• ひきこもりの方に知ってほしい雑学

    ひきこもりの方にお願いしたいのはまず自分の命をつなぐこと。 そのためにアフィリエイト等をやるのは大歓迎です。 当面の命が確保されたなら感性を極限まで磨いてください。 感性を磨けば自分が何者なのか理解できるようになります。 そして科学の知識も極めてください。 相対性理論と量子論、その上位互換のM理論まで勉強してください。 数式を覚えろとかではなく雑学程度で良いので知ってほしいです。 知れば自分が存在

  • ひきこもりの方たちに身に付けて欲しい知識

    危険予知トレーニングをこなしてください。 KYTで画像検索すればたくさん出てきます。 イラストを見てどこにどんな危険が潜んでいるかを予測するのです。 中には一目見ただけで分かるほど危険な状態のイラストがあります。 イラストだから笑い話で済みそうですが 実際に起きた労災を元にしている例もあるので笑えないです。 何も資格を持っていなくても危険予知ができるなら採用理由になります。 危険予知トレーニングを

  • ひきこもりがやってはいけない事

    ひきこもりがやってはいけない事。 それは何もしない事です。 ひきこもり時の核の自分は何もしない時が一番傷付きます。 とにかく何かやってください。 自分のためになりそうな情報を見てください。 見た情報を自分の意識が忘れてしまってもかまいません。 一度だけ見てすぐ忘れたとしても深層意識が覚えていることがあります。 それがいつか無意識に自分を助けることにつながります。 そして合間に自分が楽しめる作品を探

  • つらい記憶や至らない自分と向き合う

    つらい記憶を思い出すとやっぱり嫌なものですが 自分の成長や生きるための知恵だと思えばなんとか受け止められるものです。 私の例ですが昔カツアゲされたことがあります。 ひきこもっている時は当然の如くその人を恨んでいました。 今はその人の幸せを願っています。 その人が改心していたならカツアゲした事を一生後悔するだろうからです。 私は反省して世のため人のために働いてくれるなら喜んで応援します。 更生した不

  • 嫌な記憶は忘れない

    今まで生きてきて嫌な目、つらい目に遭ったことが無い人は少ないと思います。 できれば忘れたいと思うような記憶もあるかと思います。 でもそういった記憶は忘れたくても忘れらないものです。 しかしその記憶を消したいと考えてはいけません。 その記憶は自分が生きていくために必要な記憶だからです。 何不自由なく自分の思い通りに生きてきた人と苦労ばかりしてきた人。 どちらが生存確率が高いと思いますか? 言うまでも

  • ひきこもった経験を生かす

    ひきこもりから脱出できた時、無駄な時間を過ごしたと思ってはいけません。 無駄だと思うから無駄になるのです。 私は7年3ヶ月ひきこもっていましたが少しも後悔していません。 その期間に経験したことは今の自分には全てプラスになっています。 ひきこもる前は少し浪費癖がありました。 仕事を辞めたあと極端な節制をし再び働き始めた今 お金の使い方が丁度良くなりました。 有り余った時間を使って色んな作品を見た結果

  • ひきこもりの方たちにやってほしい事

    現状を打破するためにもっとあがいて欲しいです。 働こうとするのは一旦横に置いて、それ以外のできることを全てやってください。 私に限らずひきこもりから脱出できた人も大勢いらっしゃいます。 その人達の体験談を片っ端から見て自分にもできそうな事を取り込んでいってください。 私の場合は幻聴に殺されそうになったからという一見参考になりそうに無い事例ですが 全く下地が無かったわけではありません。 食事は最低限

  • 本当は怖いひきこもり

    私は働く方と働かない方どちらが怖いかと問われれば 間違いなく働かない方が怖いと答えます。 幻聴に襲われた時に自分の意思とは別に核の自分が存在していることを知りました。 核の自分は外部からの影響をモロに受けます。 それは自分の意思とは違いごまかすことができません。 働いていないとあらゆる事が核の自分を傷付けるようになります。 外から子供の笑い声が聞こえただけで傷付いてしまいます。 子供は未来の象徴で

  • ひきこもりのお子さんを持つ親御さんへ伝えたいこと

    ひきこもりにとって外の社会へ出るという事は 断崖絶壁に架けられたガラスの橋を渡るようなものです。 最初の一歩さえ踏み出すことができれば ガラスの橋はやがて石の橋へと変わっていきますが、 とにかく最初の一歩が重い。 厄介なのは無理矢理渡らせようとすると ガラスの橋は割れて落ちてしまうということです。 さらに厄介なのはこちらにそのつもりが無かったとしても 本人がわずかでも強制されていると感じたら やは