• 山水

     山水とは、文字通り山と水のことですが、広くは、それらを描いた山水画や詩に綴った山水詩のことも意味します。 【山水圖】  伊賀山人の母親は生前、掛け軸の表装をするのが趣味でした。  上掲画像は、亡母が表装した山水図です。  遠景に霞みのかかった山を配し、中景に滝と川、近景に岩山に立つ紅葉と岩棚に座っている一人の隠者を描いています。  支那(萬里の長城に囲まれた地域)の画人の手に成るもののようですが

  • 俳画について

     俳画(はいが)とは、俳句を賛した簡略な絵(草画)のことで、漢詩の詩意圖に相当します。  俳句を詠んだ人が自分の句への賛として自ら描く(自画賛)こともあれば、他人が描くこともあります。  また、先に絵がありこれを賛するために句がつけられる場合や、絵と句とが同時に成るような場合もあります。  いずれにしても、俳句と俳画とは、その句意と画意とを相互に補い合う関係にあります。    今回は、女流歌人多嘉

  • 鴛鴦(オシドリ)の図

     【鴛鴦圖】  伊賀山人の母は生前、趣味で掛け軸の表装をしていました。  そのため、遺品の中には、数多くの掛け軸や日本画が含まれています。  上掲は、その中の一つ、「鴛鴦圖(雌雄のオシドリの図)」です。  左の色鮮やかな方が雄(鴛)で、右の落ち着いた色の方が雌(鴦)です。  落款はあるものの、作者は不明です。  オシドリは、日本国内に住み着いていますが、夏の間は北の方、冬になると南の方に移動する漂

  • 琵琶湖周航の歌(Song of Rowing Round Lake Biwa)

    "Seta sanset" drowing by Utagawa Hiroshige, can have drawn around the year 1834. (upper left is Lake Biwa,lower right is River Seta and Bridge Seta-no-karahashi, left side is  near Mihogaseki,the poin

  • ホキ美術館

    H夫妻からお土産にと頂いた招待券で、先月ポーラ美術館に行った。 今月は美術館巡りをしようね!と言っていたのだが、ダンナとのタイミングが合わず既に2ヶ所分の招待券の期限が切れてしまった。 せっかく頂いた招待券を無駄にしたくないので、今日はホキ美術館に行ってきた。 コチラの美術館は世界でも珍しい写実絵画専門美術館なのだそうだ。 「写生」は見たままを写し描く、「写実」は写真のように リアルに描く。という

  • 2017私はこうなる!第3回ワークショップ報告

    今回参加者の方のコラージュです。 春節の日、 「2017飛躍の年・私はこうなる」のコラージュワークを受けに、 私のディンプルアートの生徒さん達が来て下さいました! 今年叶えるリストを上げて行く段階で、 最初は今年叶えたいことが少ししか浮かばなかった方も、 セラピストのコーチングのお話誘導で、 次々叶える事を書き出す事ができました。 そして今回もまた テンションの上がる、自己表現の世界観コラージュが

  • 去年の11月に描きました。 今年も絵画制作します~\(^o^)/ 一年に3枚くらいですね。

  • 柏林の鳥の声が聞こえてくるように

    屋根の向こうの遠くの柏林を薄紫で描いています。

  • 広〜い ルーブル美術館 行って来ました

    今回でフランスは3回目。でも今までルーブル美術館に来るチャンスがありませんでした。 お目当はモナリザ。すみません。あまり写真の画像が良くないです↓ オープン20分前に行ったら、20人ほど並んでいるだけ。アッサリ入場できました。 思っていたより空いている印象。きっとテロ後、観光客が減った影響です。 美術館に入ったら他の美術品には目もくれず、モナリザに一直線。これがみんなの一番のお目当。世界で最も有名

  • 写真について

    プロフィールの写真あんまりいいのがなかったので、アメリカに行った際に美術館で拝見した絵にしてみました! 少し不気味な絵ですが… そもそも誰の何ていう絵かは忘れてしまいましたが…(笑) こんな写真オススメとかこの絵の名前知ってるとかあればコメントいただけると嬉しいですm(_ _)m 下の写真がたぶん行った美術館です。 たしかメトロポリタン美術館的な名前だったと思います

  • 生きている限りできること(๑>◡<๑)

