• ノート指導② 視写のススメ

    🔴ノート指導② 視写のススメ ◯たいていの国語の教科書は、最初のページに詩が掲載されています。 ◯詩を音読して声をみんなで出すことから始められるようになっています。 ◯音読だけで終わってもいいのですが、2〜4年生ぐらいまでなら、視写をさせてもいいかと思います。 ◯ノートに丁寧に書くことを最初に指導しておくことが今後につながります。 ◯子どもの国語ノートをコピーして、詩を書きます。 ◯その見本通り

  • 新企画 不登校やなんらかの障害のあるお子さまの学習塾

    こんばんは。 いつも、ご訪問いただき、ありがとうございます。 突然ですけれども…… 実は、これも前々から温めていた企画で。 準備が整いました。 お店の一画に、こんなスペース作りました。 新入学、新学年、そんな時期ですよね。 おめでとうございます。 あの、私は大学を2つ行ってるのです。 やっぱり先生するなら、学歴も話したがいいかな?と。 普通の大学と、音楽大学。 で、家庭教師から、公立高校受験から、

  • 算数 3年生そろばん

    🔴算数 3年生 そろばん ◯現行の学習指導要領では、3年生と4年生の算数でそろばんで加減の計算を学習することとなっています。 ◯3年生では、3時間でそろばんの指導をすることになっています。初めてそろばんを触る子も今は多いので、そろばんの使い方を教える所から始めます。 ◯大きな数で学習した一、十、百、千という位取りと、そろばんの仕組みとを重ねて考えさせ事が大切です。 ◯たった3時間でそろばんの習得

  • 算数 3年生🔲を使った式

    🔴算数 3年生 🔲を使った式 ◯中学校の数学で学ぶ文字式の土台となる所です。Xではなく🔲を使って表しますが、3年生には丁寧に指導しないと難しい単元です。 ◯「たろうさんは、はじめ切手を24枚持っていました。お姉さんから何枚かもらったので、全部で35枚になりました。お姉さんから何枚もらったのでしょう?」という文章題。 ◯これまでに学習している引き算の35ー24ではなく、🔲を使った足し算を考え

  • 算数 3年 二桁のかけ算②筆算

    🔴算数 3年 二桁のかけ算②筆算 🔶34×25や629×73などのかける数が二桁になる筆算の授業です。 🔶かける数が一桁のかけ算の筆算と同じように、ノートに筆算を書く時の約束をします。 🔶①間を空けること 🔶②縦と横をそろえること 🔶③線を定規で引くこと(慣れるまで) 🔵そのうえで気をつけることは、位を必ず意識させることです。 🔷二桁の筆算の場合は、特に二段目の答えです。 🔷21

  • 算数 3年生 二桁のかけ算①筆算

    🔴算数 3年生 二桁のかけ算①筆算 🔶既習事項では368×4などをしていますが、かける数が二桁になるのでつまずきやすい所です。 🔶659×78などが出来るようにならなければなりません。 🔶初めは、3×50を考えます。3×5の10倍になる事を見つけさせます。 🔶次は、40×30を考えます。40×3の10倍、または4×3の100倍になる事を見つけさせます。 🔶それから52×30を考えます。

  • 算数 5年生 正多角形と円 円周率

    🔴算数 5年生 正多角形と円 円周率 🔶円周率を何桁まで言えますか? 🔶5年生の算数の学習です。円を使って正多角形を書いて学習した後、今度は正多角形を使って円周と直径の関係を学習していきます。 🔶教科書では、円に内接する正六角形の周りの長さと円に外接する正方形の周りの長さを求めて、円周はその間の数値であることを考えさせる内容となっています。 🔶円に内接する正六角形は、正三角形が6個あるの

  • 不思議な計算 3桁の引き算

    🔴不思議な計算 3桁の引き算 🔶良問・難問にチャレンジすることは、子どもの力を伸ばします。 🔶基礎的な問題や簡単な問題ばかりでは伸びません。 🔵不思議な数を見つけよう 🔷1から9までの数の中から3つの違う数を選びます。 例えば、1と6と9を選んだとします。 🔷その3つの数で3桁の数字を作ります。 🔷選んだ3つの数でできる3桁の一番大きな数を作ります。 一番大きな数は961です。 🔷

  • 算数 3年生 重さの授業4kgとt

    🔴算数 3年生 重さの授業4 kgとt 🔶3年生の重さの学習では、g、kg、tの単位が出てきます。 🔶最初にgの学習、次にkgの学習をしてから、重たいモノを表す単位のt(トン)の学習をします。 🔶kgでは表しにくい重たいモノをtで表す事を押さえます。 🔶1000kg=1t 🔶子どもたちの知っている重たいモノを例にすると興味がわきます。 🔶カバの重さは? 3.4t 🔶アフリカゾウの重

  • 算数 5年生 割合4 歩合

    🔴算数 5年生 割合の授業4 歩合 🔶割、分、厘という歩合を割合の授業の中で学習します。 🔶10分の1が1割、100分の1が1分、1000分の1が1厘です。 🔶野球の打率は、歩合ですね。 🔶身近な歩合は、「チラシの商品にある何割引き」でしょうか? 🔶割合の問題も百分率と同じように、子どもの好きなゲームや身近な文房具の値段にしてみると、興味を持って学習できるかもしれません。 🔶定価60

