• 社会には、ある程度の自浄作用が働くと思うんだ

    余りにも右寄りの思想を持つ立場の人が力を持つと 左寄りの思想が意識され支持され 余りに資本家と言われる存在が力を持ちすぎると 一般人の間で共産的な思想が意識され支持され 中道の方へ傾くと言う自浄作用。 実際。どの程度の力が働くかは、良く判らないのだけれど 自浄作用という物が存在していると思うんだ。 社会経済学だったのかな? アダム・スミスって言う人がいたよね? その人の言っていた「神の見えざる手」

  • これを一種の日本社会全体の自浄作用と捉える事もできるのだけれど

    また再び、戦争を起こさない。 その行為に踏み出さないという自浄作用。 それが抑止力と云う捉え方 周期的に表れる 政治的に何かが起こる度に周期的に社会に表れる存在に対して、 彼らの様な存在が要るおかげで 一寸のブレーキがかかる? 日本と云う国は、好んで戦争をする理由は無いのだけれど 良く判らないな。