• 明日の講演会

    明日はワシントンDCにあるフィリップスコレクションの館長さんと一緒に講演会に呼ばれています。 頑張って来ます! 女性が子育てをしながらキャリアを積むこと、ワークライフバランスなどについて1時間ほど話してその後は懇談会。チケットは既にsold outだそうで本当に嬉しい!みなさんの元気のために頑張って来ますね。 最新の動画はこちら。ポジティブな心は自然と運やチャンスを引き寄せます。 幸せになるライフ

  • 美を意識する人

    私は毎日の生活で美意識を発揮する人って大好きです。毎日の生活に美を取り入れるって時には大変なこともあります。だけど美しいものは心を癒してくれます。 例えば今日見かけたご近所のお庭のパンジー。家の前に来た時に最初に目に飛び込んでくるのがこの綺麗なパンジーだなんて、心が和みます。テーブルに飾られた一輪のお花、素敵にセットされたテーブル、きちんと片されたお部屋、静かに流れる音楽、美しいものを見に行くとか

  • 一人3役の15分クッキングならストレスにならない

    ママ業、主婦業、そして仕事と一人3役の毎日はとっても忙しい。それでもお夕飯は必ず家族一緒に食べるようにしています。 だけどたまにはテイクアウトもね。 そして出来るだけホームメイドのディナーになるように頑張っているのだけど、私の場合大抵15分クッキングなのです。例えば得意なチキンスープ。チキン一羽丸ごとお鍋に入れて野菜を適当に切ってお水とチキンストックとハーブを入れます。ここまでたったの15分。あと

  • 小さい事にこそパワーが潜んでいる

    「こんな事やってもしょうがないよな」なんて思うくらい小さい事って仕事でも私生活でも毎日たくさんありますよね。 バレリーナは1日休めば自分に分かり、3日休めばみんなが分かると言うくらい積み重ねが必要な仕事。 だってやっぱり大きなことをガーンとやって注目を浴びるって格好いいし、比べて小さい事ってなんとなく自分の仕事じゃないような、無駄なような気がします。積み重ねってはわかっているけど、なんだかその姿が

  • このままでいいのかな?と感じる時

    ミッドライフクライシス、なんても言うけど別にミッドライフじゃなくても「このままでいいのかな」「人生このまま終わっちゃうのかな」なんて思う事があります。 だけどね、そんな時は実はチャンスなのです。だって「変わりたい」と言うパッションがムクムクと出てきている時だから。 でもそんな風な感じじゃなくて、元気が出ないし不安。という声も聞きます。それは「なりたい自分になる」というパッションはあってもどこから手

  • 今日のワシントン4/25:ワシントンを一言で言うと

    ボストンで大切なのは学歴、フィラデルフィアで大切なのは血筋、ニューヨークで大切なのはお金、と言ったのは作家マーク・トウェインですが、もし彼がワシントンDCを一言で表現したらそれはこんなだったのじゃないかな、とある人が言っていました。 それは人脈。なるほど、と頷けるジョークがあります。それはワシントンDCではパーティーに言った時の最初の挨拶はHow do you do?ご機嫌いかが?じゃなくてWha

  • コップの水は半分も入ってる?それとも半分しか?

    アメリカでよく使われる表現にGlass half full or emptyというのがあります。コップに半分入った水をどう表現するかで物事をポジティブに見るかネガティブに見るかがわかるというもの。 今日のお花 だけどね、別に「半分しか入ってない」と思う時があってもいいの。だって私たちは完璧じゃないからどうしてもそんなふうに物事を見てしまって無い物ねだりをしちゃう時ってあります。大切なのは自分が「し

  • 目的を見失ったら

    時々どうしてこんなことしてるのかなあ、なんて思うことありますよね。 私もギャラリーを始めた最初の一年はどんなに足繁く通っても全然美術評論家に相手にされなくて、「なんでこんなことやってるんだろう」と思っちゃいました。目的を見失っちゃったのですね。 だけどある時思ったのです。「あ、そうだ。私は評論家に来てもらうためにギャラリーをやっているんじゃない。アジアの美しさを知ってほしいからギャラリーをやってい

  • ワシントンDCにいらっしゃるのなら

    トランプ渋滞に覚悟して来てください! 我が家の窓から見えるワシントン塔 これってワシントンDC特有の交通渋滞なのですが、大統領が町を移動する時はパトカーや白バイなど10台近く連なって移動します。そして大統領が来る大分前から付近の道路が封鎖されるのです。 私はオバマ渋滞に巻き込まれたことが何度もあるのですが、一度なんて1時間も足止めされちゃいました。「ここが封鎖されているなら」と思って迂回したらそこ

  • ライフコーチの仕事で一番大切なこと

    それは沈黙。ワークショップでもワンオンワンのセッションでもクライアントの皆さんが黙ってしまう時があります。 バージニア州にある友人の牧場。愛犬アスペンをここで遊ばせたら遭難するだろうなあ、なんて思いながら散歩しました。 アートのビジネスではとにかくエンターテインしないといけないから沈黙は悪!なのですが、ライフコーチの仕事ではクライアントが沈黙する時はそのままそっとしておくのが鉄則です。 というのも

