• ラスコー展とゴッホとゴーギャン展に行ってみた☆

    今日はラスコー展とゴッホとゴーギャン展に行きました!! ラスコー洞窟の壁画はとても綺麗だとよくわかりました。 動物だけじゃなく、人間も描かれていました! 鹿さんもいましたよ!! ゴッホとゴーギャン展は若冲展のときほどではないですが混み合っていました! 購入したゴッホの絵のポストカードとファイル↓ このファイルは国語の先生に「もしよかったらファイルをお土産にください!!」と頼まれたのでお土産に買いま

  • 松本美術館

    四柱神社を後にして 次に向かうは 松本美術館 さほど距離も無いようなので ブラブラ歩いて行きましょう。 到着 この日は10月にしては暑い ジョイ君もバテバテ ドンちゃんは涼んでいたら おばさん達に囲み取材されてました パパさんが見たかったらしいモニュメント あまりにもかわいくて、カラフルでステキ〜♡ 松本出身の草間彌生さんの作品です。 写真がうまくとれませんでしたが ベンチや販売機までポップポップ

  • はじめまして。

    本日からブログ始めます。 よろしくおねがいします。 上野の森美術館「デトロイト美術館展」 にいってきた。 月と火曜日には、写真撮影できるとあって、 期待してた展覧会。 ゴッホのオワーズ川の岸辺が見たかった。 けれどもそんなに期待してなかった、ゴッホの自画像がよい。 意外にも小さい。 明るく、カラフル。 絵が小さくて前に出すぎたのか、写真撮ってて、 もっと後ろに下がってくださいと、 注意されてしまう

  • 俺たちの国芳 わたしの国貞展

    名古屋ボストン美術館で開催中の 「俺たちの国芳 わたしの国貞」展へ行ってきました。 http://www.nagoya-boston.or.jp/sp/ 行くまであまり知らないお二方ですが、広重とも同時代の浮世絵師で、国貞は後に師匠の名をつぎ、豊国となっているそうです。 ずーーーっと見たいと思っていた「相馬の古内裏」が見られて感動しました!! 国芳のダイナミックさや、国貞の繊細さ、良かったです。

  • 美術館巡り

    今日は横浜までメアリーカサットの絵をみにいきました! ひょっとしたら知らない人もいるかもしれません! 簡単に説明させていただきます! メアリーカサットとは? パリで活躍した女性の画家です! 二十代のころにパリに渡りエドガードガ(踊り子の絵で有名な印象派)の作品に感動し、印象派の仲間入りをしました! ☆カサットの有名な絵☆ 桟敷席にて、手紙、青い服を着た少年 カサットはいろんな種類の絵を描いていて凄

  • 広島の街お昼編~

    カープ観戦の次の日、ひろしま美術館へ 「ボストン美術館ヴェネツィア展」を鑑賞しました。 写真撮影禁止なので、 美術館の緑などをどうぞ・・・ 絵画だけでなく 17世紀後期~18世紀初期の婦人用高底靴や 贅沢で優美なドレス・レース・瓶など 美の遺産も展示されてました。 モネが魅了された水の都・・・ モデルはジャックです^^; お口直しに、、、 お昼は、呉麺屋へ! 広島名物つけ麺です! 一番辛くないのに

  • オルゴールの森美術館

    山梨に家族旅行。 天候は雨でしたが、山梨に着いたら晴れ! なので、河口湖オルゴールの森美術館に寄りました。 早速、入館。 晴れてるって素晴らしい♪ 富士山でけぇ!!! しかし、ちょっと風は強め。 でも、このオブジェがいい感じに音を奏でてくれました!この音好き。 しばらくすると、時計台から音楽が流れ、それに合わせて噴水があがりました。 ちなみに時計台のところにサンタが現れ指揮をして、終わるとお辞儀を

  • 栃木県立美術館         訪問日2015年10月18日

    桜美公園を突き進むと、栃木県立美術館が見えてきます。 屋外には彫刻が並んでましたが、何故か近寄ることが出来ずに、離れた場所から見ました。 館内は撮影禁止なので、持ち帰った小冊子を貼ります。 清水登之の作品で、『兵隊と僧侶』(1925年)、作者がスペインを旅したときの作品だそうです。 さり気なく桜を書いてるところが、作者が祖国を思う気持ちを表してる気がします。 これも同じく清水登之の作品で、『パリ夜

  • 東京都庭園美術館(旧朝香宮邸) 「幻想絶佳:アール・デコと古典主義」に行きました

    東京都庭園美術館(旧朝香宮邸) 東京都庭園美術館 開館30周年記念展「幻想絶佳:アール・デコと古典主義」 美術館入口 東京都指定有形文化財(建造物) 旧朝香宮邸 一棟 入場券 東京都庭園美術館(旧朝香宮邸)本館が見えてきました ウジェーヌ・ロベール・プゲオン 《蛇》 1930年頃 新館 ギャラリー アールデコって感じです! 先日、東京都庭園美術館(旧朝香宮邸)に アールデコの美術展を見に行ってきま