• 単独行

    ひとりで、ゆく ひとりで、生き延びるための最小限の荷物だけを背負って、大自然の中を歩いてゆく。 ありのままの自分でいたいから 偽らずに、ほんとうの自分である瞬間 ほんとうの自分にならざるを得ない場所 大自然の中に、ひとりで、出かけていく ほんとうの自分って、なんだっけ おぎゃあと泣いて、母の胎内から、ありったけの祝福と愛に囲まれ、この世界にやってきた瞬間は、ほんとうの自分以外は存在しなかったはずの