• 心は

    今日は 空も 雲も 花も 雨も 留めず 心を素通りさせた 思いが想いにならないよう 心は 傷ついたばかりだから 山に囲まれた集落に住んでいる夢を見たっけ。 そんなとこには行ったこともないのにね〜 着物を着て長い髪を後ろに一つに結っていた。 私は青空眺め、白い雲眺め、風の匂いを感じていた。 今の私の年齢よりずっと若い、二十歳前後だったかな....。 あれは、前世の私だったのかもね(笑)