• 古本まつりを見てきました。

    八王子の駅前の商店街で古本まつりが開催されるとの事なので、休日を利用して見に行ってきました。 今回の戦利品。 世界の偉大な戦闘機シリーズ。各2,000円 表紙がオシャレでいい感じです。 元々海外で出版されていたものを翻訳した本。 原版は昭和58年出版で全8巻で、再版は平成12年出版で全4巻となっており、原版の零戦とスツーカが有ったので購入。 零戦は零戦以外にもそれ以前の艦戦や、紫電、震電なども掲載

  • 蒼き鋼のアルペジオ 9巻

    蒼き鋼のアルペジオ 9巻を電子書籍化。 今巻から比叡、妙高、足柄、那智、羽黒、愛宕など新しい艦艇とそのメンタルモデルが多数登場。 比叡のメンタルモデルは秩序には組織が大事と言って なぜか生徒会を模した組織を作るなど、人間文化の学習がずれており、若干残念人な感じがします。 主人公は、日向のメンタルモデルと別行動を取っており、留守番をしているメンタルモデルのイオナが艦長代理としてクルーと一緒に金剛を旗

  • 蒼き鋼のアルペジオ 8巻

    先日発売された蒼き鋼のアルペジオ 8巻を電子書籍化、海洋SF作品で、突然現れた人類では太刀打ちできない無人の兵器群「霧の艦隊」が海洋を封鎖した未来、無人兵器たちはごり押しで人類に勝利したけど、戦術面では完敗だったので、疑似人格と肉体を作り、戦術の研究を開始したが徐々に感情を持ち始めたといったストーリー。この漫画はストーリーはもちろん面白いのですが、何よりもいいのが、霧の艦隊が第2次世界大戦当時の軍