• 「愛」という形のナイもの

    「三寸尺で、びしっと叩かれて。それが痛いんだけど嬉しくて。」 彼はそう語りながら、遠くを見つめていた。 目は充血し今にも涙を零しそうになりながら。 僕の知る「愛」は、まだ未完成なのだろう。 深すぎる「愛」とは、人の生死すらも飲み込んでいく。 「愛」って本当に必要なのだろうか? 銀河の果てまで旅は続き、風は吹く。 消えることのない、過去の記憶を抱いて。

  • お盆は忙しいスチャスチャスチャ子

    はい。天性のものはあるんだと最近痛感しているスチャ子です。 写真を撮るのは、天才的にセンスがありません。技術がありません。覚えられません。スマホの人差し指写真もこんなもんです。ありえないセンスのなさ。 もっと明るい室内なんですけどねぇ・・・ と前置き。 さて、お盆はみなさん、どのように過ごされましたか。 スチャ子宅には、美しい仏様が約1名おりますので、毎年お盆は、美女軍団がやってまいります。そのた