  • 算数 5年生 割合3 百分率

    🔴算数 5年生 割合3 百分率 🔶導入で百分率をしても、もう一度しっかり百分率の問題をしておさえる必要があります。 🔶百分率は、100分の1で表すということ、小数なら0.01が1%になることをきちんとおさえます。 🔴消費税は百分率なので、問題にしても面白いかもしれません。 🔶定価500円のオモチャを買うと、消費税はいくらになりますか? 🔶消費税が今は8%という事を知らない子もいます。8

  • 算数 数字カードの活用法 3桁のたし算

    🔴数字カードの活用法 3桁のたし算 🔶これまで数字カードを使った算数の授業をいくつか紹介しました。 🔶今回は、数字カードを使ったたし算の筆算の問題です。 🔵1から9までの9枚の数字カードを1枚ずつ全部使って、3桁+3桁=3桁の筆算を作りましょう。 🔶カードを並べながら考えます。カードを使わずにノートに書いてもできますが、何度もやり直しが必要になるので、カードの方がやりやすいのです。 🔶

  • 算数 分数の授業2分数の図を書く

    🔴算数 分数の授業2 分数の図を書く 🔶教科書には、1メートルのテープが書いてあり、4分の1メートルはどれだけなのか、色を塗る問題やテープ図を見て長さを分数で表す問題があります。 🔶ここはわりと簡単なので、教科書の問題をしてから、「分数の図」をノートに書かせるといろんな発想で分数を表す活動が出来ます。 🔶ノートのマス目を使って、定規で書いていきます。2分の1なら、二マスの長方形を書き、一マ

  • 算数 3年生 分数の授業1 導入

    🔴算数 3年生 分数の授業1 🔶2年生で少しだけ分数の学習をしますが、3年生になるとほとんど忘れています。 🔶リンゴ1個を4つに分けた1つ分を4分の1ということから、教科書では始まります。 🔶テープを3つに分けた1つ分を3分の1 🔶チェリーパイ1個を4つに分けた2つ分を4分の2 🔴子どもにとって、分数は暮らしの中では、あまり身近ではないので、まだ使うことのあるこうした「割合分数」からの

  • 算数 5年生 割合の授業2

    🔴算数 5年生割合の授業2 🔶子どもにとって割合の学習は、単位量当たりの単元とともに難しい学習です。 🔷教科書(日本文教出版)の例題です。 🔷れんさんは、子ども会でスキーに行きます。下の表はスキー教室の希望者の数を調べた結果です。希望がかないやすいのはどのコースですか。 上級コース 定員20人 希望者16人 中級コース 30人 45人 初級コース 35人 21人 雪遊びコース 20人 20

  • 算数 5年生 割合の授業1導入はクイズで

    🔴算数 5年生 割合の授業1導入はクイズで 🔶割合は、子どもにとって難しい単元の一つです。 🔶導入は、楽しく興味を持って学べる身近な問題ですると、子どもたちの意欲につながります。 🔴冬休みの生活を割合クイズにするのです。 🔶割合の学習は面白いよ、簡単だよというイメージを持たせるのです。 🔶そのために百分率(%)を導入にします。教科書では、割合の仕組みから学んでいきますが、子どもの興味を

  • 算数 3年生 重さの授業3

    🔴算数 3年生 重さの授業3 🔶重さの授業1と2では、天秤やデジタルばかり、上皿ばかりを使ったグラムやキログラムの学習について紹介しました。 🔶今回は、グラムとキログラムが複合した問題や換算する問題を考えさせたい場合の授業を紹介します。 🔶自分が産まれた時の体重を聴いてきてもらいます。 🔶上皿秤にその体重と同じようになるように本やノートを置いていきます。 🔶例えば2840gなら2kg8

  • トランプで計算対決ゲーム

    🔴トランプで計算対決ゲーム お正月にはトランプ遊びをする家庭も多いかと思います。 「神経衰弱」などのゲームは記憶力を高めるのに役立ちます。 「スピード」というトランプ遊びは、脳の瞬発力や認知力を高めてくれますね。 この「スピード」遊びをアレンジして、計算ゲームをしてみると面白いし、暗算力も伸びていきます。 ペアでもグループでも一人でも出来ます。 🔵自分で一枚ずつカードをめくりながら足していきま

  • 定規で遊ぶ

    🔴定規で遊ぶ 算数で三角形や四角形の学習があります。 図形を定規を使って書く事は、手先が不器用な子にとっては、初めはとても難しいのです。 単元が始まってから、三角形や四角形を定規を使って書くのでは、なかなか正確に書くことが出来ません。 🔺どんな所が難しいかというと ①定規を片手で上手く押さえられずに動いてしまう。 ②えんぴつを定規に沿って線を引けずにズレて曲がってしまう。 ③えんぴつの芯の幅の

  • 算数 いろんな三角形

    🔴算数 いろんな三角形 三角形にはどんな種類があるのかを考え、二等辺三角形や正三角形を書く単元があります。 🔶仲間わけ ストローとモールや竹ひごを使って、三角形を作り、仲間わけをします。 辺の長さに着目して、正三角形、二等辺三角形、不等辺三角形に分けていきます。 気をつけておくことは、子どもは別の要素で引っかかる事があるのです。 三角形の大きさやストローの色で仲間わけをしてしまう時があります。

1 2 3 4 5