• 決まりそう

    おそらく長閑な所で働くことになりそうです。 何だろ、この春以降、山に惹かれて惹かれて。 会津に行った時、ひどく心が落ち着いて。 鶴岡に行って、道中の山や海に和んで。 昔行った那須塩原の森は、私の中でとても幻想的に思い出される。童話の中の舞台みたいに。 食べ物が美味しくて楽器が習えれば。 静かなら。 美しさを見出せる場所なら。 しかし最近、地元に、やけに愛着が湧いてきてしまった。 地元が愛しい。風が

  • 節句(こどもの日)

    5月5日は子供の日 我が家の長男が久しぶりに 顔を出した。 今年、二十歳 昨年から独立し 生活始めた長男 大学2年生になった 独立し 講師のバイトそして土日は朝まで弁当屋で働きながら 自力で生活している それでも学問は怠らす 学校の成績はトップクラスを維持している。 幼い頃から一緒に台所にたつことが多かったこともあり 包丁はかなり様になり魚も自分で捌けるようになった 食材はいかにいい素材を安く購入

  • 我慢の芽

    新しいもの好きの大人 欲しいもの我慢できていますか? 我慢はとってもたいせつですね。 どの大人も初めは子供でした… 幼児期はすぐにあれ買って~ これほしい!と 我慢出来ない時期なのです。 でも、何故、我慢が必要か 教えることは親として大切なこと 幼児期はママを瞬時に判断する超能力者 すぐに見破られてしまう だから、いいこと悪いことはちゃんと 伝える必要があるのです 我慢が出来なかった子供は 残念な

  • I got the chocolate ‼︎

    ゲット~!! どうしても買いたかったお菓子 ロールキャベツを作ろうと思ったら! 玉ねぎなーい。 息子へ 塾の帰りに玉ねぎのおつかいを頼みました。 息子が、 じゃあ〜〜 残ったお金で 僕の好きなお菓子買っていい? うーん… いいよ。 小銭なく 五百円玉渡しました。 買ってきたよー と、息子。 確かに玉ねぎ。 そして自分の買いたかった ブラックサンダー 30円! で、玉ねぎ二つ入 3袋! 一袋150円

  • 子供の芽を摘まないために

    受験生がんばれー 今日はセンター試験ですね。 去年の今頃は 息子の受験にハラハラしていた母 小さな頃からの夢が彼にはあった 数学の先生になること 母子家庭である環境の中 本人も頑張り 母も最大限の協力をした 高校3年になるころ… 息子は推薦大学を 蹴り、やりたいことあるから! そう言って 先生交え 私を説得させた。 行きたい大学行くと それも 独学で⁈ 今の時代 あり得ない… 学校の先生と学ぶから

  • 蘇生2。

    前略 しばらくおやすみを頂いておりました。 何が起こったかは開かせませんが、ひたすら不動産物件を探しています。 たーのしー!                 草々

  • 依存

    私は今、家に、親に、ネットに、そして精神科の先生に依存している状態だ。 なぜ依存するかと言えば自分があまりにも無力だからだ。 1人では少しも生きることが出来ないという事を苦しいほどわかっているが故に頼らせてもらうしかないのである。 精神科に週に一回ずつ通っているが1回あたり2000円以上必ずかかる。精神科に通わなければ本が何冊も買えたのだ。 しかし通わなければならない。 通わなければたちまち病状が

  • ネガティブ

    性格がネガティブになってから身の回りのことほとんど全てが悪い方悪い方へとながれていってしまう。 一旦2chとかTwitterの鬱垢とか一切見るのやめてネガティブ思考を一切振り払おうかな。 多少アホなくらいの方が幸せに生きれる気がするし、さわやかだし 不安な事を考えれば考えるほどネガティブなものを引き寄せてしまっているのかもしれない。 でもなー、 一番の問題はもうもはや携帯が生活のメインになっている

  • 自立。

    前略 自立について少し考えてみた。 親元を離れて家庭をもつ。 それは一般的な自立かもしれないが、一番大事なのは自分が納得いっているかどうかだと思う。 僕らの世代は、親がどんどんボケだす世代。 ある程度捨て身の精神を持たないとやってられない。 そんな中で納得の仕方を探す。 それが現代の日本における本当の自立ではなかろうか? と、ちょっとマジメに考えてみました。             草々