴えていた。近い将来、

  • 子どもの口から「そうだねー」連発

    プログラミング教室では、4名程度の集団で演習する。最近生徒から「そうだねー」が連発される。いささか無理がある場合があるが、教室は良い雰囲気にはなる。カーリング女子の影響だ。強豪の社会人チームを離れ、ふるさと北見市に帰って巻き返す選手たちの奮闘は、子供の心にも伝わったのか。 世界のマーケティングを永く主導してきたコカ・コーラ社のマーケティング部門は、当時我々のバイブルであった。アイデア会議で相手の意

  • あまりに保守的な空気? 日本の空

     国大協が民間英語試験の配点比率を1割にしたいと発表した。9割は現状維持とか。国際標準に近い「読む・聞く・話す・書く」4技能は遠くへ消えていく。小学校から高等学校までの教育の在り方や大学での情報収集と思考の国際化が求められていた改革案だったが、大学側が抵抗している。アジアの中の日本の教育の現状が浮き彫りにされた。  一方、政治行政は思考停止が続く。働き方改革の「裁量労働制」の問題が、廃案か延期かと

  • 一歩先は奇人 半歩先は偉人 科学技術の世界

    JAXAが超小型衛星の打ち上げに成功した。電柱サイズのロケットの打ち上げコストは、日本の誇るH2A型100億円に対して約5億とか。民間宇宙ビジネスの拡大に拍車がかかる。アメリカのベンチャーも今年1月成功している。 今や、宇宙開発は会社や大学の手の届くところにある。多くの小型専門衛星が地球を取り巻くと気象・自動運転・農業・金融・保険・医療などの分野で、IOTや5Gと相まって劇的なイノベーションが展開

  • 権威とか専門性が日本を停滞させている

    新しい年を迎え、胸弾むべき時に、「足踏み」「停滞」を感ずるのはなぜか? エネルギー政策や科学技術での日本の足踏み感が否めないからだ。 英仏は40年までに車の内燃機関の製造販売を停止する。ドイツは50年までに自然エネルギーの構成比を80%に高める。中国・インドも技術革新の国策へとエネルギー政策を転換した。一方、日本は発送電分離が進まず、風力や太陽光の開発コストが高止まりする中、送電能力はダブついたま

1 2 3 4 5 ... 6