    私が、生きる意味を求めて生きていた頃は、 「笑う」 なんて、そんな当たり前すぎて、簡単すぎて 「意識してする事ではない」 と感じていました。 もちろん、悩みも不安も迷いもなく、生きている方は 「意識して笑う」事はないかもしれません。 が 問題は 「生きている意味がわからない」方。 生きる事が難しくなりすぎて、 当たり前な笑う事さえ忘れてしまっているんです。 【当たり前に楽しくて、当たり前に笑う事が

  • 今日もキラキラ!明るく楽しく元気よく(๑>◡<๑)

    今日も大絶好調(๑>◡<๑) 散歩道@yunikoPhoto 今日は何をしますか? お昼寝? 散歩道? お買い物? テレビをみる? お仕事? 私はGalley神秘カフェ素戔男尊で 皆様のお越しをお待ちしておりますm(__)m Galley神秘カフェ素戔男尊に展示している 絵画はスピリチュアルな絵です。 私の魂を削りながら書いているので (書かされている と 発言した方がミステリアスかな✨) 玄関や

  • 今日は家でゆっくり過ごす日

    今日は家でゆっくり過ごす日 3連休の中日。 息子は部活の練習試合で早朝から出かけた どこかに出かけたいが 週末に出かけたオクトーバー・フェストで 散財(ちょっとオーバー⁈)したので 公園にでも...と思っていたのに あいにくの空模様 家でゆっくり過ごす事になるだろう。 昨日ツタヤで借りてきたDVD 大好きなクリムトの絵画 「黄金のアデーレ」についての 実話に基づいた話だ。 当たり前の事なんだけれど

  • ヘクトールとアンドロマケーの別れ(キリコ画)

     この絵は、ジョルジョ・デ・キリコ(DE CHIRICO, Giorgio)の代表作《ヘクトールとアンドロマケーの別れ(Parting of Hector and Andromaque)》です。  キリコは、この題材がよほど好きであったようで、同じ画題のよく似た絵を何点も描いています。  上掲の絵は、岡山県倉敷市にある大原美術館収蔵の1918年 油彩・カンヴァス版(縱119.8㎝×横74.1㎝)で

  •   真ん中の岩に見える白い粒々は、ウミネコです。

  • 緑地

    何年か前に描いた絵~。 押入れに眠っているので、投稿(^_^;)(←そんなのばっかりです)

  • 故宮博物院物語

     故宮とは、古い宮殿と言う意味ですが、明朝、清朝の宮殿であった北京の紫禁城が中華民国成立以降、故宮と呼ばれています。  故宮博物院とは、今から約90年前、清朝最後の皇帝溥儀が紫禁城を去った後、歴代王朝が3000年に亘り収集した美術工芸品を故宮でそのまま展示したのが始まりです。  これらの文物の総数は、117万件以上、数百万個は有ったと言われています。  現在、故宮博物院は、北京と台北の2箇所にあり

  • 通りの神秘と憂愁(キリコ画)

     「通りの神秘と憂愁」は、ギリシャ生まれのイタリア人画家、ジョルジョ・デ・キリコによって描かれた1914年、第1次欧州大戦中の作です。  キリコは、形而上絵画派を興したことで、人口に膾炙されています。  形而上絵画とは、本来目には見えない静謐、郷愁、謎、幻惑、困惑、不安などの人間の感情を絵の中に表現するものです。  このため、絵の中には、左右の建物で遠近感のずれがあったり、影は対象物によってバラバ

  • 今日の日曜美術館

    今日は七時前に目が覚め、一人、部屋でコーヒーをすすりながらネットしてました。 そして、朝食を食べ終え、顔を洗ったりとか色々していると、週初めのお楽しみが始まります♪ Eテレの『日曜美術館』。 この番組が始まる前の五分の小さな番組が、これまた何ともはや、情感くすぐるというか、物凄くいい番組で!(タイトルなんていうんだろう・・・・・・新聞やめちゃったから、よくわからない。今度調べておきますw) なんだ

  • *巷では、もうクリスマス模様*

    クリスマスも、間近♪ サンタさん、よい子にプレゼントの支度を始めているころでしょうか・・・・・・♪ 私が子供のころ、枕元に靴下を置いておいたら、次の日、300円が入っていた・・・・・・! なんてエピソードもありますが、みなさんは、サンタさん、信じていたでしょうか? まあ、、いまどきの子供は冷めていますから(笑)。みんな、半信半疑?もうそんなおとぎ話卒業、だったかも。。 私も、「信じたいけど」でした

1 2