  • アメリカで人気の職業、ライフコーチ修行

    ライフコーチの認定制度(Certified Life Coach)がアメリカにはあるのですが私が学んだ学校では認定証の取得の前に3日間ホテルに缶詰で特訓とテストがあるのです。 昨年初めに私が参加した会場はフィラデルフィアだったのですがワシントンDCの自宅を朝6時に出発して9時に授業開始。そしてその後は毎日9時から6時まで勉強とトレーニング。その後は予習復習が待っています。会場となったホテルは郊外に

  • サングラスは女子のためにある

    ずっと前眼科に検診に行ったら「まるで南国に住んでいたような目ですね」とお医者さんに言われました。何でも日焼けしているのだとか。それからは日差しが強い時に限らず外ではよくサングラスをかけています。 今一番気に入っているのがオリバー・ピープルのアビエーター。チタン素材だからとっても軽量でかけているのを忘れるくらい。こんなに笑うと頬にレンズがつくけど普通はそんなことありません。 だけどサングラスって選ぶ

  • 幸福度アップの食べ方

    毎年南仏にバケーションに行くのですが、そこではフランス人の友人たちが揃って本の題名にもなった有名なセリフを口にします。 これも朝ならok! 100カロリーってすぐだけど本当に至福の時。 それは「3口までならなんでも食べていい」。何でも食べてスラリとアスレチックな彼女たちを見ていると「なるほど」と思えます。 確かにそうすれば我慢し過ぎることもないし欲求不満でドカンと食べることもありません。問題は本当

  • 強く痩せるダイエットおすすめのアイテム

    それは何と言っても手作りスープとタンパク質です。タンパク質はお腹にたまるからカロリーは高くても少量で十分です。 これはちょっとチキンも入れたスープ。毎日何かしらのスープを作っています。 良質のタンパク源はいろいろありますが、私がよく食べるのは卵の白身、サーモン、チキン、枝豆。たまに食べるのはビーフとポーク。毎朝スプーン3さじ食べるのがグリークヨーグルトでカシューナッツも10粒ほど。 手作りスープは

  • 幸せを引きつける強く痩せるダイエット

    年がら年中ダイエットしています。ティーンネージャーがフライドポテトとかチョコレートケーキを食べているのを見るともうジーッと言う感じで見つめちゃうくらい。 山のようなオニオンリング。こんなもの食べちゃダメ!とは分かっているけど。 だけどやっぱり40歳を過ぎた頃からだんだん新陳代謝がスローになってきてそんなもの食べちゃったら「喜びは一瞬、後悔は永遠」なんてことになっちゃいます。 これもダメ!なんだけど

  • ありがとう、の気持ちで女子力アップ!

    「綺麗ね」と言われた時に「ありがとう」という女性が私は大好きです。 木曜日にアップする動画を今回は我が家のダイニングルームで撮影しました。 なんだか言ったこっちまで嬉しくなっちゃいます。私は綺麗だなあ、素敵だなあ、と思った方にはすぐにそう言っちゃうの。だって本当にそう思うのだもの。 反対に「いいえ、そんなことありません」と謙遜されちゃうと困っちゃう。あれー、変なこと言ったかなあ、なんてね。 綺麗と

  • 夢を叶えるために大切な第一歩

    夢は叶えようと思った時から目標となります。そんな時にあなたはあることを無意識にしているのです。それってなんだと思いますか? 友人宅で生まれた子犬は全部で8匹!一緒に固まって寝ているの。私のお気に入りはピンクの子。 それは「いつまでに」と期限設定することです。例えば「いつかイタリアに行きたいなあ」これは憧れという夢です。でもそれが「来年の夏休みまでにお金を貯めてイタリアに行く」となると夢が現実の目標

  • 自分らしさの鍵:Who cares?

    ボーク重子今日のハピネス17:Who Cares? 自分らしく生きようとする時「周りからなんか言われたら嫌だなあ」なんて思っちゃいますよね。そんな時はこのビデオを見てね。xo Shigeko

  • 今日のワシントン4/12

    まるで真夏。まだ4月半ばだと言うのに28度でした。これでも地球温暖化を信じないってどう言うこと? 私は科学オンチだけどそれでもこれって肌で感じる科学です。 ご近所の猫もぐったりです。それにしても我が家の愛犬よりも大きな猫だったなあ。 今日のハピネスは を見てね。xo Shigeko

  • Unitedで起こったこと

    知り合いがユナイテッドのパイロットだし、便利だから結構使っているのだけど、あの動画にはショック。しかもあれって誰にでも起こりうることなんですって。 英語でread the fine printと言うのですが、一番大切なことって細かい字で書いてあったりして読みませんよね。なんでもそこには「必要に応じて乗客に降りてもらうことがある」って書いてあってチケットを購入した時点で私たちって同意しているんですっ

1 2 3